Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【未来形】 会話で使うためのレッスン

みなさん、こんにちは!今日は英文法の未来系について説明します。えっ、未来形って聞くと、「将来のことを考えると不安になる」って思いませんか?でも、心配しなくて大丈夫です!私たちの未来は、自分たちで作り上げるものなんです。そして、英語の未来形を使いこなせば、未来をより明るく楽しいものにすることができますよ!それでは、始めましょう!

未来形とは?

まず、未来形とは、英語の文法で未来の時間に起こるであろうことを表現するための文法形式です。

未来形を表現する形は主に2つあります。一つは、will + 動詞の原形を使って表現します。例えば、「I will go to the gym tomorrow(明日、ジムに行くつもりです)」や、「She will study English harder(彼女はもっと英語を勉強するつもりです)」のように使います。 二つ目は、be going to + 動詞の原形を使って表現します。例えば、「They are going to have a party this weekend(彼らは今週末にパーティーをする予定です)」などです。

未来の計画や予定を表現するためによく使われる文法形式です。

未来形の文法ルールとは?

未来形は、「will + 動詞の原形」または「be going to + 動詞の原形」を使って未来のことを表現します。
例:
I will travel to Japan next year. (来年、私は日本に旅行するつもりです。)
She is going to start a new job next month. (彼女は来月、新しい仕事を始めます。)

未来形の特徴は、時間的な意味合いが明確で、未来の出来事を表現するために使われることです。また、将来の予測や計画を表現することができます。

未来形のルール一覧

未来形will + 動詞の原形未来の予測、約束、計画、意思決定を表現する。
be going to + 動詞の原形未来の予定、計画、意思決定を表現する。

未来形の文章作成

1. 主語 + will + 動詞の原形

例:I will go to the beach tomorrow.
(明日はビーチに行きます。)
She will study for the exam tonight.
(彼女は今夜試験のために勉強します。)

2. 主語 + am/is/are + going to + 動詞の原形

例:We are going to have a party next weekend.
(私たちは来週末にパーティーを開く予定です。)
He is going to travel to Europe next month.
(彼は来月ヨーロッパに旅行する予定です。)

一部の動詞(主に意志・約束・提案・予定・意図に関するもの)は、「be going to」を使用することがあります。

例:I am going to visit my grandmother next week. (意図)
(来週祖母を訪ねるつもりです。)
He is going to buy a new car next year. (予定)
(彼は来年新しい車を買うつもりです。)

未来形:肯定文の例

I will go to the movies tonight.
(今夜映画館に行きます。)
He is going to visit his grandparents next week.
(彼は来週祖父母を訪ねる予定です。)
She will be studying for her exam all day tomorrow.
(彼女は明日一日中試験の勉強をする予定です。)
They are going to have a party on Saturday.
(彼らは土曜日にパーティーを開く予定です。)
We will finish our project by the end of the week.
(私たちは週末までにプロジェクトを完了する予定です。)

未来形:否定文の例

I will not go to the movies tonight.
(今夜は映画館に行きません。)
He is not going to visit his grandparents next week.
(彼は来週祖父母を訪ねるつもりはありません。)
She will not be studying for her exam all day tomorrow.
(彼女は明日、一日中試験勉強ををするつもりはありません。)
They are not going to have a party on Saturday.
(彼らは土曜日にパーティーを開くつもりはありません。)
We will not finish our project by the end of the week.
(私たちは週末までにプロジェクトを終わらせることはできません。)

これらの例文は、未来の時間に起こらないことを表現しています。助動詞「will not」と「be not going to」(または短縮形「won’t」と「isn’t/aren’t going to」)が使用され、動詞の原形またはing形が続きます。未来の計画や予定を否定するために、未来形の否定文が使用されます。

未来形:疑問文の例

Will you go to the movies tonight?
(今晩、映画に行くのですか?)
Is he going to visit his grandparents next week?
(彼は来週、祖父母に会いに行く予定なのですか?)
Will she be studying for her exam all day tomorrow?
(彼女は明日、一日中試験勉強をするつもりなのですか?)
Are they going to have a party on Saturday?
(彼らは土曜日にパーティーをする予定ですか?)
Will we finish our project by the end of the week?
(私たちは今週末までにプロジェクトを終えることができますか?)

これらの文は、未来の出来事に関する質問を表しています。助動詞「will」と「be going to」が使用され、文の主語と動詞の間に入ります。疑問詞が含まれる場合は、疑問詞が文の先頭に来ます。未来の予定や計画について、質問するために、未来形の疑問文が使用されます。

未来形:肯定疑問文の例

Will you be coming to the party tonight?
(今晩、パーティーに来るつもりですか?)
Is he going to be finishing his work soon?
(彼はもうすぐ仕事を終えるつもりですか?)
Will she be taking the train to the airport?
(彼女は空港へ電車で行くつもりですか?)
Are they going to be celebrating their anniversary on a cruise?
(彼らは記念日をクルーズで祝うつもりですか?)
Will we be watching the game at the stadium?
(私たちはスタジアムで試合を見るつもりですか?)

これらの文は、未来の出来事について肯定的な質問を表しています。助動詞「will」と「be going to」が使用され、文の主語と動詞の間に入ります。疑問詞が含まれない疑問文で、答えを期待している場合に、未来形の肯定疑問文が使用されます。

未来形:否定疑問文の例

Won’t you be attending the meeting tomorrow?
(あなたは明日のミーティングに出席しないのですか?)
Isn’t he going to be finishing his work on time?
(彼は時間通りに仕事を終えないのですか?)
Won’t she be taking a taxi to the airport?
(彼女はタクシーで空港に行かないのですか?)
Aren’t they going to be arriving at the hotel later tonight?
(彼らは今夜遅くにホテルに到着しないのですか?)
Won’t we be able to watch the fireworks from our balcony?
(私たちは自分たちのバルコニーから花火を見ることができないのですか?)

