Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

英語の限定詞って何だっけ? その種類と意味をわかりやすく解説!

皆さん、こんにちは!今回は、英語の基本的な文法ポイントである「限定詞」に焦点を当ててみましょう。名詞を特定化し、限定するために不可欠なこれらの小さな言葉は、英会話の中でも大きな役割を果たしています。それでは、どのように使われ、どんな役割を果たすのか、一緒に探っていきましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

限定詞とは?

冠詞(Articles):
“a”と”an”:どちらも特定できない名詞を表し、「a」は子音で始まる単語の前に、「an」は母音で始まる単語の前に使用されます。
“the”:特定の名詞を示し、既知のものや特定のものを指すときに使用されます。

指示代名詞(Demonstratives):
“this”と”these”:近くにある名詞を指すときに使用されます。
“that”と”those”:遠くにある名詞を指すときに使用されます。

数量詞(Quantifiers):
“some”と”any”:ある量や程度を示し、肯定文では”some”、否定文や疑問文では”any”が使用されます。
“many”と”few”:多数や少数を示し、「many」は肯定的な意味、「few」は否定的な意味を持ちます。
“several”:いくつかを示し、量や数量を不特定に示すときに使用されます。

比較級と最上級(Comparatives and Superlatives):
“more”と”most”:比較級と最上級を示すために使用されます。

所有格限定詞(Possessive Determiners):
“my”、”your”、”his”、”her”、”its”、”our”、”their”:それぞれ「私の」「あなたの」「彼の」「彼女の」「それの」「私たちの」「彼らの」などを示します。

冠詞(Articles)

“a”

I saw a cat in the garden.(庭で猫を見ました。)
She bought a new dress yesterday.(彼女は昨日新しいドレスを買いました。)
He wants to be a doctor when he grows up.(大きくなったら医者になりたいと思っています。)

“an”

She wants to eat an apple for a snack.(彼女はおやつにリンゴを食べたいです。)
I saw an interesting movie last night.(昨夜、面白い映画を見ました。)
He is an honest person.(彼は正直な人です。)

“the”

Please pass me the book on the table.(テーブルの上の本を取ってください。)
I visited the Eiffel Tower when I was in Paris.(パリにいたときにエッフェル塔を訪れました。)
Can you close the door behind you?(後ろのドアを閉めてもらえますか?)

指示代名詞(Demonstratives)

“this”

I really like this song; it’s so catchy!(この歌が本当に好きです。キャッチーですね!)
Can you pass me this book on the table?(テーブルの上のこの本を取ってくれますか?)
I don’t understand this concept in the textbook.(教科書の中のこの概念が理解できません。)

“these”

I bought some flowers, and I love these pink ones.(花をいくつか買いました。これらのピンクの花が大好きです。)
Please review these documents before the meeting.(会議前にこれらの文書を確認してください。)
Do you want these cookies or those over there?(これらのクッキーが欲しいですか、それともあちらのですか?)

“that”

Look at that beautiful sunset; it’s breathtaking.(あの美しい夕焼けを見てください。息をのむほどです。)
Can you hand me that pen on your desk?(机の上のペンを取ってもらえますか?)
I can’t believe that happened yesterday.(昨日それが起こったことを信じられません。)

“those”

I need to return those books to the library.(それらの本を図書館に返さなければなりません。)
Who are those people standing by the door?(ドアのそばに立っているあの人たちは誰ですか?)
She pointed to the mountains and said, “I want to climb those.”(彼女は山を指差して「あれを登りたい」と言いました。)

数量詞(Quantifiers)

“some”

I need to buy some groceries after work.(仕事の後にいくつかの食料品を買わなければなりません。)
Can I have some water, please?(水をもらってもいいですか?)
There are still some cookies left in the jar.(瓶にはまだいくつかのクッキーが残っています。)

“any”

Do you have any plans for the weekend?(週末の予定はありますか?)
I don’t have any cash on me right now.(今、私は現金を持っていません。)
Is there any milk in the refrigerator?(冷蔵庫にミルクはありますか?)

