Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【未来進行形】 will be+ing形は意外と簡単!わかりやすく解説!

こんにちは!今日のトピックは「未来進行形」です!これは英語の文法の中でも特に楽しいトピックで、未来の出来事を活気ある形で表現することができます。例えば、あなたの大好きなアーティストのコンサートに行く予定がある場合、どのようにその興奮を表現しますか?それは未来進行形を使って「私は舞台に立って歌っている彼らを見ている最中です!」と言えます。さあ、一緒にこの楽しい文法を学んで、英語で未来の冒険を楽しんでみましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

未来進行形とは何でしょうか?

未来進行形は、英語の文法で未来の出来事やアクションを表現するための形式です。通常の現在進行形(Present Continuous Tense)と同様に、be動詞の後に動詞の現在分詞形(-ing形)が続きますが、未来進行形では「will be」や「be going to」を用いて未来の時間帯を示します。これにより、未来の特定の瞬間や継続的なアクションを生き生きと表現することができます。例えば、「I will be studying all night(徹夜で勉強しています)」や「They are going to be traveling around the world(彼らは世界中を旅している予定です)」などが未来進行形の例です。この文法を使えば、英語で未来の出来事をさらに鮮やかに表現することができます。

未来進行形の文法ルールの説明

1. 主語 + will be / am / is / are going to be + 動詞の現在分詞形 (-ing形)
例:I will be studying.(私は勉強しています。)
They are going to be playing soccer.(彼らはサッカーをしている予定です。)

2. “will be”と”am / is / are going to be”は、それぞれの主語に対応して使用されます。
例:I will be, You will be, He/She/It will be, We will be, They will be
I am going to be, You are going to be, He/She/It is going to be, We are going to be, They are going to be

3. 動詞の現在分詞形 (-ing形)は、動詞の基本形に接尾辞「-ing」を付けた形です。
例: study → studying, play → playing, eat → eating

4. 未来進行形は、未来の特定の瞬間や時間帯における継続的なアクションを表現します。
例: Tomorrow at 9 PM, I will be watching a movie.(明日の午後9時に、私は映画を見ている最中です。)

5. “will be”は一般的な未来進行形で、予測や意思を表します。”am / is / are going to be”は計画や予定された未来のアクションを表します。
例:I will be studying for my exam.(試験勉強をするつもりです。)
They are going to be traveling next month.(彼らは来月旅行する予定です。)

これらの文法ルールを使って未来進行形を作成すると、未来の出来事をより生き生きと表現することができます。

英語の未来進行形文法ルール表

主語will be +
動詞の現在分詞形 (-ing形)
am / is / are going to be +
動詞の現在分詞形 (-ing形)
Iwill be studyingam going to be studying
Youwill be studyingare going to be studying
He/She/Itwill be studyingis going to be studying
Wewill be studyingare going to be studying
Theywill be studyingare going to be studying

注意:動詞の現在分詞形 (-ing形)は、動詞の基本形に接尾辞「-ing」を付けた形で表されます。
未来進行形は、「will be」または「am / is / are going to be」と主語に対応する形式を使用して作成されます。これにより、未来の特定の瞬間や時間帯における継続的なアクションを表現することができます。
例文:I will be studying for my exam.(私は試験勉強をしている最中です。)
They are going to be playing soccer this weekend.(彼らは今週末にサッカーをする予定です。)
これらの文法ルールを使って未来進行形を作成すると、英語で未来の出来事をより生き生きと表現することができます。

英語の進行形の接尾辞は何ですか?

英語の進行形(Continuous/Progressive Tense)の接尾辞は「-ing」です。動詞の基本形に「-ing」を付けることで、進行形を形成します。

以下に一般的な動詞の例を示します:

– 勉強する (study) → 勉強している (studying)
– 走る (run) → 走っている (running)
– 食べる (eat) → 食べている (eating)
– 書く (write) → 書いている (writing)
– 見る (see) → 見ている (seeing)

進行形は、現在進行形(Present Continuous Tense)、過去進行形(Past Continuous Tense)、未来進行形(Future Continuous Tense)など、さまざまな時制で使用されます。動詞の接尾辞に「-ing」を加えることで、その動詞の進行中のアクションや状態を表現することができます。

例文:
– I am studying for my exam.(私は試験勉強をしています。)[現在進行形]
– She was running in the park.(彼女は公園で走っていました。)[過去進行形]
– They will be eating dinner at 7 PM.(彼らは午後7時に夕食を食べています。)[未来進行形]

進行形を使用することで、アクションが進行中であることや、ある特定の時間において行われる予定や状態を表現することができます。進行形のおさらいをしたい方はこちらの動画をチェックしてみてくださいね!

未来進行形の文をどのように作りますか?

