Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

英語の接続詞をわかりやすく解説!|一覧あり

皆さん、こんにちは!今日は英語の接続詞にフォーカスしてみましょう。これらの小さな単語が、文を繋ぎ、アイディアを整理し、論理的な流れを生み出します。ぜひ、これらの接続詞を使いこなして、よりスムーズな英語表現を楽しんでくださいね!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

協調接続詞

英語の協調接続詞は、文の流れを指揮する信号警官のような存在です。主なものには **and, but, or, nor, for, so, yet** があり、対等な部分をつなげ、対比や選択を表現するのに役立ちます。

例1: I love learning English, **and** it broadens my horizons.
(英語の学習が大好きですし、それが視野を広げてくれます。)

例2: It’s raining outside, **yet** I decided to go for a walk.
(外は雨ですが、散歩に行くことにしました。)

例3: She can dance well, **but** she struggles with singing.
(彼女は踊りは得意ですが、歌が苦手です。)

従属接続詞

これらの接続詞は、主文と従属文をつなぐ物語の語り手のような存在です。**because, although, if, while, when, since, until, unless** などが一般的です。

例1: I’ll stay indoors, **because** it’s raining outside.
(室内にいるのは、外が雨だからです。)

例2: **When** I finish my homework, I’ll call you.
(宿題が終わった時に電話します。)

例3: We went to the beach, **although** it was cold.
(寒いけれども、ビーチに行きました。)

相関接続詞

相関接続詞は、文の要素をつなぐダイナミックなデュオのような存在です。よく使われるものには **either…or, neither…nor, not only…but also** があります。

例1: She can **neither** dance **nor** sing.
(彼女は踊ることはできませんし、歌うこともできません。)

例2: **Not only** did they win, **but also** set a new record.
(彼らは勝利だけでなく、新記録も樹立しました。)

例3: You can choose **either** tea **or** coffee.
(お茶かコーヒー、どちらかを選んでください。)

時間を表す接続詞

時間関係を話す時には、時間を表す接続詞が登場します。**Before, after, while, when** は、出来事の順番を表現するのに適しています。

例1: I’ll call you **after** I finish my homework.
(宿題が終わった後に電話します。)

例2: We left **when** the concert ended.
(コンサートが終わった時に出発しました。)

例3: **While** I was reading, the phone rang.
(読んでいる間に、電話が鳴りました。)

因果関係を示す接続詞

因果関係を理解することは英語で重要です。**because, since, so** などの接続詞は、なぜ事象が起こるかを表現するのに役立ちます。

例1: I’m tired **because** I stayed up late studying.
(遅くまで勉強したので疲れています。)

例2: I’ll come early, **since** I want to help with the preparations.
(早く来ますので、準備を手伝いたいです。)

例3: It’s cold outside, **so** I’ll wear a jacket.
(外は寒いので、ジャケットを着ます。)

条件を示す接続詞

条件を表現したい場合は、**if, unless, whether** などの条件接続詞が頼りになります。

例1: I’ll go to the party **if** I finish my work on time.
(仕事が時間内に終われば、パーティーに行きます。)

例2: I’ll go out, **unless** it rains.
(雨が降らない限り、外に出かけます。)

例3: Tell me **whether** you prefer tea or coffee.
(お茶かコーヒーか、どちらが好きか教えてください。)

文脈を示す接続詞

時には文脈を設定したり、追加の情報を提供したりする単語が必要です。**Although, even though, while** はそのために使います。

例1: She went to the concert, **although** she wasn’t feeling well.
(彼女は体調が悪かったけども、コンサートに行きました。)

例2: I’ll go, **even though** it’s late.
(遅くなっても、外に出かけるつもりです。)

例3: He smiled, **while** explaining the concept.
(コンセプトを説明している間、彼は微笑んでいました。)

矛盾するアイディアを表す接続詞

対立するアイディアを表現する主要な接続詞は **but, yet, however** です。

例1: He works hard, **but** he still struggles to pay the bills.
(彼は一生懸命働いていますが、請求書の支払いには苦労しています。)

例2: It’s a challenging course, **yet** I find it interesting.
(それは難しいコースですが、私はそれを面白いと思います。)

例3: I want to go out, **however** it’s raining.
(雨が降っていますが、外に出かけるつもりです。)

同じ意見を表現する接続詞

同意したり、情報を追加したりしたい場合は、**and, also, furthermore** を使います。

例1: Learning English is fun, **and** it opens up new opportunities.
(英語の学習は楽しいですし、新しい機会を開きます。)

例2: He is talented, **furthermore** he is hardworking.
(彼は才能がありますし、さらに働き者です。)

例3: The movie is entertaining, **and** it has a great storyline.
(その映画は面白いし、素晴らしいストーリーラインです。)

