Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【現在形】すぐに使える方法を大公開!!

英語【現在形】を使ったすぐに使えるテクニックを大公開!効果的な現在系戦略で、あなたの英会話スキルもレベルアップ

現在形とは?

英語の現在形は、動詞の基本形(原形)に “-s” もしくは “-es” を追加することで作られます。ただし、いくつかの規則がありますので、以下にいくつか例を挙げます。

1. 一般的な動詞の場合:
– I speak (私は話す)
– You play (あなたは遊ぶ)
– They work (彼らは働く)

2. 三人称単数(s)の場合:
– He speaks (彼は話す)
– She plays (彼女は遊ぶ)
– It works (それは働く)

3. 動詞の終わりが音節で終わる場合(es):
– watch → watches (見る → 彼/彼女/それは見る)
– Fix → fixes (修理する → 彼/彼女/それは修理する)

4. 動詞の終わりが “o” で終わり、前に子音がある場合(es):
– Go → goes (行く → 彼/彼女/それは行く)
– Do → does (する → 彼/彼女/それはする)

注意:上記の規則は一般的なものであり、例外もあります。また、文脈によっても動詞の活用形は変化する場合があります。

現在形の文法ルールとは?

1. 一般的な動詞の場合:
– 一人称単数(I)と複数形(we)、二人称単数・複数形(you)、三人称複数形(they)では、動詞の原形を使います。
例: I play (私は遊ぶ)

– 三人称単数形(he/she/it)では、動詞の末尾に “-s” もしくは “-es”を追加します。
例:She plays (彼女は遊ぶ)

2. 動詞の終わりが音節で終わる場合:
– 原則として、動詞の末尾に “-es” を追加します。
例: watch → watches (見る → 彼/彼女/それは見る)
fix → fixes (修理する → 彼/彼女/それは修理する)

3. 動詞の終わりが “y” で終わる場合:
– “y” の前に子音がある場合、末尾の “y” を “i” に変更し、そこに “-es”を追加します。
例: study → studies (勉強する → 彼/彼女/それは勉強する)
– “y” の前に母音がある場合、通常の形で末尾に “-s”を追加します。
例: play → plays (遊ぶ → 彼/彼女/それは遊ぶ)

4. 不規則動詞の場合:
– 不規則動詞には一定の規則がないため、その動詞ごとに現在形を覚える必要があります。
例: go → goes (行く → 彼/彼女/それは行く)、have → has (持つ → 彼/彼女/それは持つ)

これらは一般的な現在形の文法ルールですが、一部の例外もあります。文脈や時制によっても文法が変わることに留意してください。

現在形文法ルール一覧

動詞の形式一人称単数
(I)
三人称単数
(he/she/it)
一人称複数
(we)
二人称
(you)
三人称複数
(they)
一般的な動詞
(例: play)
原形
(play)
基本形に "-s" を追加
(plays)
原形
(play)
原形
(play)
原形
(play)
終わりが音節で終わる動詞
(例: watch)
原形
(watch)
基本形に "-es" を追加
(watches)
原形
(watch)
原形
(watch)
原形
(watch)
終わりが "y" で終わる動詞
(例: study)
原形
(study)
"y" を "i" に変え、基本形に "-es" を追加
(studies)
原形
(study)
原形
(study)
原形
(study)
不規則動詞
(例: go)
原形
(go)
基本形に "-es" を追加
(goes)
原形
(go)
原形
(go)
原形
(go)

英語で現在形の接尾辞

– 一人称単数 (I): なし (原形)
– 三人称単数 (he/she/it): “-s” もしくは “-es”
– 一人称複数 (we): なし (原形)
– 二人称 (you): なし (原形)
– 三人称複数 (they): なし (原形)

例外的な動詞や特殊なケースもありますが、一般的な現在形の接尾辞は上記のようになります。

現在形の文章の作り方

英語の現在形の文章を作るためには、以下の基本的な文法ルールに従う必要があります。

1. 主語 (Subject): 文章の中で誰かや何かが主体となる部分です。
例: I (私), You (あなた), He/She/It (彼/彼女/それ), We (私たち), They (彼ら)

2. 動詞 (Verb): 主語が行動や状態を示す動作を行う単語です。
– 一般的な動詞: 原形の動詞を使います。
例: play (遊ぶ), work (働く), study (勉強する)
– 三人称単数の場合: 主語が “he/she/it” の場合、動詞の末尾に “-s” もしくは “-es” を追加します。
例: He plays (彼は遊ぶ), She works (彼女は働く), It studies (それは勉強する)

3. 目的語 (Object): 動作の対象となる部分です。必要に応じて主語に対して追加することができます。
例: I read a book. (私は本を読む), She plays the piano. (彼女はピアノを演奏する)