“many”

There are so many books on the shelves; it’s overwhelming!(棚にはたくさんの本があります。圧倒されますね!)
How many people attended the conference?(会議には何人の人が参加しましたか?)
She has visited so many countries in her lifetime.(彼女は生涯でたくさんの国を訪れています。)

“few”

I have only a few friends who enjoy hiking.(ハイキングが好きな友達はわずかです。)
We need to make a decision in the next few days.(次の数日で決断しなければなりません。)
I’ll be back in a few minutes.(数分後に戻ります。)

“several”

I bought several new shirts for the summer.(夏用にいくつか新しいシャツを買いました。)
We discussed the issue with several team members.(いくつかのチームメンバーとその問題を議論しました。)
There are several options for you to choose from.(選択肢がいくつかあります。)

比較級と最上級(Comparatives and Superlatives)

“more”

The weather today is more pleasant than yesterday.(今日の天気は昨日よりも良いです。)
She is becoming more skilled at playing the piano with each practice.(彼女は練習ごとにピアノが上手になっています。)
This novel is more interesting than the one I read last week.(この小説は先週読んだものよりも面白いです。)

“most”

Mount Everest is the most challenging peak to climb in the world.(エベレストは世界で最も難しい峰の一つです。)
After years of experience, she is considered the most knowledgeable in her field.(経験を積んだ彼女は、その分野で最も知識が豊富とされています。)
The Grand Canyon is one of the most breathtaking natural wonders.(グランドキャニオンは最も息をのむ自然の驚異の一つです。)

英語の限定詞に関するよくある質問

Q1: ‘a’と’an’の違いは何ですか?

A1: ‘a’と’an’の違いは、主に後に続く名詞の最初の音に由来します。 ‘a’は子音の音で始まる単語の前に使用され、’an’は母音の音で始まる単語の前に使用されます。例えば:

‘a book’ – ‘b’という子音の音で始まるため、’a’を使用します。
‘an apple’ – ‘a’という母音の音で始まるため、’an’を使用します。

この規則は単語の綴りよりも発音を基準にしているため、注意が必要です。英語では発音が重要であり、この規則を理解すると、’a’と’an’を正しく使用できます。

Q2: ‘this’, ‘that’, ‘these’, ‘those’はいつどのように使いますか?

A2: ‘this’, ‘that’, ‘these’, および ‘those’の使用は主に対象との距離に基づいて決定されます。

‘this’(これ):近くにある単数の名詞を指すときに使用します。
例)this book, this person

‘that’(それ):遠くにある単数の名詞を指すときに使用します。
例)that mountain, that house

‘these’(これら):近くにある複数の名詞を指すときに使用します。
例)these books, these people

‘those’(それら):遠くにある複数の名詞を指すときに使用します。
例)those mountains, those houses

これらの指示代名詞は文脈と対象の相対的な距離を示し、明確な意図の伝達を助けます。明確な対象を指す際に、これらの指示代名詞を正しく選択することが重要です。

Q3: ‘some’と’any’の違いは何ですか?

A3: ‘some’と’any’の違いを簡単に説明すると…

‘Some’(いくつか、何か):’some’は肯定的な文や質問で使用されます。物の一部、ある量、または何かの存在を示すために使います。

There are some apples on the table.
Do you need some help?

‘any’(どの、どれも):’any’は否定的な文や疑問文で使用され、何かの存在を尋ねたり否定的な状況でどれもを示します。

Do you have any questions?
They didn’t have any experience.

‘some’は肯定的な文脈で使用され、’any’は否定的な文脈や疑問文で使用されます。これらの単語はどちらも何かの量や程度を示すために使用されますが、文の感情や文脈によって選択されます。

ぜひこちらの動画もチェックしてみてくださいね!

今回の記事で、限定詞の使い方について学びましたね!これらの小さな言葉が文の中で果たす役割は非常に重要で、正確に使うことで会話がよりスムーズになります。
是非、今日学んだことを日常で実践してみてくださいね。Happy learning!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

友情を表すさまざまな英語表現を学ぼう!
英語の早口言葉 ‐ Tongue Twisters ♪