Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

will have 過去分詞の使い方をわかりやすく解説!英語の未来完了形をマスターしよう!

みなさん、こんにちは!今日のブログ記事は「英語の未来完了形」についてです。さあ、一緒に未来の英語を存分に楽しみましょう!未来完了形は、あなたの英語力のステージを引き上げる秘密の武器です。思い描く未来を表現するためには、この特別な文法を使うことが不可欠です。もちろん、堅苦しいルールに囚われることはありません!遊び心溢れる方法で、未来完了形を楽しみ、英語の冒険へと飛び込んでいきましょう!さあ、一緒に始めましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

未来完了形とは何ですか?

未来完了形は、未来のある時点で完了した出来事を表現するための英語の文法形式です。つまり、将来のある時点までに終わっているアクションや出来事を述べる際に使用します。この文法形式は、「will have/be + 過去分詞」の形で構成され、未来のある時点までに完了した状態や結果を強調します。例えば、「明日までに宿題を終えている」という意味を表現する場合に未来完了形が使われます。この記事では、未来完了形の使い方や例文を詳しく解説していきます。さあ、一緒に未来の英語を完璧に学んでいきましょう!

未来完了形の文法ルールは何ですか?

1. 「will have + 過去分詞」の形で構成されます。例えば、「I will have finished」や「They will have gone」などです。

2. 主語 + will + have + 過去分詞の順序で文を作ります。主語はアクションを行う人や物を指し、willは未来を示す助動詞です。

3. 過去分詞は動詞の過去分詞形を使用します。例えば、「finish」の過去分詞形は「finished」、「go」の過去分詞形は「gone」となります。

4. 文の文脈に合わせて、適切な時制の助動詞を使用します。例えば、「by tomorrow」や「by the end of this month」など、時間を示すフレーズを使って、未来の特定の時点までに完了することを明示することができます。

5. 疑問文や否定文を作る場合は、助動詞「will」の前に疑問詞や否定語を置きます。例えば、「Will you have finished your work?」や「I will not have gone to the party」などです。

これらのルールを覚えて、未来完了形を使って未来の出来事を表現してみましょう!

未来完了形の文法ルール表

文法要素ルール
形式「will have + 過去分詞」
例文I will have finished.
主語アクションを行う人や物
助動詞will
過去分詞動詞の過去分詞形
例文They will have gone.
時間を示すフレーズby tomorrow, by the end of this month, in two years, 等
疑問文の形式疑問詞/否定語 + will + 主語 + have + 過去分詞
例文Will you have finished your work?
否定文の形式will not + have + 過去分詞
例文I will not have gone to the party.

未来完了形の文の作り方

1. 主語を決める:アクションを行う人や物を主語として文を始めます。

2. 助動詞「will」を追加する:未来を示す助動詞として「will」を主語の後に置きます。

3. 「have」を挿入する:次に「have」を追加します。

4. 過去分詞を使用する:動詞の過去分詞形を見つけ、文の最後に配置します。

5. 必要に応じて時間を示すフレーズを追加する:文の文脈に合わせて、未来の特定の時点までに完了することを示すためのフレーズを追加します。

6. 文を整える:必要に応じて文を修正し、自然な文になるように調整します。

例えば、「I finish my homework」を未来完了形にする場合は以下のようになります:

元の文:I will finish my homework.
未来完了形:I will have finished my homework.

また、時間を示すフレーズを追加する場合は次のようになります:

I will have finished my homework by tomorrow.

このようにして、未来完了形の文を作成することができます。文法ルールに従いながら、さまざまな文を作って練習してみましょう!

未来完了形の肯定文の例

1. By the time you arrive, I will have finished cooking dinner.
(あなたが到着する頃には、私は夕食の調理を終えているでしょう。)

2. They will have completed the project by next week.
(彼らは来週までにそのプロジェクトを完成させているでしょう。)

3. By the end of the month, she will have saved enough money for her trip.
(月末までに、彼女は旅行のために十分なお金を貯めているでしょう。)

これらの文は、未来の特定の時点までに完了するアクションや状態を表しています。時間を示すフレーズを追加することで、より具体的なタイミングを表現することができます。未来完了形を使って、未来の出来事を楽しく表現してみてください!

未来完了形の否定文の例

1. I will not have finished my assignment by tomorrow.
(私は明日までに宿題を終えていないでしょう。)

2. They will not have gone to the concert by the time it starts.
(彼らはコンサートが始まるまでに行っていないでしょう。)

3. She will not have completed the report before the deadline.
(彼女は締切までにレポートを完成していないでしょう。)

これらの文では、否定の意味を表すために「not」を助動詞「will」の後に置いています。否定文では、未来の特定の時点までに完了しない状態やアクションを述べています。未来完了形を使って、否定文を作り上げることで、さまざまな文を表現してみてください!

