Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

英語の規則動詞の覚え方

皆さんこんにちは、日々の英語学習は順調でしょうか?
英語にはたくさんの動詞がありますよね。今回は、英語の基本である「Regular Verbs(規則動詞)」について詳しく見ていきましょう。規則動詞の形成ルールやリスト、例文をわかりやすく紹介していきます!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

そもそも英語の規則動詞とは?

英語の規則動詞とは何でしょうか?
簡単に言うと、規則動詞は特定のパターンに従って過去形や過去分詞形を作る動詞のことです。このパターンに従うことで、動詞の変化形を予測しやすくなります。
ほとんどの場合、「-ed」を付けるだけで過去形や過去分詞形ができちゃいます。例えば、「play」は「played」のように。

でも、すべての動詞がこのルールに従うわけじゃないのがネック。ちょっとした例外もあります。だから、覚えることは多いけど、規則動詞を理解すると英語の文法が少し楽に感じられると思いますよ!

英語の規則動詞の形成ルール

規則動詞を作るルールについてご紹介しましょう。英語の規則動詞は、過去形や過去分詞形を作るときにほとんどが「-ed ( d )」を語尾につけます。例えば、”talk” の過去形は “talked”、”like”の過去形は”liked” などですね。

ただし、一部の動詞は異なるルールを持っています。例えば、”study” の過去形は ”studied” に、”stop” の過去形は ”stopped” になります。
こうした例外もありますが、基本的には「-ed」をつけることで過去形と過去分詞形を作れます。

英語の規則動詞リスト

いくつかの代表的な規則動詞をリストアップしてみましょう。覚えておくと、英語の会話や文章作成で役立つでしょう!

日本語基本形過去形過去分詞形
歩くWalkWalkedWalked
遊ぶPlayPlayedPlayed
欲しいWantWantedWanted
話すTalkTalkedTalked
助けるHelpHelpedHelped
呼ぶCallCalledCalled
微笑むSmileSmiledSmiled
運ぶCarryCarriedCarried
適用するApplyAppliedApplied
覚えるRememberRememberedRemembered
愛するLoveLovedLoved
聞くListenListenedListened
踊るDanceDancedDanced
落ちるDropDroppedDropped
計画するPlanPlannedPlanned

英語の規則動詞の例文

英語の規則動詞は、日常的なコミュニケーションに必要な基本です。肯定文、否定文、疑問文の例を踏まえて、しっかり押さえておきましょう!

肯定文:
I walk to school every morning.(私は毎朝学校へ歩いて行きます。)
She plays the guitar beautifully.(彼女は美しくギターを弾きます。)

They worked hard on that project last month.(彼らは先月そのプロジェクトに一生懸命取り組みました。)
He visited his grandparents last weekend.(彼は先週末、祖父母の家を訪れました。)

We are studying English grammar now.(私たちは今英文法を勉強しています。)
They are playing basketball in the park.(彼らは公園でバスケットボールをしています。)

否定文:
She does not walk to work.(彼女は仕事へ歩いて行きません。)
They do not play video games on weekdays.(彼らは平日にビデオゲームをしません。)

I did not finish my homework yesterday.(私は昨日宿題を終えませんでした。)
He did not call me last night.(彼は昨夜、私に電話しませんでした。)

She is not studying French at the moment.(彼女は今、フランス語を勉強していません。)
They are not working on that project right now.(彼らは今、そのプロジェクトに取り組んでいません。)

疑問文:
Do you walk to school every day?(毎日学校へ歩いて行きますか?)
Does she play the piano on weekends?(彼女は週末にピアノを弾きますか?)

Did they finish the project on time?(彼らはプロジェクトを時間通りに終えましたか?)
Where did you go on your last vacation?(前回の休暇はどこへ行きましたか?)

Are they studying for the test right now?(彼らは今、試験勉強をしていますか?)
What are you doing this weekend?(今週末は何をしていますか?)

英語の規則動詞に関するよくある質問

Q1: 規則動詞と不規則動詞を見分ける方法は?

A1: 規則動詞と不規則動詞を見分けるのは少しトリッキーですが、基本的なポイントを押さえると見分けやすくなります。規則動詞は、過去形や過去分詞形を作る際に一定のルールに従い、通常、語尾に「-ed」を付けることで変化します。

一方、不規則動詞は独自の変化形を持ちます。これらの動詞は規則に従わず、単語ごとに過去形や過去分詞形が異なります。例えば、「go」は過去形が「went」、過去分詞形が「gone」です。

見分け方として、規則動詞は一般的な変化パターンに従うので、語尾の「-ed」をチェックすると良いです。しかし、不規則動詞はそれぞれ独自の形を持つため、は覚える必要があります。規則動詞と不規則動詞のリストを見比べたり、使い方を実際に試してみることで、徐々に区別できるようになるでしょう。

Q2: 規則動詞の中で間違いやすい単語を知っておきたい!

A2: 以下の単語は見た目や発音が似ているため、誤って規則動詞として扱いがちです。しかし、過去形や過去分詞形は規則に従って「-ed」を付ける必要があるので、気を付けてくださいね!

Stop
間違いやすい点: 過去形や過去分詞形は「stopped」です。「stoped」ではなく注意が必要で
す。

Plan
間違いやすい点: 過去形や過去分詞形は「planned」です。「planed」ではありません。

Travel
間違いやすい点: 過去形や過去分詞形は「travelled」(イギリス英語)または「traveled」(アメリカ英語)です。「travalled」などにならないように注意してください。

Carry
間違いやすい点: 過去形や過去分詞形は「carried」です。「carryed」ではありません。

Admire
間違いやすい点: 過去形や過去分詞形は「admired」です。「admired」は一般的な規則動詞の例ですが、不規則動詞に見えがちです。

規則動詞の学習は、英語の基礎を固める大切なステップです。
最初は覚えることが多く感じられるかもしれませんが、例文を通じて実際の使い方を覚えることで自然に身についていきます。規則動詞は英語の文法を理解するための土台となり、コミュニケーション能力の向上にも繋がりますので、しっかり押さえておきましょう!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

インスタグラムで見る英語の世界
短編小説で英語力をレベルアップ!