Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

WasとWereを使いこなそう!

皆さんこんにちは!今日は「Was」と「Were」についてお話ししましょう。
これらの単語は英語で過去の状態や出来事を表すときに使います。「Was」と「Were」の使い方を理解すると、過去の出来事や状況を自然に表現できるようにななります。単数形と複数形の代名詞に応じて使い分けて、肯定文、否定文、疑問文を作れるようにしてみましょう。それではどう使い分けるのか、一緒に見ていきましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

WasとWereの違いは何ですか?

「Was」と「Were」は英語の過去形で、両方とも「~だった」「~でした」という意味を持ちますが、使い分けがあります。基本的には、単数形の主語には”Was”を、複数形の主語には”Were”を使います。

“I was”(私は~だった)は単数形の主語「I」に対して使われます。一方で、”They were”(彼らは~だった)や”You were”(あなたは~だった)などは複数形の主語に対して使います。このように、「Was」と「Were」は主語によって使い分けます。

例えば、「I was happy yesterday」(昨日は私は幸せだった)、”They were at the park”(彼らは公園にいました)のように使います。

WasとWereの単数形と複数形の代名詞

“Was”は、”I”(私)、”He”(彼)、”She”(彼女)、”It”(それ)など、単数形の代名詞に対して使います。
これに対して、”Were”は”You”(あなた)、”We”(私たち)、”They”(彼ら)など、複数形の代名詞に対して使われます。

肯定文でのWasとWereの使い方

肯定文では、”Was”と”Were”は過去の状態や出来事を述べる際に使われます。
例えば…
I was happy yesterday.(昨日は私は幸せだった。)
She was a doctor last year.(彼女は去年医者でした。)
He was at home an hour ago.(彼は1時間前に家にいました。)
They were excited about the trip.(彼らはその旅行に興奮していました。)
It was a sunny day.(その日は晴れた日でした。)

否定文でのWasとWereの使い方

否定文では、”Was not”(略して”Wasn’t”)や”Were not”(略して”Weren’t”)を使います。
例えば…
She wasn’t at home.(彼女は家にいませんでした。)
They weren’t happy with the result.(彼らはその結果に満足していませんでした。)
It wasn’t difficult.(それは難しくありませんでした。)
He wasn’t late for the meeting.(彼は会議に遅れませんでした。)
I wasn’t sure about the answer.(私はその答えに自信がありませんでした。)

疑問文でのWasとWereの使い方

疑問文では、文の最初に”Was”や”Were”を置いて、状態や出来事を問います。
例えば…
Was she at the party?(彼女はパーティーにいましたか?)
Were they in the class?(彼らはクラスにいましたか?)
Was it difficult?(それは難しかったですか?)
Were you there yesterday?(あなたは昨日そこにいましたか?)
Was he happy with the gift?(彼はそのプレゼントに喜んでいましたか?)

WasとWereを使用した会話表現

以下の表現は、日常の会話やコミュニケーションでよく使われます。使ってみて、自然な英語表現に慣れていきましょう!

I was wondering…” (ちょっと思っていたんだけど…)
例: “I was wondering if you could help me with my homework.”
(ちょっと思っていたんだけど、宿題を手伝ってくれるかな?)

“You were right!” (あなたが正しかった!)
例: “I thought I was lost, but you were right about the directions.”
(私は迷子になったと思ったけど、あなたが教えてくれた方向は正しかったよ!)

“Where were we?” (私たちはどこまで話をしていたっけ?)
例: “Sorry, I got distracted. Where were we in our discussion?”
(ごめん、気を取られちゃって。私たちは議論のどこまで話していたっけ?)

“I was just about to…” (ちょうど~しようとしていたところだった)
例: “I was just about to call you when you texted me.”
(ちょうどあなたに電話しようとしていたんだよ、あなたがメッセージをくれた時に。)

“They were supposed to…” (彼らは~するはずだった)
例: “They were supposed to arrive by noon, but there’s a delay.”
(彼らは正午までに到着するはずだったけど、遅れているようです。)

“I wish I were…” (~であれば良かったのにな)
例: “I wish I were on vacation right now.”
(今、休暇中であれば良かったのにな。)

“We were going to…” (私たちは~するつもりだった)
例: “We were going to watch a movie, but it got too late.”
(私たちは映画を見るつもりだったんだけど、時間が遅くなりすぎた。)

“You were saying?” (何か言おうとしていたよね?)
例: “Sorry, I got interrupted. You were saying about the plan?”
(ごめん、邪魔されちゃったんだけど、計画について何か言おうとしてたよね?)

“They were all…” (彼らはみんな~だった)
例: “They were all excited about the concert.”
(彼らはみんなそのコンサートにワクワクしていたんだよ。)

“I thought it was…” (私は~だと思っていた)
例: “I thought it was your birthday today, but I was mistaken.”
(私は今日があなたの誕生日だと思ってたんだけど、勘違いだったみたい。)

FAQ: 「Was」と「Were」の使い方に関するよくある質問

Q1: “I was”と、”I were”の使い分けはどうすれば良いですか?

A1: “I were”は通常、単数形の主語(例えば”I”や”He”、”She”、”It”)に対して適切ではありません。通常、過去形の”were”は複数形の主語(”you”, “we”, “they”)に対して使用されます。

しかし、英語の一部の条件法(仮定法)において、”were”が単数形の主語と共に使われることがあります。これは仮定法過去(subjunctive mood)と呼ばれ、仮定や願望を表す際に使用されます。

例えば、仮定法過去で「もし~だったら」という意味を表現する場合に、”I were”が使われます。

“If I were rich, I would travel the world.”(もし私がお金持ちだったら、世界中を旅するのに)
ここでの”I were”は、実際にはお金持ちではないが、仮定や願望を表しています。このような特定の文脈や表現において、”I were”が用いられることがありますが、通常の過去形としては、”I was”が正しい形です。

Q2: WasとWereを使った有名な曲はありますか?

A2: WasとWereをタイトルに含む有名な曲の一部をご紹介しましょう!
“If I Were a Boy” by Beyoncé
この曲は、もし女性が男性の立場に立ったらどうなるかを歌った曲です。

“We Were Us” by Keith Urban and Miranda Lambert
Keith UrbanとMiranda Lambertによるこの曲は、二人が共に過ごした時の思い出を歌ったものです。

“I Was Made for Loving You” by Kiss
Kissのこの曲は、愛する相手が待っていることを感じる時について歌われています。

“If I Were You” by Hoobastank
この曲は、失われた愛と後悔について歌ったものです。

“We Were Young” by Petit Biscuit
Petit Biscuitによるこの曲は、若かった頃の思い出や感情について歌ったものです。

英語の「Was」と「Were」は、使い分けがポイントですが、実際に日常で使ってみることで自然に身につきます。日常会話で使えるフレーズも覚えて、自分の表現力を広げてみてくださいね。練習を重ねて、自信を持って「Was」と「Were」を使えるようになりましょう!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

英語で世界の多様性を感じよう!
インスタグラムで見る英語の世界