選択肢を示す接続詞

可能性や代替案をリストアップするためには、**or, either…or** を活用します。

例1: You can choose **either** tea **or** coffee.
(お茶かコーヒー、どちらかを選んでください。)

例2: **Or** you can have both if you like.
(それとも、両方飲んでもいいですよ。)

例3: Let’s meet at 3 pm, **or** we can reschedule for tomorrow.
(3時に会いましょう、もしくは明日に延期しましょう。)

例外的な状況を示す接続詞

例外的な状況を表現するためには、**unless, except, only if** などを使って制限や例外を示します。

例1: You can join us, **unless** you have other plans.
(他に予定がない限り、一緒に参加してください。)

例2: I’ll eat everything, **except** mushrooms.
(キノコ以外は。すべて食べます。)

例3: We’ll go out **only if** the weather is good.
(天気が良い場合にのみ、外出します。)

目的を示す接続詞

目的を表現するのは **so that, in order that, lest** のような接続詞。これらは行動の背後にある理由を明確にするのに役立ちます。

例1: I’ll study hard **so that** I can pass the exam.
(テストに合格できるように、一生懸命勉強します。)

例2: He left early **in order that** he could catch the train.
(列車に乗り遅れないように、早めに出発します。)

例3: Speak softly **lest** you wake up the baby.
(赤ちゃんを起こさないように、静かに話してください。)

英語の接続詞一覧表

協調接続詞 and, but, or, nor, for, so, yetそして、しかし、または、もしくは、なぜなら、だから、しかし(逆接)
従属接続詞because, although, if, while, when, since, until, unlessなぜなら、たとえば、もし、〜する間に、いつ、〜以来、〜まで、〜でない限り
相関接続詞either...or, neither...nor, not only...but alsoどちらか...または、どちらも...ない、〜だけでなく...また〜も
時間接続詞 before, after, while, when前に、後に、〜する間に、いつ
因果関係を示す接続詞because, since, soなぜなら、〜以来、だから
条件接続詞if, unless, whetherもし、〜でない限り、〜かどうか
文脈を示す接続詞although, even though, while〜だけれども、〜であるにもかかわらず、〜する間に
矛盾するアイディアを表す
接続詞
but, yet, howeverしかし、それにもかかわらず、しかしながら
同じ意見を表現する接続詞and, also, furthermoreそして、また、さらに
選択肢を示す接続詞or, either...orまたは、どちらか...または
例外的な状況を示す接続詞unless, except, only if〜でない限り、〜を除いて、ただし
目的を示す接続詞so that, in order that, lest〜するために、〜するために、〜しないように

英語の接続詞に関するよくある質問

Q1: 英語の接続詞とは何ですか?

A1: 英語の接続詞は、文や文章内の異なる部分を結びつけ、関係性や論理的なつながりを作るための言葉です。これらの詞はアイディアを整理し、文章をよりスムーズに読みやすくします。

Q2: 英語の接続詞は何種類ありますか?

A2: 英語の接続詞にはさまざまな種類があり、大まかに分けて三つのカテゴリに分類できます。これらの接続詞を理解し、適切に使用することで、文をより論理的で流れのあるものに仕上げることができます。

協調接続詞 (Coordinating Conjunctions): 文や単語を同等な関係で結ぶ接続詞です。代表的なものには “and”(そして)、”but”(しかし)、”or”(または)などがあります。

従属接続詞 (Subordinating Conjunctions): これらは主節と従属節を結ぶ役割を果たします。”because”(なぜなら)、”although”(たとえば)、”when”(いつ)などがこれに当たります。

相関接続詞 (Correlative Conjunctions): 二つの異なる要素を連結する接続詞対で、”either…or”(どちらか…または)、”neither…nor”(どちらも…ない)、”not only…but also”(〜だけでなく…また〜も)があります。

Q3: 英語で接続詞はどこに置けばいいですか?

A3:英語で接続詞を配置する際には、基本的な原則があります。協調接続詞(and, but, orなど)は独立した文や主張を結ぶため、文と文の間に挿入されます。例えば、「I love coffee, but my friend prefers tea.」のように、それぞれのアイディアの間に挿入されます。一方、従属接続詞(because, althoughなど)は主節と従属節を結ぶため、主節と従属節を分けて使用され、文の順序に気を付ける必要があります。例えば、「Because it was raining, we stayed indoors.」のように従属節が文の前に来ます。文脈や意図により変化があるため、明確で理解しやすい表現を心掛けると良いでしょう。

英語の接続詞を使いこなすことは、文をより論理的にし、スムーズに読ませる秘訣です。これからも積極的に実践して、新しい表現の扉を開いていきましょう!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

英語の早口言葉 ‐ Tongue Twisters ♪
英語字幕を活用した英語学習はメリットだらけ!