Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【Can-Can’t】 誰もが使えるようになるために解説

本日は英語の中でも非常に重要な単語である「Can」と「Can’t」の違いについてお話ししたいと思います。この2つの単語は、私たちの意思表現に大きな影響を与えますが、実は使用方法やニュアンスに微妙な違いがあります。もしもあなたが英語を習得したい、あるいは既に習得しているけれども混乱しているという方は、ぜひこの記事を読み続けてください。

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

「Can」と「Can’t」の使い方の違い

「Can」は、能力や許可を表す肯定的な表現です。これは、何かをすることができる能力や可能性を示しています。「Can」は実現可能な行動や能力を表現する際に使用されます。

例えば、「I can swim」は「私は泳ぐことができます」という意味です。この文では、泳ぐ能力を持っていることを示しています。

一方、「Can’t」は、否定的な表現であり、何かをすることができないことを示します。これは、制限や制約を表現する際に使用されます。

例えば、「I can’t swim」は「私は泳ぐことができません」という意味です。この文では、泳ぐ能力がないことを示しています。

したがって、「Can」と「Can’t」は能力や可能性に対する肯定と否定を表現する際に使用されます。正確な文脈に基づいて適切に使い分けることで、自分の意思や能力を的確に伝えることができます。

助動詞「Can」を使った英語の肯定文

1. I can speak French.
(私はフランス語が話せます。)
2. She can play the piano very well.
(彼女はピアノがとても上手に弾けます。)
3. We can meet at the park tomorrow.
(明日、公園で会うことができます。)
4. They can solve complex math problems.
(彼らは複雑な数学の問題を解くことができます。)
5. The dog can fetch the ball.
(その犬はボールを取ってくることができます。)

これらの文では、「Can」が能力や可能性を示しています。主語が何かをすることができる能力や機会を持っていることを述べています。

助動詞「Can’t」を使った英語の否定文

1. I can’t speak Spanish.
(私はスペイン語が話せません。)
2. She can’t swim.
(彼女は泳げません。)
3. We can’t attend the meeting tomorrow.
(明日の会議に参加できません。)
4. They can’t find their keys.
(彼らは鍵が見つかりません。)
5. The car can’t start because the battery is dead.
(車が始動できません。バッテリーが上がっています。)

これらの文では、「Can’t」が能力や可能性の制限を示しています。主語が何かをすることができない能力や制約があることを述べています。

「Can」と「Can’t」で疑問文を作る方法

「Can」で疑問文を作る場合、主語と「Can」を入れ替えて文を作ります。

例:
1. You can swim. (あなたは泳ぐことができます。)
→ Can you swim? (あなたは泳ぐことができますか?)

2. She can speak French. (彼女はフランス語が話せます。)
→ Can she speak French? (彼女はフランス語が話せますか?)

3. We can go to the concert. (私たちはコンサートに行けます。)
→ Can we go to the concert? (私たちはコンサートに行けますか?)

「Can’t」で疑問文を作る場合も同様に、主語と「Can’t」を入れ替えて文を作ります。

例:
1. You can’t swim. (あなたは泳ぐことができません。)
→ Can’t you swim? (あなたは泳ぐことができませんか?)

2. She can’t speak French. (彼女はフランス語が話せません。)
→ Can’t she speak French? (彼女はフランス語が話せませんか?)

3. We can’t go to the concert. (私たちはコンサートに行けません。)
→ Can’t we go to the concert? (私たちはコンサートに行けませんか?)

このように、「Can」と「Can’t」を主語と入れ替えることで、疑問文を作ることができます。

「Can’t」と「Cannot」の違い

「Can’t」と「cannot」は意味的には同じですが、主に使用上の違いがあります。

「Can’t」は、「cannot」の短縮形であり、口語的な表現です。日常会話や非公式な文脈でよく使われます。

例:
1. I can’t go to the party tonight. (私は今夜、パーティーに行けない。)
2. She can’t play the guitar. (彼女はギターが弾けない。)

一方、「cannot」は、正式な文書やフォーマルな文脈で使用されることが多いです。また、文体がより堅い印象を与える場合もあります。

例:
1. I cannot accept this proposal. (私はこの提案を受け入れることはできません。)
2. Customers cannot return opened items. (お客様は開封された商品を返品することはできません。)

したがって、一般的には「Can’t」は口語的な表現に、そして「cannot」はより形式的な文体や正式な文書に適しています。ただし、使い方には多くの例外があり、文脈や好みによっても異なる使い方がされる場合があります。

「Can」と「be able to」の違い

「Can」と「be able to」は、能力や可能性を表現するために使われる表現ですが、いくつかの違いがあります。

1. 使用頻度と一般性:
「Can」は、一般的な能力や可能性を表現するために広く使用されます。これは日常会話や一般的な文書で頻繁に使われます。一方、「be able to」はややフォーマルな表現であり、より具体的な場合や特定の状況や条件を強調する場合によく使用されます。

例:
– I can speak English. (私は英語が話せます。)(一般的な能力)
– I was able to finish the project on time. (私はプロジェクトを時間内に終えることができました。)(特定の状況での能力)

2. 過去形と未来形:
「Can」は現在の能力や可能性を表現するのに対し、過去形で使用することは一般的にはありません。一方、「be able to」は過去形や未来形でも使用できます。これにより、過去の出来事や将来の予定に関連する能力や可能性を表現することができます。

例:
– I will be able to attend the meeting tomorrow. (私は明日会議に出席できます。)
– He was able to solve the difficult puzzle. (彼は難しいパズルを解くことができました。)

3. 確信度と許可のニュアンス:
「Can」は、確信度や許可を含む場合によっては異なるニュアンスを持つことがあります。一般的に、直接の能力や可能性を表現するために「can」を使用し、特定の許可や状況に関連する能力や可能性を表現するために「be able to」を使用することが推奨されます。

例:
– Can I use your computer? (あなたのコンピュータを使ってもいいですか?)(許可を求める)
– I will be able to attend the party if I finish my work early. (私は仕事を早く終えたら、パーティーに参加できます。)(特定の状況での可能性)

これらは一般的な違いですが、文脈やニュアンスによって使い方が変わる場合もあります。重要なのは、適切な表現を選び、文脈に合わせて使うことです。

FAQ

Q1: 「Can」と「Can’t」の使い方は同じですか?

A: 「Can」と「Can’t」は意味的に対立する表現です。前者は肯定的な意味で「~することができる」という能力や可能性を表し、後者は否定的な意味で「~することができない」という制約や制限を示します。

Q2: 「Can」と「Could」の違いは何ですか?

A: 「Can」と「Could」はどちらも能力や可能性を表現する助動詞ですが、一般的に「Could」は過去の能力や丁寧な依頼を表す場合に使用されます。「Can」は現在の能力や可能性を示すのに対し、「Could」は過去の文脈やより丁寧な表現に適しています。

Q3: 「Can’t」と「Don’t have to」の違いは何ですか?

A: 「Can’t」は否定的な意味で、「~しなければならない」という義務や必要性を否定します。一方、「Don’t have to」は、「~する必要はない」という意味で、義務や必要性がないことを表します。

Q4: 「Can」と「May」の違いは何ですか?

A: 「Can」は能力や可能性を示すのに対し、「May」は許可や許可の依頼を表す場合に使用されます。一般的には、「Can」は一般的な許可や能力を表現する際に使われ、「May」はより丁寧な許可の表現に適しています。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【As】 正確な使い方: 英語学習者のためのガイド
【家具】 ぞれぞれの部屋にある家具を紹介