Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

LikeとDislikの使い方をマスターしよう

皆さんこんにちは!今日は、「Like(好き)」と「Dislike(嫌い)」の使い方について見ていきましょう!名詞や動詞と組み合わせた具体的な例文を通じて、日常会話で自然に使える表現を解説しています。これらの単語は日常会話でとても重要な表現ですよ。
それでは早速、実際の例文と共に使い方を一緒にチェックしていきましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

名詞と一緒に「Like」を使う

英語では、「like」を名詞と一緒に使って、物やものごとを好きだと表現します。例えば、「I like sushi.」のように、特定の食べ物やものごとに対する肯定的な感情を述べることができますね。

このパターンを使って、日常生活で好きなものや活動を伝える際に役立ちます。例文を通じて、具体的な名詞を使って『Like』をどのように表現するかを理解しましょう!

I like sushi. (私は寿司が好きです。)
They like movies. (彼らは映画が好きです。)
She likes reading books. (彼女は本を読むことが好きです。)
He likes his new car. (彼は新しい車が気に入っています。)
We like the beach. (私たちはビーチが好きです。)

動詞と一緒に「Like」を使う

もちろん動詞と組み合わせるケースもありますよ。これは英語で特定の行動や活動に対する好みや興味を伝える方法です。この形を使うことで、自分が何を楽しんでいるか、何に興味を持っているかを相手に伝えることができます。

動詞と「Like」を組み合わせた具体的な例文を通じて、さまざまな活動や行動に対する自分の感情を表現する方法を見ていきましょう。日常的な興味や趣味を話す際に便利な表現ですので、しっかりと理解して使えるようにしましょうね!

I like dancing. (踊ることが好きです。)
They like playing soccer. (彼らはサッカーをするのが好きです。)
She likes singing in the shower. (彼女はシャワーの中で歌うのが好きです。)
He likes to cook. (彼は料理するのが好きです。)
We like hiking on weekends. (私たちは週末にハイキングするのが好きです。)

「Like」を使ったフレーズ

「like」に関連するフレーズも覚えましょう!「Like」に関連するフレーズは、好みや興味を表現する際に幅広く使われます。このセクションでは、単純な「I like」という表現を拡張し、より豊かな表現を見ていきましょう。

例えば、「I really like..」や「like … a lot.」などのフレーズを使って、自分の好みをより具体的に表現できるんです。
これらのフレーズは、会話や文章で自分の感情を豊かに表現したり、相手と共感を深めたりするのに役立ちます。それぞれのフレーズのニュアンスや使い方を理解することで、より自然な表現が可能になり、英語でのコミュニケーションがより豊かなものになるでしょう!

I really like chocolate ice cream. (私は本当にチョコレートアイスクリームが好きです。)
They like it a lot. (彼らはそれをとても好きです。)
She doesn’t like it at all. (彼女は全く好きではありません。)
He likes everything about that movie. (彼はその映画の全てが好きです。)
We really like spending time together. (私たちは一緒に過ごすことが本当に好きです。)

名詞と一緒に「Dislike」を使う

一方、「Dislike」は何かを嫌いなことを表します。これは特定の物や状況に対する嫌悪や不快感を表現方法で、特定の名詞を使って自分の嫌いなものや嫌な状況を述べることができるんです。

この形を使うことで、日常生活で嫌いなものや避けたいものについて他人に伝えることができます。名詞と「Dislike」を組み合わせた具体的な例文を通じて、自分の嫌悪感や不快感を表現する方法を学びましょう。日常生活で避けたいものや嫌な状況を伝える際に役立つ表現なので、使い方を理解して上手に使えるようにしましょうね!

I dislike traffic jams. (私は交通渋滞が嫌いです。)
They dislike spicy food. (彼らは辛い食べ物が嫌いです。)
She dislikes early mornings. (彼女は早起きが嫌いです。)
He dislikes horror movies. (彼はホラー映画が嫌いです。)
We dislike crowded places. (私たちは混んだ場所が嫌いです。)

動詞と一緒に「Dislike」を使う

これは特定の行動や活動に対する嫌悪感や不快感を表現する方法です。この形を使うことで、自分が避けたい行動や他人が嫌がることについて語ることができます。

動詞と「Dislike」を組み合わせた具体的な例文を通じて、さまざまな行動や活動に対する嫌悪感を表現する方法を見ていきましょう。
日常生活で避けたいことや嫌なことについて自然に伝える際に役立つ表現なので、しっかりと理解して使いこなせるようにしましょうね!