以下に例文をいくつか示します:
– I eat an apple. (私はリンゴを食べる)
You watch a movie. (あなたは映画を見る)
He works in an office. (彼はオフィスで働く)
She sings beautifully. (彼女は美しく歌う)
We play soccer every weekend. (私たちは毎週末にサッカーをする)
They study English at school. (彼らは学校で英語を勉強する)

これらの例文では、主語に適切な形の動詞を組み合わせ、必要に応じて目的語を追加しています。文脈や状況に応じて、さまざまな現在形の文章を作ることができます。

現在形:肯定文の例

I love chocolate.
(私はチョコレートが好きです。)
You are a talented singer.
(あなたは才能のある歌手です。)
He works at a bank.
(彼は銀行で働いています。)
We play soccer every weekend.
(私たちは毎週末にサッカーをします。)
They live in New York.
(彼らはニューヨークに住んでいます。)

これらは肯定文の例であり、主語が動詞に対して肯定的な行動や状態を表しています。動詞は一般的に原形を使用し、主語の数に応じて変化します(例: “he works”、”they live”)。文脈に応じて、さまざまな肯定文を作成することができます。

現在形:否定文の例

I don’t like broccoli.
(私はブロッコリーが好きではありません。)
You aren’t studying for the exam.
(あなたは試験の勉強をしていません。)
She isn’t watching television right now.
(彼女は今テレビを見ていません。)
We don’t play video games.
(私たちはビデオゲームをしません。)
They aren’t going to the party.
(彼らはパーティーに行きません。)

これらの例は否定文の例です。主語と動詞の間に否定の助動詞 “do not” もしくは短縮形 “don’t” を挿入し、主語の数に応じて変化させます。否定文では、動詞の原形が使用されます。また、状況や文脈に応じてさまざまな否定文を作成することができます。

英語で現在形を含む受動態の例文

The book is read by many people.
(その本は多くの人に読まれています。)
The door is opened by John.
(ドアはジョンによって開けられています。)
The movie was watched by millions of people.
(その映画は何百万人もの人々に見られました。)
The house has been cleaned by the cleaning service.
(その家はクリーニングサービスによって掃除されました。)

これらの例文では、受動態の形を持つ動詞が主語に対して行動を受ける側になっています。動詞の形は “be + 過去分詞形” となります。文脈や時制によって、さまざまな受動態の例文を作成することができます。

現在形:疑問副詞を使って文を作る方法

疑問副詞を使用することで、特定の情報について疑問を表現することができます。
疑問副詞の例としては、以下のようなものがあります:

1. When(いつ)
2. Where(どこで)
3. Why(なぜ)
4. How(どのように)
5. Who(だれが)
6. What(何が)
7. Which(どちらが)

これらの疑問副詞を使って疑問文を作るためには、以下の手順に従います:

1. 疑問詞(疑問副詞)を文の適切な位置に配置します。
2. 主語と助動詞(doやdoes)の位置を入れ替えます。
3. 動詞は原形を使います。
4. 必要に応じてその他の要素を文に追加します。

例文をいくつか示します:

1. When do you go to work?(いつ仕事に行きますか?)
2. Where does she live?(彼女はどこに住んでいますか?)
3. Why are they laughing?(なぜ彼らは笑っていますか?)
4. How do you play the guitar?(ギターはどのように弾きますか?)
5. Who is coming to the party?(誰がパーティーに来ますか?)
6. What do you want to eat?(何を食べたいですか?)
7. Which book do you prefer?(どの本がお好きですか?)

これらの例文では、疑問副詞を使って特定の情報について疑問を表現しています。文の構造や文脈に応じて、疑問副詞を使ってさまざまな疑問文を作成することができます。

現在形:疑問文の例

Do you like coffee?
(あなたはコーヒーが好きですか?)
Is she studying for the exam?
(彼女は試験の勉強をしていますか?)
Are they coming to the party?
(彼らはパーティーに来ますか?)
Does it rain often in this city?
(この街ではよく雨が降りますか?)
Are the children playing outside?
(子供たちは外で遊んでいますか?)

これらの例文は疑問文の形を持ち、主語と助動詞 “do” もしくは “does” の位置を入れ替えています。また、一般的な疑問文では、助動詞を使用しているため、動詞は原形となります。さまざまな疑問文を作成する際には、主語、助動詞、動詞の形を適切に組み合わせることが重要です。

現在形:肯定の受動態疑問文

Is the cake being baked in the oven?
(ケーキはオーブンで焼かれていますか?)
Is the report being submitted tomorrow?
(報告書は明日提出されますか?)
Is the project being managed effectively?
(プロジェクトは効果的に管理されていますか?)
Is the letter being written by Ben?
(その手紙はべンによって書かれていますか?)
Are the repairs being done by the maintenance team?
(修理はメンテナンスチームによって行われていますか?)