未来完了形の受動態文の例

1. The book will have been read by many people by the end of the year.
(その本は年末までに多くの人に読まれているでしょう。)

2. The cake will have been baked by the time the guests arrive.
(ゲストが到着する頃にはケーキは焼き上がっているでしょう。)

3. The project will have been completed by the deadline.
(そのプロジェクトは締切までに完成されているでしょう。)

これらの文では、受動態を表現するために「be動詞(been)+ 過去分詞」の形式を使用しています。受動態の文では、主語がアクションの受け手であることを強調します。未来完了形の受動態文を使って、さまざまな状況を表現してみてください!

未来完了形の疑問文の例

1. Will you have finished your work by tomorrow?
(明日までにあなたは仕事を終えているでしょうか?)

2. Will they have arrived at the airport by the time the flight departs?
(飛行機便が出発するまでに彼らは空港に到着しているでしょうか?)

3. How many books will have been sold by the end of the month?
(月末までに何冊の本が売れているでしょうか?)

これらの文では、疑問詞や疑問語を助動詞「will」の前に置くことで疑問文を作ります。疑問文では、未来の特定の時点までに完了することを尋ねたり、状況や数量に関する情報を求めることができます。未来完了形の疑問文を使って、興味深い質問を作り上げてみてください!

未来完了形の否定疑問文の例

1. Won’t you have finished your homework by the deadline?
(締切までにあなたは宿題を終えていないのではありませんか?)

2. Won’t they have completed the project by next month?
(来月までに彼らはそのプロジェクトを完成していないのではありませんか?)

3. Won’t the concert have started by the time we arrive?
(私たちが到着するまでにコンサートは始まっていないのではありませんか?)

これらの文では、否定形の助動詞「won’t」を使って疑問文を作ります。否定疑問文では、相手の確認や意見の尋ねることができます。未来完了形の否定疑問文を使用して、状況や予測について尋ねる興味深い文を作り上げてみてください!

未来完了形の受動態疑問文の例

1. Will the report have been submitted by the deadline?
(締切までにそのレポートは提出されているでしょうか?)

2. Will the cake have been baked by the time the party starts?
(パーティが始まるまでにそのケーキは焼き上がっているでしょうか?)

3. How many tickets will have been sold by the end of the day?
(その日の終わりまでに何枚のチケットが売れているでしょうか?)

これらの文では、疑問詞や疑問語を助動詞「will」の前に置き、受動態を表現します。受動態疑問文では、特定の状況や数量について尋ねることができます。未来完了形の受動態疑問文を使用して、興味深い質問を作り上げてみてください!

未来完了形の否定受動態疑問文の例

1. Won’t the project have been completed by the deadline?
(締切までにそのプロジェクトは完成していないのではありませんか?)

2. Won’t the tickets have been sold out by the time we get there?
(私たちが到着する頃にはチケットは売り切れていないのではありませんか?)

3. Won’t the repairs have been finished by the end of the week?
(週末までには修理は終わっていないのではありませんか?)

これらの文では、否定形の助動詞「won’t」を使って受動態疑問文を作ります。否定受動態疑問文では、相手に否定的な状況や予測について尋ねることができます。未来完了形の否定受動態疑問文を使用して、興味深い質問を作り上げてみてください!

疑問副詞を使った未来完了形の文の作り方

疑問副詞を使った未来完了形の文を作るには、以下の手順に従います:

1. 疑問副詞を選ぶ:疑問副詞は、疑問文で特定の情報を尋ねるために使用されます。例えば、when(いつ)、why(なぜ)、how(どのように)、where(どこで)などがあります。

2. 疑問副詞を文の適切な位置に配置する:疑問副詞は、未来完了形の助動詞「will」の前に置かれます。

3. 未来完了形の文法ルールに従って文を作る:主語、助動詞「will」、have、過去分詞を組み合わせて文を作成します。

4. 疑問副詞に応じて文を完成させる:疑問副詞に基づいて、具体的な情報や詳細を追加します。

例えば、疑問副詞「when」を使った未来完了形の文を作る場合:

疑問副詞「when」+ will + have + 過去分詞 + その他の要素

例文:
– When will you have finished your assignment?
(あなたはいつ宿題を終えているでしょうか?)

また、疑問副詞「why」を使った未来完了形の文を作る場合:

疑問副詞「why」+ will + have + 過去分詞 + その他の要素

例文:
– Why will they have left the party early?
(彼らはなぜパーティを早めに出ているのでしょうか?)

このようにして、疑問副詞を活用して未来完了形の文を作成することができます。疑問副詞に応じて適切な情報を追加し、興味深い疑問を表現してみてください!

未来完了形についてのよくある質問

Q:未来完了形と現在進行形の違いは何ですか?

