Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【過去進行形】 いつ、そして、どの場面で使えるのか解説

英語の過去進行形についてのブログ記事へようこそ。過去進行形は、過去の特定の時点で行われていた継続的なアクションや状態を表現するために使われる文法形です。この記事では、過去進行形の基本的な形成方法や使い方について詳しく説明します。英語の過去進行形をマスターして、より自然な英語表現を身につけましょう。

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

過去進行形とは?

過去進行形は、過去の特定の時点で継続的に行われていたアクションや状態を表現するための英語の文法形です。主に「was/were + 動詞のing形」という形式で構成されます。過去進行形は、過去のある時間帯や特定の出来事が行われている間に起こった他の出来事や状況を説明するために使用されます。例えば、「I was studying English when she called me.」(彼女が私に電話をかけた時、私は英語の勉強をしていました)のように使われます。過去進行形を使うことで、より詳細な過去の出来事や状況を伝えることができます。

過去進行形の文法ルールとは?

1. 主語 + “was”(または”were”)+ 動詞のing形
例:I was studying.(私は勉強していました。)
They were playing.(彼らは遊んでいました。)

2. 肯定文、否定文、疑問文の作成
– 肯定文:主語 + “was”(または”were”)+ 動詞のing形
例:She was dancing.(彼女は踊っていました。)
– 否定文:主語 + “was not”(または”were not”)+ 動詞のing形
例:They were not watching TV.(彼らはテレビを見ていませんでした。)
– 疑問文:Was(またはWere)+ 主語 + 動詞のing形 + その他の語順
例:Were you running?(走っていましたか?)

3. 過去進行形の使用例
– 特定の過去の時間帯のアクション:I was studying at 9 PM yesterday.(私は昨日の午後9時に勉強していました。)
– 他の過去の出来事と同時に行われたアクション:He was cooking while I was reading.(私が読んでいる間、彼は料理をしていました。)
– 連続的なアクションや状態:They were playing soccer for hours.(彼らは数時間サッカーをしていました。)

以上が、過去進行形を作るための基本的な文法ルールです。正確な文脈に応じて使い方を適切に選ぶことで、より自然な英語表現を実現できます。

過去形文法ルール表

文法ルール例文
肯定文I was studying.
You were sleeping.
They were playing.
否定文I was not studying.
You were not sleeping.
They were not playing.
疑問文Was I studying?
Were you sleeping?
Were they playing?

過去進行形は、主語に対して”was”または”were”を使用し、動詞のing形を追加することで作成されます。肯定文では主語 + “was”(または”were”)+ 動詞のing形を使用し、否定文では主語 + “was not”(または”were not”)+ 動詞のing形を使用します。疑問文では”Was”(または”Were”)+ 主語 + 動詞のing形を使用し、その後にその他の語順を続けます。
例文では、過去進行形を使って過去のアクションや状態を表現しています。肯定文では具体的な行動や状態を述べており、否定文ではその行動や状態が行われなかったことを示しています。疑問文では、質問や疑問を表現しています。
これらの文法ルールを使って過去進行形を作成することで、より正確かつ自然な英語表現を実現できます。

過去進行形文の作り方

1. 主語を決める:文の主語を確定します。これはアクションを行っている人や物を指します。

2. “was”または”were”を選ぶ:主語の数と人称に合わせて”was”(単数形)または”were”(複数形)を選択します。

3. 動詞のing形を作る:動詞の語尾に-ingを追加します。ただし、一部の動詞には語尾の変化があります(例:study → studying)。

4. これらを組み合わせて文を作る
– 肯定文:主語 + “was”(または”were”)+ 動詞のing形
例:I was studying.(私は勉強していました。)
They were playing.(彼らは遊んでいました。)

– 否定文:主語 + “was not”(または”were not”)+ 動詞のing形
例:They were not watching TV.(彼らはテレビを見ていませんでした。)

– 疑問文:Was(またはWere)+ 主語 + 動詞のing形 + その他の語順
例:Were you running?(走っていましたか?)

