Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【不規則動詞】 英語の不規則動詞をマスターしよう!一覧あり

こんにちは!英語学習者向けのこの記事では、「英語の不規則動詞」という重要なテーマに焦点を当てます。英語学習の過程で、不規則動詞は多くの学習者にとって頭を悩ませる部分となることでしょう。通常の動詞は規則的な変化をしますが、不規則動詞は予測が難しく、一つ一つの形が異なります。しかし、これを理解することは英語をマスターする上で重要なステップです。本記事では、よく使われる不規則動詞の一部を取り上げ、その活用について詳しく解説します。しっかりと学んで、自信を持って英語を使いこなしましょう。

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

規則動詞と不規則動詞の違いを理解しよう

規則動詞と不規則動詞の主な違いは、動詞の活用形が変化する方法です。

1. 規則動詞:
規則動詞は、一定の規則に従って動詞の活用形が変化する動詞です。一般的な規則に基づいて、基本形に対して「-ed」を追加することで過去形が作られ、また過去分詞も同様に「-ed」を追加することで作られます。例えば、次のような規則動詞があります:

– talk(話す) → talked(過去形) → talked(過去分詞)
– play(遊ぶ) → played(過去形) → played(過去分詞)

2. 不規則動詞:
不規則動詞は、規則的な変化に従わず、一定のパターンを持たない動詞です。不規則動詞は基本形、過去形、過去分詞のいずれか、またはすべての形が一般的な規則と異なる場合があります。例えば、次のような不規則動詞があります:

– go(行く) → went(過去形) → gone(過去分詞)
– eat(食べる) → ate(過去形) → eaten(過去分詞)

不規則動詞は、規則動詞とは異なる形を取るため、英語学習者にとって覚えるのが難しい部分でもあります。しかし、不規則動詞は英語で非常によく使われる動詞であるため、正確に覚えることが重要です。

不規則動詞の主なカテゴリーと特徴

不規則動詞の活用は、その変化の種類によっていくつかのカテゴリに分類できます。以下に、不規則動詞の活用の主な種類を示します:

1. 基本形、過去形、過去分詞のすべてが同じもの(A-A-A型):動詞の活用形が全て同じ形です。例えば、”cut(切る)”はcut-cut-cutという形です。

2. 過去形と過去分詞が同じもの(A-B-B型):一部の不規則動詞は過去形と過去分詞が同じ形です。例えば、”say(言う)”は say – said – said という形です。

3. 基本形、過去形、過去分詞のすべてが異なるもの(A-B-C型):一般的な不規則動詞の中では、基本形、過去形、過去分詞のすべてが異なる形を取るものが多いです。例えば、”eat(食べる)”は eat – ate – eaten という形です。

4. 基本形と過去分詞が同じもの(A-B-A型):一部の不規則動詞は、基本形と過去分詞が同じ形を取ります。例えば、”come(来る)”は come – came – come という形です。

これらの活用の種類によって、不規則動詞はさまざまなパターンで変化します。英語学習者はこれらの変化を覚え、正確に使いこなせるように練習することが重要です。

実用的!英語の不規則動詞一覧

以下に代表的な不規則動詞を紹介します。動詞の過去形と過去分詞形が規則的なものではないため、しっかりと覚える必要があります。

A-A-A型

意味基本形過去形過去分詞
費用がかかるcostcostcost
切るcutcutcut
打つhithithit
傷つけるhurthurthurt
~させるletletlet
置くputputput
読むreadreadread
据えるsetsetset
閉じるshutshutshut