これらの例文は肯定の受動態疑問文の形を持っています。肯定文の受動態を疑問文にするため、助動詞 “be” の位置を変えて疑問文にします。動詞は過去分詞形を使用し、文脈に応じて主語やその他の要素を適切に組み合わせます。肯定の受動態疑問文は相手に対して動作や状態の確認を求める際に使用されます。

現在形:否定の受動態疑問文

Isn’t she being praised for her performance?
(彼女はその演技で褒められていないのですか?)
Aren’t they being invited to the party?
(彼らはパーティーに招待されていないのですか?)
Isn’t English being taught in this school?
(この学校では英語は教えられていないのですか?)
Isn’t the car being repaired by the mechanic?
(その車は修理業者によって修理されていないのですか?)
Aren’t the tickets being sold online?
(チケットはオンラインで販売されていないのですか?)

これらの例文は否定の受動態疑問文の形を持っています。否定文の受動態を疑問文にするため、助動詞 “be” の位置を変えて疑問文にします。動詞は過去分詞形を使用し、文脈に応じて主語やその他の要素を適切に組み合わせます。否定の受動態疑問文は相手に対して動作や状態の否定と確認を求める際に使用されます。

日常生活で現在形の使用方法

1. 習慣や日常のルーティン:
現在形は、習慣や日常のルーティンを表現するのに適しています。例えば、「I wake up at 7 a.m.」(私は朝7時に起きます)、「She drinks coffee every morning」(彼女は毎朝コーヒーを飲みます)など、日常の行動や習慣を述べる際に使います。

2. 現在の状態や事実:
現在形は、現在の状態や事実を述べるのに適しています。例えば、「The sun is shining today」(今日は太陽が輝いています)、「I am studying English」(私は英語を勉強しています)など、現在の状況や行動を説明する際に使います。

3. 一般的な真実や普遍的な事実:
現在形は、一般的な真実や普遍的な事実を述べるのにも使われます。例えば、「Water boils at 100 degrees Celsius」(水は100度で沸騰します)、「The Earth revolves around the sun」(地球は太陽の周りを公転します)など、普遍的な事実や科学的な事実を述べる際に使います。

4. 予定や予測:
現在形は、将来の予定や予測を述べるのにも使われます。例えば、「I am meeting my friend tomorrow」(明日友達と会います)、「They are going to win the game」(彼らは試合に勝つでしょう)など、将来の行動や予測を述べる際に使います。

これらは一般的な使用方法の一部ですが、現在形は日常生活のさまざまな場面で広く使われる時制です。文脈や状況に応じて適切な形を使い、意図したメッセージを正確に伝えるようにしてください。

英語で現在形を使って1日について話す方法

1. 習慣や日課の表現:
– “I wake up at 7 a.m.”(私は朝7時に起きます)
– “I go to work/school at 9 a.m.”(私は朝9時に仕事/学校に行きます)
– “I have lunch at 12 p.m.”(私は正午に昼食をとります)
– “I finish work at 5 p.m.”(私は午後5時に仕事を終えます)
– “I go to bed at 11 p.m.”(私は夜11時に寝ます)

2. 現在の活動や予定の表現:
– “I am working on a project right now.”(今、プロジェクトに取り組んでいます)
– “I am meeting a friend for lunch later.”(後で友達とランチをします)
– “I am going shopping this afternoon.”(今日の午後は買い物に行きます)
– “I am taking a break at the moment.”(今は休憩しています)

3. 一般的な状況や感情の表現:
– “The sun is shining today.”(今日は太陽が輝いています)
– “I feel tired after a long day.”(長い一日の後は疲れを感じます)
– “I enjoy spending time with my family in the evenings.”(夜に家族と過ごすのが楽しいです)

これらの表現は、1日の活動や状況を現在の視点から話すための例です。文脈や個別の状況に応じて適切な文を組み立てることが重要です。また、状況や予定が将来にわたる場合は、現在進行形を使って未来を表現することもできます(例:”I am going on vacation next week.”(来週、休暇に行きます))。

現在形でAm、Is、Are を短縮する方法

1. “am” の短縮形: ‘m
例:
– I am → I’m(私は)
– I am not → I’m not(私は~ではありません)

2. “is” の短縮形: ‘s
例:
– He is → He’s(彼は)
– She is → She’s(彼女は)
– It is → It’s(それは)
– That is → That’s(それは)
– There is → There’s(そこには)

3. “are” の短縮形: ‘re
例:
– You are → You’re(あなたは)
– We are → We’re(私たちは)
– They are → They’re(彼らは)