I dislike running. (私は走ることが嫌いです。)
They dislike cleaning the house. (彼らは家の掃除が嫌いです。)
She dislikes waking up early. (彼女は早起きすることが嫌いです。)
He dislikes waiting in lines. (彼は列に並ぶことが嫌いです。)
We dislike arguing with each other. (私たちは争うことが嫌いです。)

「Dislike」を使ったフレーズ

「Dislike」に関連するフレーズは、自分の嫌悪感や不快感をより具体的に表現する際に使われます。例えば、「I really dislike …」や「They strongly dislike …」のように、嫌いなものや嫌な状況について強く表現する方法があります。

これらのフレーズは、自分の感情をより強く表現し、他人と共感を深めたり、避けたいものをより具体的に伝えたりするのに役立ちますよ。それぞれのフレーズのニュアンスや使い方を理解し、日常生活でのコミュニケーションで上手に使えるようにしましょう!

I really dislike public speaking. (私は本当に公の場で話すことが嫌いです。)
They strongly dislike rude behavior. (彼らは失礼な行動が大嫌いです。)
She doesn’t dislike it that much. (彼女はそれをそんなに嫌いではありません。)
He strongly dislikes being late. (彼は遅れることが大嫌いです。)
We really dislike conflicts. (私たちは紛争が本当に嫌いです。)

「Like」と「Dislik」に関するよくある質問

Q1: ”Dislike” と ”Don’t like”の違いは何ですか?

A1: “Dislike”と”Don’t like”は似ているようで異なる意味を持っています。まず、「Dislike」は強い嫌悪感や不快感を表し、特定のものや状況に対する本当に嫌いな気持ちを示します。「Don’t like」は、単純に好きでないという意味で、あまり強くない嫌悪感を表現します。

例えば、「I dislike horror movies.」は、ホラー映画が本当に嫌いなことを示しています。一方、「I don’t like horror movies.」は、ホラー映画が特に好きではないけれど、強い嫌悪感を持っていないことを表しています。

使い分ける際は、感情の強弱や程度を考慮すると良いでしょう。場合によっては、より強い嫌悪感を表現したいときに「Dislike」を使い、そうでない場合には「Don’t like」を選ぶと自然な表現になります。どちらも似ていますが微妙なニュアンスの違いがあるので、使い分ける際にその違いを意識してみてくださいね。

Q2: ”Like”と”Dislik” は公式な場面で使用できますか?

A2: 「Like」と「Dislike」は、公式な場面でも使える言葉ですが、使い方には注意が必要です。例えば、フォーマルなレポートや公式の文書では、「prefer」や「have a preference for」といったよりフォーマルな表現を選ぶことが一般的です。

ただし、会話や一般的なビジネスシーンでは、「Like」と「Dislike」を使っても問題ありません。ただし、相手の感情や状況に敏感になることが大切です。例えば、他人の意見を尊重するために、「Dislike」の代わりに「not a fan of」と言ったり、より穏やかな表現を使うこともあります。

大事なのは、状況や相手に適した表現を選ぶことです。公式な場面では、よりフォーマルな言葉を使うことが一般的ですが、カジュアルな会話や友人との会話では、普段の言葉遣いで問題ありません。柔軟性を持って、状況に合った表現を選ぶことがコミュニケーションを円滑にするコツです。

これらの表現をマスターすると、自分の好みや嫌いなものを自然に表現できるようになるでしょう。ただし、フォーマルな文書では適切な表現を選ぶことが大切です。それでも、カジュアルな会話や一般的なビジネスシーンでは、LikeとDislikeを使っても問題ありません。相手の感情や状況に合わせて柔軟に表現を選びましょう。
今度英語で会話するとき、これらのフレーズを活用して、自分の気持ちを自然に伝えてみてくださいね!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

面白い英語フレーズを楽しもう!
英語の肯定文をマスターしよう!