Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

「 How About」と「What About」の意味の違いを徹底解説!

「What aboutとHow about」というテーマのブログ記事へようこそ!英語学習者にとって、これらのフレーズは日常会話やコミュニケーションで頻繁に使用される表現です。本記事では、「What about」と「How about」の意味と使い方に焦点を当て、例文を交えながら解説していきます。これらのフレーズを上手に使いこなすことで、より自然な英会話ができるようになるでしょう。さあ、始めましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

「What About」とは?使い方と例文

「What about」とは、英語でよく使われるフレーズの1つで、状況を尋ねたり提案したりする際に使用されます。具体的には以下のような使い方があります:

1. 状況を尋ねる場合
– A: “Let’s go to the movies.” (映画を見に行こう。)
– B: “What about tomorrow? I’m busy today.” (明日はどう?今日は忙しいんだ。)

2. 提案する場合
– A: “We could have dinner at the new restaurant.”
(新しいレストランで夕食を食べるのはどうかな。)
– B: “Hmm, what about trying that new cafe instead?” (うーん、代わりに新しいカフェを試してみるのはどうだろう?)

「What about」は、他の人との意見交換や選択肢を提示する際に便利なフレーズであり、親しみやすいコミュニケーションをする上で役立つ表現です。

「How About」とは?使い方と例文

「How about」とは、英語でよく使われるフレーズの1つで、提案や意見の確認をする際に使用されます。具体的には以下のような使い方があります:

1. 提案をする場合
– A: “Let’s have pizza for dinner.” (夕食にピザを食べよう。)
– B: “How about sushi instead?” (代わりに寿司はどう?)

2. 意見を確認する場合
– A: “I think we should go to the beach tomorrow.” (明日はビーチに行くと思うよ。)
– B: “How about going hiking in the mountains instead?” (代わりに山登りはどう?)

「How about」は、他の人の意見や提案に対して柔軟に対応する際に便利なフレーズであり、協議や計画立てにおいて役立つ表現です。また、「What about」と似た使い方をすることもありますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

「What About」と「How About」との違いと返し方

「What about」と「How about」とは、いずれも英語のフレーズで提案や意見の確認をする際に使用されますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

1. What about
– 状況や提案に対して意見を求める際に使います。
– 提案されたアイディアや計画に対して、相手の意見や考えを尋ねるときに用いられます。
– 他の選択肢や代案があるかどうかを問いかけるイメージです。

例:
A: “Let’s go to the park this weekend.” (今週末は公園に行こう。)
B: “What about going to the beach instead?” (代わりにビーチに行くのはどう?)

2. How about
– 提案されたアイディアや計画に対して、相手の意見を求める際に使います。
– 実際に提案を受け入れるかどうかを相手に尋ねるイメージです。
– 実現可能性や相手の意向を確認する場合によく使われます。

例:
A: “We could have a picnic in the park.” (公園でピクニックをしよう。)
B: “How about we have the picnic on Sunday?” (日曜日にピクニックをするのはどう?)

「What about」と「How about」は、どちらも提案や意見の確認に使われる便利なフレーズですが、微妙な違いがありますので、適切な場面で使い分けることが大切です。

「What About」のリアルな使い方

A: “We could have pizza for dinner.” (夕食にピザを食べよう。)
B: “What about trying that new Italian restaurant downtown instead?” (代わりに、ダウンタウンにある新しいイタリアンレストランを試してみるのはどうですか?)

A: “I’m thinking of going to the beach tomorrow.” (明日、ビーチに行くつもりです。)
B: “What about checking the weather forecast first? It might rain.” (まず天気予報をチェックするのはどうですか?雨が降るかもしれませんよ。)

A: “I’m considering buying a new laptop.” (新しいノートパソコンを買うことを考えています。)
B: “What about looking for some online deals or discounts?” (オンラインでディールや割引を探してみるのはどうですか?)

A: “Let’s go hiking this weekend.” (今週末はハイキングに行こう。)
B: “What about going to the botanical garden instead? The flowers are in full bloom.” (代わりに植物園に行くのはどうですか?花が満開ですよ。)

A: “We should watch a movie tonight.” (今夜は映画を観るべきですね。)
B: “What about having a movie marathon and watching our favorite films all night long?” (映画マラソンをして、一晩中お気に入りの映画を見るのはどうですか?)

「How About」を使ったリアルな使い方

A: “I feel like having Japanese food for dinner.” (夕食に日本食が食べたいな。)
B: “How about trying that new sushi restaurant that just opened?” (新しくオープンしたあの寿司レストランに行くのはどう?)

A: “I’m thinking of going to the amusement park this weekend.” (今週末は遊園地に行こうと思っているんだ。)
B: “How about inviting some friends to join us? It’ll be more fun with a group.” (友達を誘って一緒に行くのはどう?グループで行く方が楽しいよ。)

A: “I need a new bag for work.” (仕事用に新しいバッグが必要だ。)
B: “How about checking out the department store? They have a wide selection of bags.” (デパートを見てみるのはどう?バッグの選択肢が豊富だよ。)

A: “I want to improve my English speaking skills.” (英語の会話スキルを向上させたいんだ。)
B: “How about joining a language exchange group or finding a conversation partner?” (言語交換グループに参加するか、会話パートナーを見つけるのはどう?)

A: “We need to plan the itinerary for our vacation.” (休暇の旅行の予定を立てないと。)
B: “How about starting with the must-visit attractions and then adding some local hidden gems?” (まずは必見の観光地から始めて、それから地元の穴場スポットを追加するのはどう?)

「How About」は、相手の意見を尋ねる際に使われるフレーズで、提案に対する相手の意向を確認したり、新しいアイディアを提示したりする際に便利な表現です。

FAQ

Q1: 「What about」と「How about」の違いは何ですか?

A1: 「What about」と「How about」は、どちらも提案や意見の確認に使われる似たようなフレーズですが、微妙なニュアンスの違いがあります。例えば、「What about」は他の選択肢や代案があるかどうかを問いかけるイメージがあります。一方、「How about」は実際に提案を受け入れるかどうかを相手に尋ねるイメージがあり、相手の意向や実現可能性を確認する際によく使われます。

Q2: どちらのフレーズを使うべきですか?

A2: 両方のフレーズは意味や使い方に微妙な違いがあるため、具体的な文脈や相手との関係によって使い分けるべきです。一般的に、相手の意見を尋ねる際には「What about」を使うことが多いです。一方で、提案を具体的に検討したり、相手の意向を確認したい場合は「How about」を使うと適切です。

Q3: 両方のフレーズはカジュアルな場面で使われるのでしょうか?

A3: はい、両方のフレーズはカジュアルな会話や友人同士のコミュニケーションでよく使われます。親しみやすい雰囲気を作り出すためにも、日常会話や友人とのやり取りで積極的に活用される表現です。

Q4: ビジネスシーンでの使用に違いはありますか?

A4: ビジネスシーンでは、会話のフォーマルさや相手との関係によって使い方を考慮する必要があります。一般的には「How about」の方がフォーマルな印象を与えることが多いので、ビジネスの場面での使用を避ける場合もあります。ただし、親しみやすさを重視する場合は「What about」をビジネスコミュニケーションでも使うことができます。

Q5: どちらのフレーズを使っても意味は通じるのでしょうか?

A5: はい、どちらのフレーズを使っても意味は通じます。英語の会話では、どちらのフレーズも一般的でよく使われる表現ですので、適切な文脈で使って相手と円滑なコミュニケーションを図ることが重要です。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【前置詞】 英語の前置詞 – 使い方と理解をマスターしよう!パート5
【While – When】 使い方と違いを説明!具体例あり