A-B-B型

意味基本形過去形過去分詞
持ってくるbringbroughtbrought
建てるbuildbuiltbuilt
燃やす・焦がすburnburntburnt
買うbuyboughtbought
つかまえるcatchcaughtcaught
掘るdigdugdug
食べ物を与えるfeedfedfed
感じるfeelfeltfelt
戦うfightfoughtfought
見つけるfindfoundfound
忘れるforgetforgotforgot
得る・~になるgetgotgot
掛けるhanghunghung
持つhave/hashadhad
聞くhearheardheard
抱くholdheldheld
保つ・飼うkeepkeptkept
横たえるlaylaidlaid
導くleadledled
去るleaveleftleft
貸すlendlentlent
失う・負けるloselostlost
作るmakemademade
意味するmeanmeantmeant
会うmeetmetmet
払うpaypaidpaid
言うsaysaidsaid
売るsellsoldsold
送るsendsentsent
光るshineshoneshone
座るsitsatsat
眠るsleepsleptslept
過ごす・費やすspendspentspent
立つstandstoodstood
掃くsweepsweptswept
教えるteachtaughttaught
話す・教えるtelltoldtold
思う・考えるthinkthoughtthought
理解するundersandunderstoodunderstood
勝つwinwonwon

A-B-C型

意味基本形過去形過去分詞
~であるamwasbeen
~であるarewerebeen
支えるbearboreborne
始めるbeginbeganbegun
噛むbitebitbitten
吹くblowblewblown
壊すbreakbrokebroken
選ぶchoosechosechosen
するdo/doesdiddone
描くdrawdrewdrawn
飲むdrinkdrankdrunk
運転するdrivedrovedriven
食べるeatateeaten
落ちるfallfellfallen
飛ぶflyflewflown
忘れるforgetforgotforgotten
凍らせるfreezefrozefrozen
得る・~になるgetgotgotten
与えるgivegavegiven
行くgo/goeswentgone
成長するgrowgrewgrown
隠れる・隠すhidehidhidden
~であるiswasbeen
知るknowknewknown
横たわるlielaylain
乗るrideroderidden
ベル/電話が鳴るringrangrung
上がるriseroserisen
見るseesawseen
振るshakeshookshaken
歌うsingsangsung
沈むsinksanksunk
話すspeakspokespoken
泳ぐswimswamswum
取るtaketooktaken
投げるthrowthrewthrown
目が覚めるwakewokewoken
着るwearworeworn
書くwritewrotewritten

A-B-A型

意味基本形過去形過去分詞
~になるbecomebecamebecome
来るcomecamecome
走るrunranrun

A-A-B型

とても数少ないですが、A-A-Bの形を取る動詞があります。例えば、”beat(打つ・負かす)”はbeat-beat-beatenの形となります。

不規則動詞は他にもたくさん存在します。英語学習の際にはこれらの動詞を覚えることが重要であり、日常会話や文章作成で正確に使用できるように練習しましょう。

過去形と過去分詞形の使い分け:英語の不規則動詞でマスターしよう

英語の不規則動詞の過去形と過去分詞形は、文脈によって異なる使い方があります。基本的な使い分けは以下の通りです:

1. 過去形の使用:
不規則動詞の過去形は、過去のアクションや状態を表す際に使われます。つまり、過去の出来事や行動を述べるときに使います。例えば:

– I went to the park yesterday.(私は昨日公園に行った。)
– She ate a delicious meal.(彼女は美味しい食事を食べた。)

2. 過去分詞形の使用:
不規則動詞の過去分詞形は、主に現在完了形や過去完了形を作る際に使われます。また、受動態の形成にも使用されます。例えば:

– I have gone to the park many times.(私は何回も公園に行ったことがある。)[現在完了形]
– They had already eaten when we arrived.(私たちが到着したときには、彼らはすでに食事を済ませていた。)[過去完了形]
– The book was written by a famous author.(その本は有名な作家によって書かれました。)[受動態]

過去形と過去分詞形の使い分けは、英語の文法において重要な要素です。文脈に応じて適切な形を選ぶことで、意思を正確に伝えることができます。

例文で学ぶ!英語の不規則動詞の使い方

1. go(行く):
– Yesterday, I went to the museum with my friends.
(昨日、私は友達と博物館に行った。)