未来進行形の文章を作るためには、以下の手順に従うことができます:

1. 主語を決める:文の主体となる人や物を特定します。

2. “will be”または”am / is / are going to be”を選ぶ:文の文脈や意図に基づいて、適切な未来進行形の形式を選択します。

3. 動詞の現在分詞形 (-ing形)を追加する:選んだ未来進行形の形式に応じて、動詞の基本形に接尾辞「-ing」を付けます。

4. 文を完成させる:主語、未来進行形の形式、動詞の現在分詞形を組み合わせて、文を完成させます。

以下に具体的な例文を示します:

1. 主語:I / 私
2. 形式:will be / ~するつもりです
3. 動詞の現在分詞形:studying / 勉強している
4. 文:I will be studying. / 私は勉強しています。

1. 主語:She / 彼女
2. 形式:is going to be / ~する予定です
3. 動詞の現在分詞形:writing / 書いている
4. 文:She is going to be writing. / 彼女は書いています。

1. 主語:We / 私たち
2. 形式:are going to be / ~する予定です
3. 動詞の現在分詞形:playing / 遊んでいる
4. 文:We are going to be playing. / 私たちは遊んでいます。

未来進行形の文章を作成する際には、主語、未来進行形の形式、動詞の現在分詞形を適切に組み合わせることが重要です。これにより、未来の出来事が進行中であることを表現することができます。この文構造が使われている曲 I’ll Be Seeing You もぜひチェックしてみてください!

未来進行形:肯定文の例

1. I will be traveling to Paris next month.
(私は来月パリに旅行しています。)

2. They will be celebrating their anniversary tomorrow evening.
(彼らは明日の夕方に記念日を祝っています。)

3. We are going to be having a party at our house this weekend.
(私たちは今週末に家でパーティーを開く予定です。)

これらの文では、未来の特定の時点や時間帯において、主語がある継続的なアクションを行っていることを表現しています。“will be”と”are going to be”の形式に動詞の現在分詞形 (-ing形)が続き、未来進行形が形成されています。これにより、楽しい未来の出来事や予定を生き生きと描写することができます。

未来進行形:否定文の例

1. I will not be studying tomorrow.
(私は明日勉強していません。)

2. They won’t be attending the concert next week.
(彼らは来週のコンサートに参加しません。)

3. We are not going to be working on that project over the weekend.
(私たちは週末にそのプロジェクトに取り組みません。)

これらの文では、未来の特定の時点や時間帯において、主語がある継続的なアクションを行わないことを表現しています。“will not be”や”are not going to be”の形式に動詞の現在分詞形 (-ing形)が続き、否定的な未来進行形が形成されています。こうすることで、未来のアクションのない状況や予定のない状態を表現することができます。

未来進行形:疑問文の例

1. Will you be studying for the exam tomorrow?
(明日、試験の勉強をしていますか?)

2. Are they going to be attending the meeting later?
(後で会議に参加する予定ですか?)

3. Will the package be arriving on time?
(荷物は時間通りに届くでしょうか?)

これらの文では、未来の特定の時点において、状況や予定について疑問を投げかけています。疑問文では、文頭に助動詞(Will、Are)を置き、主語と動詞の順序を入れ替えて疑問を形成します。また、未来進行形の疑問文も同様に、助動詞(Will、Are)とbe動詞(be)を使い、動詞の現在分詞形 (-ing形)を続けることで形成されます。こうすることで、未来の出来事について質問することができます。

未来進行形:否定的疑問文の例

1. Won’t you be studying for the exam tomorrow?
(明日、試験の勉強をしないのですか?)

2. Aren’t they going to be attending the meeting later?
(後で会議に参加しないのですか?)

3. Won’t the package be arriving on time?
(荷物は時間通りに届かないのですか?)

これらの文では、未来の特定の時点において、状況や予定に対して否定的な疑問を投げかけています。否定的疑問文では、助動詞(Won’t、Aren’t)を文頭に置き、主語と動詞の順序を入れ替えて疑問を形成します。また、未来進行形の否定的疑問文も同様に、助動詞(Won’t、Aren’t)とbe動詞(be)を使い、動詞の現在分詞形 (-ing形)を続けることで形成されます。こうすることで、否定的な意味を含んだ未来の出来事について質問することができます。

未来進行形:疑問副詞を使って文を作る方法

1. 疑問副詞を文頭に置く方法:
– When will you be leaving for the airport tomorrow?
(明日、いつ空港に向かう予定ですか?)
– How long will they be staying in the hotel?
(彼らはホテルにどのくらいの間滞在する予定ですか?)

2. 疑問副詞を文中に配置する方法:
– You are going to be studying where this weekend?
(今週末、どこで勉強する予定ですか?)
– They will be having the party how late into the night?
(彼らはパーティーを夜遅くまでどのくらい開催する予定ですか?)

疑問副詞を使って未来進行形の文を作る際には、疑問副詞(when、where、how longなど)を適切な位置に配置し、その後に未来進行形の文を続けます。こうすることで、未来の出来事に関する具体的な情報や状況について質問することができます。

未来進行形についてのよくある質問

Q:未来進行形と現在進行形の違いは何ですか?