これらの短縮形は、口語的な表現や日常会話でよく使われます。ただし、書き言葉やよりフォーマルな文書では、完全な形の “am”、”is”、”are” を使用することが一般的です。状況に応じて、適切な形式を選択してください。

英語で現在形を使って夏休みを説明する方法

1. 習慣や計画の表現:
– “During summer vacation, I usually relax and spend time with my family.”(夏休み中は通常、リラックスして家族と過ごします)
– “I often go on trips or visit new places during my summer break.”(夏休みにはよく旅行に行ったり、新しい場所を訪れます)
– “This summer, I am planning to learn how to surf.”(今夏は、サーフィンのやり方を学ぶ予定です)
– “We are going to have a barbecue party at the beach next week.”(来週、ビーチでバーベキューパーティーを開く予定です)

2. 現在の活動や楽しみの表現:
– “I am enjoying the sunny weather and spending time at the pool.”(晴れた天気を楽しんで、プールで過ごしています)
– “I am exploring new hobbies and reading books during my summer vacation.”(夏休み中は新しい趣味を見つけたり、本を読んだりしています)
– “We are having a lot of fun playing outdoor games with friends.”(友達と一緒に屋外でゲームをしてとても楽しんでいます)

3. 予定や計画の表現:
– “I am going to travel to Europe for two weeks during summer vacation.”(夏休み中に2週間ヨーロッパへ旅行する予定です)
– “We are planning to have a picnic in the park next weekend.”(来週末に公園でピクニックをする予定です)
– “I am going to take swimming lessons during the summer break.”(夏休み中に水泳のレッスンを受ける予定です)

これらの表現は、夏休みに関する現在の活動、計画、予定を表現するための例です。文脈や個別の状況に応じて適切な文を組み立てることが重要です。また、現在進行形や未来形を使用して将来の予定や計画を表現することもできます(例:”I am going to visit my grandparents during the summer break.”(夏休み中に祖父母の家を訪ねる予定です))。

現在形:練習問題

空欄に適切な単語をの形を入れてください。

1. I usually __________ (eat) breakfast at 7 a.m.
2. They __________ (play) soccer every Saturday.
3. She __________ (read) a book in her free time.
4. We __________ (live) in Tokyo.
5. The sun __________ (shine) brightly today.

6. What time __________ (you/wake up) in the morning?
7. How often __________ (she/go) to the gym?
8. __________ (they/speak) Spanish fluently?
9. Why __________ (he/look) so happy today?

現在形:練習問題(答え)

1. eat
2. play
3. reads
4. live
5. shines

6. do you wake up
7. does she go
8. Do they speak
9. is he looking

現在形についてよくある質問

Q: 現在形の文法ルールはどのようなものですか?

A: 現在形の文法ルールには次のような要素があります。
– 主語 + 動詞(原形):肯定文の基本形式です。
– 主語 + do/does + not + 動詞(原形):否定文の形式です。
– Do/Does + 主語 + 動詞(原形):疑問文の形式です。

Q: 現在形はどのような状況で使われますか?

A: 現在形は、日常の習慣や状態、現在の出来事や行動、一般的な真理など、現在の状況や事実を表すために使われます。

Q: 現在形と現在完了形の違いとは?

A: 現在形(Present Tense):
– 現在の出来事や状態を表します。
– 現在の習慣や状態、一般的な真理などを表現します。
– 例: “I eat an apple.”(私はリンゴを食べます。)

現在完了形(Present Perfect Tense):
– 過去の経験や出来事が現在に関連していることを表します。
– 過去のアクションが現在までの経験や影響を持っていることを示します。
– また、過去のアクションがまだ終了していない可能性や、その結果が現在まで持続していることも表現します。
– 例: “I have eaten an apple.”(私はリンゴを食べたことがあります。)

主な違い:
– 時間的な視点が異なります。現在形は現在の出来事や状態に焦点を当てますが、現在完了形は過去のアクションが現在までの経験や影響を持っていることに焦点を当てます。
– 現在形は現在の状況や一般的な事実を表現しますが、現在完了形は過去の経験や出来事が現在につながりがあることを表現します。

例を使って説明すると、以下のような文の違いがあります。

現在形:
– “She lives in London.”(彼女はロンドンに住んでいます。)- 現在の状態や事実を述べています。

現在完了形:
– “She has visited Paris.”(彼女はパリを訪れたことがあります。)- 過去にパリを訪れた経験があって、その経験が現在につながりがあることを示しています。

これらの時制は文脈に合わせて使われます。現在の出来事や状態を表現する場合は現在形を使用し、過去の経験や出来事が現在につながりがあることを表現する場合は現在完了形を使用します。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【未来形】 会話で使うためのレッスン
【現在進行形】実践的なルールを解説!