Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【過去完了進行形】 続く過去を表現する方法を簡単に解説!

こんにちは!今日は、”英語の過去完了進行形” についてのブログ記事をお届けします。英語の時制って時々ややこしいですよね!でも心配しないでください!この記事では、過去のアクションをわかりやすく楽しく説明していきます。さあ、一緒に英語の奇妙で面白い世界へと飛び込んでみましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

過去完了進行形とは?

過去完了進行形は、英語の文法の中でもちょっとユニークな存在です。これは、過去の特定の時間まで続いていたアクションを表現するために使われます。イメージしてみてください!あなたは過去に何かをしていて、それはもう終わったけれど、その間ずっと続いていたんです!まるで時間の旅をしているような感覚ですよね。ほんの少しマジカルな感じがするこの時制、一緒に楽しみましょう!

過去完了進行形の文法ルールとは?

1. 「had been + 動詞のing形」の形で使います。例えば、「I had been studying English for three years(私は3年間英語を勉強していました)」という文です。

2. 過去のある時点まで継続していたアクションや状態を示します。つまり、過去のある時点での状況を強調するために使用されます。

3. 過去完了進行形は、過去の他のアクションや出来事との関係性を表すためにも使われます。例えば、「When I arrived, they had been waiting for two hours(私が到着したとき、彼らは2時間待っていました)」という文では、到着する前から待っていた状態を示しています。

4. 「had been」は、すべての人称(I, you, he/she/it, we, they)で共通です。

過去完了進行形は、過去の出来事や経験をより詳しく説明するために役立ちます。状況や時間の流れを明確に伝えるために活用してみましょう!

過去完了進行形文法ルール表

文法ルール例文
形式: had been + 動詞のing形I had been studying English for three years.
時間の継続を示すShe had been working all day before she went to the party.
過去の関係性を表すBy the time I arrived, they had been waiting for an hour.
人称: 共通He had been traveling for a month.

過去完了進行形の文章の作り方

1. まず、主語(主に過去の人物や物事)を決めます。例えば、「I(私)」や「They(彼ら)」など。

2. 次に、適切な助動詞「had」を選びます。これは、すべての人称に共通です。

3. 続いて、動詞の過去分詞形に接続するために、「been」を追加します。この「been」の後には、動詞の-ing形を使用します。

4.最後に、文の後半にその状態や行動がどれくらい続いたかを示す時間表現を追加します。例えば、「for three years(3年間)」や「since morning(朝から)」など。

以下に例文を示します:

1. I had been studying English for three years.(私は3年間英語を勉強していました。)
2. They had been living in that house since 2010.(彼らは2010年からその家に住んでいました。)
3. She had been working as a nurse for 10 hours before she took a break.(彼女は休憩する前に10時間看護師として働いていました。)
4. We had been waiting for the bus for over an hour when it finally arrived.(バスがやっと到着するまで、私たちは1時間以上待っていました。)

これらの例文を参考にしながら、自分自身の経験や出来事を表現する際に過去完了進行形を使用してみてください。

過去完了進行形:肯定文の例

1. I had been working on the project for two weeks before I submitted it.(私はそれを提出する前に2週間プロジェクトに取り組んでいました。)
2. She had been practicing the piano for years before she gave her first concert.(彼女は最初のコンサートを行う前に何年もピアノの練習をしていました。)
3. We had been saving money for a long time before we bought our dream house.(私たちは夢の家を買う前に長い間お金を貯めていました。)

これらの文は、過去の特定の時点まで継続していた行動や状態を表しています。過去完了進行形を使ってより詳細な情報を伝えることができます。

過去完了進行形:否定文の例

1. I had not been studying English for three years before I moved to Japan.(私は日本に引っ越す前に3年間英語を勉強していなかった。)
2. They had not been working at the company for long before they decided to quit.(彼らは辞めることを決める前に長くその会社で働いていなかった。)
3. She had not been practicing the guitar regularly before the concert.(彼女はコンサート前にギターを定期的に練習していなかった。)

これらの文では、「not」を用いて否定を表しています。過去完了進行形では、過去の特定の時点まで続いていなかった行動や状態を表現することができます。否定文を使うことで、さらに文脈やストーリーを補完することができます。

過去完了進行形:疑問文の例

1. Had you been studying English for three years before you moved to Japan?(あなたは日本に引っ越す前に3年間英語を勉強していましたか?)
2. Had they been working at the company for long before they decided to quit?(彼らは辞めることを決める前に長くその会社で働いていましたか?)
3. Had she been practicing the guitar regularly before the concert?(彼女はコンサート前にギターを定期的に練習していましたか?)