これらの手順に従って過去進行形の文を作成すると、過去の特定の時点で行われていた継続的なアクションや状態を表現することができます。文法ルールに従い、正確な主語、適切な動詞のing形、そして適切な形式を選択して、意図する意味を伝える文を作成しましょう。

過去進行形:肯定文の例

I was studying.(私は勉強していました。)
She was singing.(彼女は歌っていました。)
They were playing soccer.(彼らはサッカーをしていました。)

これらの例文では、過去の特定の時点で継続的に行われていたアクションや状態を表現しています。主語 + “was”(または”were”)+ 動詞のing形の形式を使用し、適切な動詞を選んで肯定文を作成しています。それぞれの文は、過去の出来事や状況をより具体的に描写しています。

過去進行形:否定文の例

We were not watching a movie.(私たちは映画を観ていませんでした。)
He was not cooking dinner.(彼は夕食を作っていませんでした。)
The dog was not barking loudly.(その犬は大きな声で吠えていませんでした。)

これらの例文では、過去の特定の時点で行われていなかったアクションや状態を表現しています。否定文では、主語 + “was not”(または”were not”)+ 動詞のing形の形式を使用しています。各文は、過去の出来事や状況が実際には行われなかったことを示しています。

過去進行形:疑問文の例

Was she cooking dinner when you arrived?(あなたが到着した時、彼女は夕食を作っていましたか?)
Was he watching TV when the power went out?(電源が落ちた時、彼はテレビを見ていましたか?)
Were the students studying in the library yesterday?(昨日、学生たちは図書館で勉強していましたか?)

これらの例文では、過去進行形を含んだ疑問文を示しています。疑問文では、“Were”(または”Was”)を主語の前に置き、主語 + 動詞のing形の形式を使用します。それぞれの文は、特定の過去の時点で継続的に行われていたアクションや状態に関する質問を表現しています。適切な語順を使用して、質問の意味を明確に伝えることが重要です。

過去進行形:否定の疑問文の例

Wasn’t he studying when you called?(あなたが電話した時、彼は勉強していなかったですか?)
Weren’t the guests enjoying the party when you left?(あなたが出発した時、ゲストはパーティーを楽しんでいなかったですか?)
Weren’t the birds singing in the trees this morning?(今朝、鳥たちは木々でさえずっていなかったですか?)

これらの例文では、過去進行形を含んだ否定の疑問文を示しています。否定の疑問文では、“Wasn’t”(または”Weren’t”)を主語の前に置き、主語 + 動詞のing形の形式を使用します。それぞれの文は、特定の過去の時点で継続的に行われていなかったアクションや状態に関する否定の質問を表現しています。質問の意味を明確に伝えるために、適切な語順を使用することが重要です。

過去進行形:疑問副詞を使って文を作る方法

1. 疑問副詞「Why」を使う
– Why were you studying so late last night?
(なぜ昨夜は遅くまで勉強していたのですか?)

2. 疑問副詞「When」を使う
– When were they playing soccer in the park?
(彼らはいつ公園でサッカーをしていたのですか?)

3. 疑問副詞「Where」を使う
– Where were you going when I saw you?
(私があなたを見た時、どこに行く途中でしたか?)

4. 疑問副詞「How」を使う
– How long were they waiting for the bus?
(彼らはどのくらいの時間バスを待っていましたか?)

5. 疑問副詞「What」を使う
– What were you doing at the time of the accident?
(事故の時、あなたは何をしていましたか?)

6. 疑問副詞「Who」を使う
– Who was singing at the concert last night?
(昨夜のコンサートで誰が歌っていましたか?)

これらの例では、疑問副詞を使って過去進行形の文を構築しています。疑問副詞は、質問の対象や要素を明確にするために使用されます。適切な疑問副詞を選び、文の構造を疑問形に変えることで、特定の情報を尋ねることができます。

過去進行形についてよくある質問

Q:過去進行形の文法ルールは何ですか?

A: 肯定文: 主語 + “was” もしくは “were” + 動詞のing形
否定文: 主語 + “wasn’t” もしくは “weren’t” + 動詞のing形
疑問文: “Was” もしくは “Were” + 主語 + 動詞のing形

Q:過去進行形と過去形の違いとは?

A: 過去進行形は、過去の特定の時点で進行中だったアクションや状態を表します。一方、過去形は、過去に起こったアクションや状態を表します。過去進行形は、継続的なアクションや状態を強調するのに対し、過去形はアクションの完了や一時的な状態を表現します。

Q:過去進行形の使い方はどんな時に適切ですか?

A:過去進行形は、過去の特定の時点で進行中だったアクションや状態を説明するために使用されます。例えば、ある時間に何かをしていたり、ある出来事が進行中だったりする状況を表現するのに適しています。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【過去形】 簡単ですぐに使える方法を説明!
【過去完了形】 Have+の使い方を徹底的に解説!!