A:未来完了形と現在進行形は、異なる文法的な構造と意味を持っています。

未来完了形(Future Perfect Tense)は、未来の特定の時点までに完了するアクションや状態を表します。つまり、将来のある時点までに何かが終わっていることを示します。例えば、「By this time tomorrow, I will have finished my work.」(明日のこの時点までに、私は仕事を終えているでしょう)という文では、将来の特定の時点(明日のこの時点)までに仕事が終わっていることを表現しています。

一方、現在進行形(Present Continuous/Progressive Tense)は、現在進行中のアクションを表します。つまり、話している現在の時点で進行中のアクションや状態を示します。例えば、「I am working on a project right now.」(私は今、プロジェクトに取り組んでいます)という文では、現在進行中のアクション(プロジェクトに取り組んでいる)を表現しています。

未来完了形と現在進行形の違いは、主に時間的な視点にあります。未来完了形は将来の完了を表し、その時点までの過程や結果に焦点を当てます。一方、現在進行形は現在の進行中のアクションに焦点を当てます。

例えば、「By the time you arrive, I will have finished cooking dinner.」(あなたが到着するまでに、私は夕食の料理を終えているでしょう)という文では、未来完了形が将来の特定の時点までに完了する料理を強調しています。一方、「I am cooking dinner right now.」(私は今、夕食を作っています)という文では、現在進行形が現在進行中の料理を表しています。

このように、未来完了形と現在進行形は、時間的な視点や文法的な構造において異なる使われ方をします。

Q:未来完了形と過去形の違いは何ですか?

A:未来完了形(Future Perfect Tense)と過去形(Past Simple Tense)は、時間的な視点や文法的な構造、意味などで異なります。

未来完了形は、未来の特定の時点までに完了するアクションや状態を表します。つまり、将来のある時点までに何かが終わっていることを示します。例えば、「By this time tomorrow, he will have finished his presentation.」(明日のこの時点までに、彼はプレゼンを終えているでしょう)という文では、将来の特定の時点(明日のこの時点)までにプレゼンが終わっていることを表現しています。

一方、過去形は、過去に発生したアクションや状態を表します。過去のある時点で完了したアクションや状態を述べる際に使用されます。例えば、「I finished my work yesterday.」(昨日、私は仕事を終えました)という文では、過去の特定の時点(昨日)で仕事が終わったことを表現しています。

未来完了形と過去形の違いは、主に時間的な視点にあります。未来完了形は将来の完了を表し、その時点までの過程や結果に焦点を当てます。一方、過去形は過去の完了を表し、過去の特定の時点でのアクションや状態に焦点を当てます。

例えば、「By the time you arrive, she will have left.」(あなたが到着するまでに、彼女は去ってしまっているでしょう)という文では、未来完了形が将来の特定の時点までに彼女が去っていることを強調しています。一方、「She left yesterday.」(彼女は昨日去った)という文では、過去形が過去の特定の時点で彼女が去ったことを述べています。

このように、未来完了形と過去形は、時間的な視点や文法的な構造において異なる使われ方をします。

Q:未来完了形と過去完了形の違いは何ですか?

A:未来完了形(Future Perfect Tense)と過去完了形(Past Perfect Tense)は、時間的な視点と文法的な構造において異なります。

未来完了形は、将来のある時点までに完了するアクションや状態を表します。つまり、将来の特定の時点までに何かが終わっていることを示します。例えば、「By this time next week, I will have graduated from university.」(来週のこの時点までに、私は大学を卒業しているでしょう)という文では、将来の特定の時点(来週のこの時点)までに大学を卒業していることを表現しています。

一方、過去完了形は、過去の特定の時点より前に完了したアクションや状態を表します。過去のある時点より前に終わっていたことを示します。例えば、「When I arrived at the party, they had already left.」(パーティーに到着したとき、彼らは既に去っていました)という文では、過去の特定の時点(パーティーに到着したとき)よりも前に彼らが去っていたことを表現しています。

未来完了形と過去完了形の違いは、主に時間的な視点にあります。未来完了形は将来の完了を表し、その時点までの過程や結果に焦点を当てます。一方、過去完了形は過去の完了を表し、過去の特定の時点より前のアクションや状態に焦点を当てます。

例えば、「By the time you arrive, I will have finished my homework.」(あなたが到着するまでに、私は宿題を終えているでしょう)という文では、未来完了形が将来の特定の時点までに宿題が終わっていることを強調しています。一方、「When I woke up, she had already gone to work.」(私が目を覚ますと、彼女は既に出勤していました)という文では、過去完了形が過去の特定の時点より前に彼女が出勤していたことを述べています。

このように、未来完了形と過去完了形は、時間的な視点や文法的な構造において異なる使われ方をします。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【未来進行形】 will be+ing形は意外と簡単!わかりやすく解説!
【未来完了進行形】 わかりやすい解説で不安を解消!