これらの文は、未来の出来事について否定的な質問を表しています。助動詞「will not(won’t)」と「be not(isn’t、aren’t)」が使用され、文の主語と助動詞の間に入ります。否定文と疑問文の両方の特性を持つ、否定疑問文が使用されます。

未来形:受動態疑問文

Will the project be completed on time?
(プロジェクトは時間通りに完了されるのでしょうか?)
Will the concert be canceled due to the weather?
(コンサートは天気のせいで中止されるのでしょうか?)
Will the new product be launched next month?
(新製品は来月発売されるのでしょうか?)
Will the movie be shown in 3D format?
(映画は3D形式で上映されるのでしょうか?)
Will the building be renovated before the grand opening?
(ビルはグランドオープン前に改装されるのでしょうか?)

これらの文は、未来の出来事について受動態で質問を表しています。助動詞「will」が使用され、主語と動詞の間に「be + 過去分詞形」が入ります。受動態の疑問文は、出来事が誰によって行われるのかについての質問を表します。

未来形:肯定の受動態疑問文

未来形の肯定の受動態疑問文は、「Will + 主語 + be + 過去分詞形?」という形式をとります。

Will the party be held at your house next weekend?
(パーティーは来週末あなたの家で開かれますか?)
Will the cake be baked by your sister?
(ケーキはあなたの妹によって焼かれますか?)
Will the concert be attended by many people?
(コンサートは多くの人に参加されますか?)
Will the building be designed by the famous architect?
(ビルは有名な建築家によって設計されますか?)
Will the event be sponsored by the local company?
(イベントは地元企業によってスポンサーされますか?)

これらの文は、未来の出来事について肯定的な受動態の質問を表しています。助動詞「will」が使用され、主語と動詞の間に「be + 過去分詞形」が入ります。文の意味は、誰が何を行うのかではなく、ある出来事が起こるかどうかについて質問をしています。

未来形:否定の受動態疑問文

未来形の否定の受動態疑問文は、「Won’t + 主語 + be + 過去分詞形?」という形式をとります。

Won’t the concert be canceled due to the bad weather?
(コンサートは天気が悪いため中止されないのですか?)
Won’t the report be submitted before the deadline?
(レポートは締め切り前に提出されないのですか?)
Won’t the party be hosted by your friend?
(パーティーはあなたの友達によって主催されないのですか?)
Won’t the movie be released in Japan this year?
(映画は今年日本で公開されないのですか?)
Won’t the building be demolished for the new construction?
(ビルは新しい建設のために解体されないのですか?)

これらの文は、未来の出来事について否定的な受動態の質問を表しています。助動詞「won’t」が使用され、主語と動詞の間に「be + 過去分詞形」が入ります。文の意味は、ある出来事が起こる可能性が低いかどうかについて質問をしています。

未来形:疑問副詞を使って文を作る方法

未来形に疑問副詞を使用して文を作る場合、疑問副詞は通常、文の先頭に置かれます。疑問副詞を使用することで、どのような状況で何が起こるかについて質問をすることができます。

When will you arrive in Tokyo?
(いつ東京に到着しますか?)
Where will the party be held?
(パーティーはどこで開かれますか?)
How will you celebrate your birthday this year?
(今年の誕生日はどのように祝いますか?)
What will you do if it rains tomorrow?
(明日雨が降ったら、あなたは何をしますか?)
Why will she quit her job next month?
(彼女は来月なぜ仕事を辞めるのですか?)

これらの文では、疑問副詞が文の先頭に置かれ、その後に助動詞「will」が続きます。その後に主語と動詞が続き、文が完成します。疑問副詞を使用することで、未来の出来事についてより詳細に質問することができます。

英語の未来形についてよくある質問

Q: 「will」と「be going to」は同じ意味ですか?

A: これらの助動詞は同じ意味を持ちますが、微妙な違いがあります。例えば、「will」は将来の出来事に対して予想外のことが起こる可能性がある場合に使用されますが、「be going to」は計画、予測、または意図していることを表現するために使用されます。

Q: 未来形と現在進行形の違いとは?

A: 未来形は、将来の出来事や予定、計画、予測、意図、義務、約束、提案などを表現するために使用されます。未来形は、主語に「will」または「be going to」を助動詞として使用し、動詞の原形を使います。
一方、現在進行形は、現在進行中の出来事を表現するために使用されます。現在進行形は、主語に「be」を助動詞として使用し、「-ing」がついた動詞形を使用します。例えば、「I am studying for my exam」(私は試験の勉強をしています)という文は、現在進行形で表現されています。
つまり、未来形は将来の出来事を表現し、現在進行形は現在進行中の出来事を表現するため、意味や文法的な構造が異なると言えます。

Q: 未来形の文法のルールは何ですか?

A: 未来形の英文法は簡単で、助動詞「will」または「be going to」を使って主語に対する動詞の原型を使用します。助動詞「will」は、予想外の将来の出来事を表現するために使用され、また、「be going to」は将来の出来事を計画、予測、または意図していることを表現するために使用されます。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【未来形】 会話で使うためのレッスン
【現在形】すぐに使える方法を大公開!!