A:未来進行形と現在進行形は、時間的な視点と文法的な構成において以下のような違いがあります:

1. 時間的な視点の違い:
– 未来進行形(Future Continuous Tense): 未来の特定の時点での継続的なアクションや予定を表現します。つまり、話者が話している時点よりも後の未来の出来事に焦点を当てます。
– 現在進行形(Present Continuous Tense): 現在の瞬間や短い期間における継続的なアクションを表現します。つまり、話者が話している時点で起きている出来事に焦点を当てます。

2. 文法的な構成の違い:
– 未来進行形: 主語 + will be (または be going to be) + 動詞の現在分詞 (-ing形)。例えば、「I will be studying(私は勉強しているでしょう)」や「They are going to be playing(彼らは遊んでいる予定です)」などです。
– 現在進行形: 主語 + 現在の助動詞 “be” + 動詞の現在分詞 (-ing形)。例えば、「I am studying(私は勉強しています)」や「They are playing(彼らは遊んでいます)」などです。

未来進行形と現在進行形は、時間的な視点と文法的な構成の違いにより、異なる時制の出来事を表現します。未来進行形は未来の継続的な出来事を表現し、現在進行形は現在の継続的な出来事を表現します。現在進行形のおさらいをしたい方はこちらの動画を要チェック!

Q:未来進行形と過去形の違いは何ですか?

A:未来進行形と過去形は、時間的な視点と文法的な構成において大きく異なります。

1. 時間的な視点の違い:
– 未来進行形(Future Continuous Tense): 未来の特定の時点での継続的なアクションや予定を表現します。つまり、話者が話している時点よりも後の未来の出来事に焦点を当てます。
– 過去形(Past Tense): 過去に起きたアクションや事実を表現します。つまり、話者が話している時点よりも前の過去の出来事に焦点を当てます。

2. 文法的な構成の違い:
– 未来進行形: 主語 + will be (または be going to be) + 動詞の現在分詞 (-ing形)。例えば、「I will be studying(私は勉強しているでしょう)」や「They are going to be playing(彼らは遊んでいる予定です)」などです。
– 過去形: 主語 + 過去形の助動詞(一般的には “did” や “was/were”) + 動詞の過去形。例えば、「I studied(私は勉強した)」や「They played(彼らは遊んだ)」などです。

未来進行形と過去形は、時間的な視点と文法的な構成の違いにより、異なる意味や状況を表現します。未来進行形は未来の継続的な出来事を表現し、過去形は過去の完了した出来事を表現します。過去形のおさらいをしたい方はこちらの動画を要チェック!

Q:未来進行形と現在完了進行形の違いは何ですか?

A:未来進行形と現在完了進行形は、時間的な視点と文法的な構成において以下のような違いがあります:

1. 時間的な視点の違い:
– 未来進行形(Future Continuous Tense): 未来の特定の時点での継続的なアクションや予定を表現します。つまり、話者が話している時点よりも後の未来の出来事に焦点を当てます。
– 現在完了進行形(Present Perfect Continuous Tense): 過去の出来事から現在までの継続的なアクションを表現します。つまり、過去の出来事が現在に至るまでどれくらい続いているかに焦点を当てます。

2. 文法的な構成の違い:
– 未来進行形: 主語 + will be (または be going to be) + 動詞の現在分詞 (-ing形)。例えば、「I will be studying(私は勉強しているでしょう)」や「They are going to be playing(彼らは遊んでいる予定です)」などです。
– 現在完了進行形: 主語 + 現在完了形の助動詞 “have been” + 動詞の現在分詞 (-ing形)。例えば、「I have been studying(私はずっと勉強してきた)」や「They have been playing(彼らはずっと遊んできた)」などです。

未来進行形と現在完了進行形は、時間的な視点と文法的な構成の違いにより、異なる時制の出来事を表現します。未来進行形は未来の継続的な出来事を表現し、現在完了進行形は過去から現在までの継続的な出来事を表現します。

Q:未来進行形と未来完了形の違い?

A:未来進行形と過去形は、時間的な視点と文法的な構成において大きく異なります。
未来進行形と未来完了形は、英語の文法構造で、未来の出来事や状況を表現するために使用されます。これらの文法形式は次のように機能します:

未来進行形: これは、「will be + 動詞の-ing形」で形成されます。未来の特定の時点で進行中のアクションまたは状況を表すために使用されます。たとえば、「I will be studying at 5 o’clock tomorrow(私は明日の5時に勉強しているでしょう)」という文では、明日の5時に私が勉強しているという状況を表しています。

未来完了形: これは、「will have + 過去分詞形」で形成されます。これは特定の未来の時点までに既に完了しているであろうアクションまたは状況を示すために使用されます。例えば、「I will have finished my work by 5 o’clock tomorrow(私は明日の5時までに仕事を終えているでしょう)」という文では、明日の5時までに私が仕事を完了しているという状況を表しています。

したがって、これらの形式の主な違いは、未来進行形が未来のある時点で進行中の行動を、未来完了形が未来のある時点までに完了する行動を表現することです。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【過去完了進行形】 続く過去を表現する方法を簡単に解説!
will have 過去分詞の使い方をわかりやすく解説!英語の未来完了形をマスターしよう!