2. eat(食べる):
– She ate a delicious cake at the party.
(彼女はパーティーで美味しいケーキを食べた。)

3. see(見る):
– Last night, we saw a fantastic movie at the cinema.
(昨夜、私たちは映画館で素晴らしい映画を観た。)

4. begin(始まる):
– The concert began at 7 PM and ended at midnight.
(コンサートは午後7時に始まり、深夜に終わった。)

5. drink(飲む):
– They drank refreshing lemonade on a hot summer day.
(彼らは暑い夏の日にさわやかなレモネードを飲んだ。)

6. write(書く):
– The author wrote a bestselling novel that captivated readers worldwide.
(その作家は世界中の読者を魅了したベストセラー小説を書いた。)

7. come(来る):
– My grandparents came to visit us during the holidays.
(祖父母が休暇中に私たちを訪ねてきた。)

8. take(取る):
– He took the train to the city for a business meeting.
(彼はビジネスミーティングのために市内に電車で行った。)

9. make(作る):
– She made a beautiful handmade card for her best friend’s birthday.
(彼女は親友の誕生日に美しい手作りのカードを作った。)

10. be(である):
– The concert was fantastic, and the audience was thrilled.
(コンサートは素晴らしく、観客は興奮していた。)

これらの例文を参考にして、不規則動詞の活用を理解し、自分で文を作成する際に役立ててください。

効果的な学習法!英語の不規則動詞をスムーズに覚えるコツ

英語の不規則動詞を効果的に覚えるためのコツは以下の通りです:

1. リストを作成する:不規則動詞を含むリストを作成して、見やすく整理しましょう。基本形、過去形、過去分詞形を一緒に書くことで、覚えるのがより簡単になります。

2. グループ化する:似た活用パターンを持つ不規則動詞をグループ化して覚えると、規則性を見つけやすくなります。例えば、過去形と過去分詞形が同じものや、全てが異なるものを別々にグループに分けることができます。

3. 例文を使う:不規則動詞を例文に組み込むことで、実際の文脈での使用法を学びます。自分で文を作成することも助けになります。

4. フラッシュカードを利用する:動詞の基本形とその変化を書いたフラッシュカードを作成し、繰り返し復習することで、不規則動詞を記憶に定着させることができます。

5. リズムやメロディを使う:不規則動詞を覚える際に、リズムやメロディをつけて暗唱することで、記憶に定着しやすくなります。

6. 文脈を使った覚え方:不規則動詞の活用形を単独で覚えるのではなく、実際の文脈で使ってみることで、意味や使い方と一緒に覚えることができます。

7. 繰り返し学習する:短期的な暗記ではなく、繰り返し学習することで長期的な記憶に定着させることができます。

8. 文法書やアプリを利用する:文法書や英語学習アプリには不規則動詞の一覧や練習問題が含まれている場合があります。これらを使って学習を補完することも有効です。

忍耐と継続的な練習が重要です。不規則動詞をしっかりと覚えることで、英語の表現力が向上し、自然な英語表現ができるようになります。

FAQ

Q1: 不規則動詞とは何ですか?

A1: 不規則動詞は、基本形、過去形、過去分詞形が規則的な変化に従わず、一定のパターンを持たない動詞のことです。

Q2: 不規則動詞の活用形にはどのような種類がありますか?

A2: 不規則動詞の活用形には、過去形と過去分詞形が同じもの、過去形と過去分詞形が異なるもの、基本形、過去形、過去分詞形のすべてが異なるものがあります。

Q3: 不規則動詞を覚えるコツはありますか?

A3: 不規則動詞を覚えるコツとして、リストを作成したり、似た活用パターンをグループ化したり、例文を使ったりすることが効果的です。また、フラッシュカードやリズム・メロディを利用する方法もあります。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【家族紹介】 外国の友だちに家族のメンバーを英語で紹介しよう!
英語でなんて言う?職業の英語名を一覧で紹介!