これらの文では、「Had」を文の先頭に置き、主語と動詞の位置を入れ替えることで疑問文を形成しています。過去完了進行形を使った疑問文は、過去のある時点までの行動や状態について尋ねるために使用されます。疑問文を使うことで、対話やコミュニケーションの中でさらに情報を引き出すことができます。

過去完了進行形:否定疑問文の例

1. Hadn’t you been studying English for three years before you moved to Japan?(あなたは日本に引っ越す前に3年間英語を勉強していなかったのではありませんか?)
2. Hadn’t they been working at the company for long before they decided to quit?(彼らは辞めることを決める前に長くその会社で働いていなかったのではありませんか?)
3. Hadn’t she been practicing the guitar regularly before the concert?(彼女はコンサート前にギターを定期的に練習していなかったのではありませんか?)

これらの文では、「Hadn’t」(Had not)を文の先頭に置くことで否定形を作り、その後に主語と動詞の位置を入れ替えることで疑問文になります。否定疑問文は、過去のある時点までの行動や状態について否定的な疑問を投げかけるために使用されます。相手の意見や事実を確認する際に有用です。

過去完了進行形:疑問副詞を使って文を作る方法?

疑問副詞は、文中で特定の情報や状況を尋ねるために使用されます。過去完了進行形の文に疑問副詞を組み合わせることで、過去の特定の時点までの行動や状態に関する疑問を表現することができます。

以下に、過去完了進行形の文に疑問副詞を使った例文を示します:
1. How long had you been studying English before you took the proficiency test?
(試験を受ける前に、どれくらい英語を勉強していましたか?)
2. When had they been living in that city before they moved to the countryside?
(田舎に引っ越す前に、その街にどれくらい住んでいましたか?)
3. Why had she been waiting at the bus stop before she decided to call a taxi?
(タクシーを呼ぶ前に、なぜ彼女はバス停で待っていたのですか?)

疑問副詞を使うことで、過去完了進行形の文において特定の詳細や背景情報を尋ねることができます。それにより、より具体的な会話やストーリーの展開が可能となります。疑問副詞を使って自分自身や他の人の過去の経験や行動について尋ねる際に、過去完了進行形を活用してみてください。

過去完了進行形についてよくある質問

Q:過去完了進行形と過去形の違いとは?

A: 1. 時制の違い:過去完了進行形は、過去のある時点まで継続していた行動や状態を表現します。一方、過去形は、単純に過去の出来事を表現します。

2. 進行性の違い:過去完了進行形は、行動や状態が一定の期間にわたって続いていたことを強調します。一方、過去形では、行動や状態が単純に過去に発生したことを示します。

3. 文の構造の違い:過去完了進行形は、「had been + 動詞のing形」の形式で構成されます。一方、過去形は、動詞の過去形で文を形成します。

Q:過去完了進行形と過去進行形の違いは何ですか?

A: 過去完了進行形は、過去のある時点まで継続していた行動や状態を表現します。一方、過去進行形は、過去の特定の時点で進行中の行動を表現します。

Q:過去完了進行形を使う場面はどんな時ですか?

A:過去完了進行形は、過去の特定の時点までの継続的な行動や状態を強調する際に使用されます。例えば、「I had been studying all night before the exam」(試験前に一晩中勉強していた)のように、過去のある時点までの継続的な活動や準備を表現するのに適しています。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【過去完了形】 Have+の使い方を徹底的に解説!!
【未来進行形】 will be+ing形は意外と簡単!わかりやすく解説!