Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

英語の時間表現|〇時〇分の伝え方を解説!

こんにちは!英語で時刻を伝える方法について、興味深いお話をご紹介します。英語圏で使われる独特な表現や便利なフレーズを身につけることで、あなたの英会話スキルがワンランクアップするかもしれません。さあ、一緒に時計の針を追いかけながら、英語で時刻を鮮やかに伝える方法を探ってみましょう。この記事を読めば、時間を正確に表現するだけでなく、面白い英会話のツボも掴むことができますよ!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

O’clockの表現

「o’clock」は、英語で時間を表現する際に使われる特別な表現方法です。この表現は主に正確な時刻を伝える際に使用されます。例えば、「9時」を表現する場合、”9 o’clock”と言います。また、午前中や午後の時間を指す際にもよく使われます。例えば、「午後3時」は”3 o’clock in the afternoon”となります。このように、「o’clock」は時間を明確に指し示すための便利な表現です。

30分前後の表現

30分前後の時間を表現する際には、以下の表現方法が一般的です。

1. “半”を使う表現:
– 例: “9時半” → “half past nine”
– 例: “2時半” → “half past two”

2. “前”または”後”を使う表現:
– 例: “10時前” → “before ten o’clock”
– 例: “4時後” → “after four o’clock”

3. “過ぎ”を使う表現:
– 例: “11時30分過ぎ” → “after half past eleven”
– 例: “1時半過ぎ” → “after half past one”

これらの表現を使うことで、30分前後の時間を正確に伝えることができます。また、”半”を使う表現は特に一般的で親しみやすいです。さあ、このような表現方法を使って、時間の細かなニュアンスを楽しく表現してみましょう!

15分前後の言い方

15分前後の時間を表現する際には、以下の表現方法が使われます。

1. “クォーター”を使う表現:
– 例: “9時15分” → “quarter past nine”
– 例: “3時45分” → “quarter to four”

2. “前”または”後”を使う表現:
– 例: “10時15分前” → “fifteen minutes before ten o’clock”
– 例: “2時15分” → “fifteen minutes past two o’clock”

3. “過ぎ”を使う表現:
– 例: “11時15分過ぎ” → “after quarter past eleven”
– 例: “1時45分過ぎ” → “after quarter to two”

これらの表現を使って、15分前後の時間を正確に伝えることができます。”クォーター”を使う表現は特に一般的で親しみやすいです。日常会話や時計の読み方で活用してみましょう!

過去の時間表現

過去の時間を表現する際には、以下の表現方法が使われます。

1. “過去の時刻 + 時間単位 + ago”の形式:
– 例: “1時間前” → “an hour ago”
– 例: “3日前” → “three days ago”

2. “過去の時刻 + 時間単位 + before”の形式:
– 例: “10分前” → “ten minutes before”
– 例: “1週間前” → “one week before”

3. “過去の時刻を具体的に表現”:
– 例: “昨日の午後5時” → “yesterday at 5 o’clock in the afternoon”
– 例: “先月の末” → “at the end of last month”

これらの表現方法を使って、過去の時間を表現することができます。”ago”や”before”を用いる方法は一般的で簡潔です。また、具体的な時刻や期間を指す場合は、詳細な表現をすることが重要です。過去の出来事や予定を話す際に、これらの表現を活用してみましょう!

時間を表す

時間を表現する際には、以下の表現方法が使われます。

1. “時間 + 分 + am/pm”の形式:
– 例: “3時15分am” → “3:15 am”
– 例: “9時30分pm” → “9:30 pm”

2. “時間 + 分 + 時”の形式:
– 例: “5時45分” → “5:45”
– 例: “12時20分” → “12:20”

3. “時間 + 分 + o’clock”の形式:
– 例: “2時10分” → “2:10 o’clock”
– 例: “7時30分” → “7:30 o’clock”

これらの表現方法を使って、時間を正確に表現することができます。24時間制や12時間制を適切に使い分けることで、時間の意味を明確に伝えることができます。また、必要に応じて「午前」「午後」を付け加えることもあります。日常会話や予定の調整で、これらの表現を活用してみましょう!

AMとPMの考え方

AMとPMは、時間を午前(AM:ante meridiem)午後(PM:post meridiem)に分けるための表記方法です。午前は午前0時(深夜12時)から午前11時59分までの時間帯を指し、午後は午後12時(正午)から午後11時59分までの時間帯を指します。

午前は夜明けから正午までの時間を表し、午後は正午から夜の時間を表します。AMとPMの表記は主に12時間制の時計表示で使われます。例えば、午前10時は”10:00 AM”と表記され、午後3時は”3:00 PM”と表記されます。

この表記方法を使うことで、時間の正確な区別を行うことができます。ただし、24時間制の時計表示ではAMとPMは使わず、単に0から23までの数字で時間を表します。

注意点として、午前12時(深夜)は”12:00 AM”と表記され、午後12時(正午)は”12:00 PM”と表記されることになります。

英語で時間を尋ねる

英語で時間を尋ねる際には、以下の表現方法が使われます。

1. 「何時ですか?」を尋ねる:
– “What time is it?”
– “What’s the time?”

2. 「今何時ですか?」を尋ねる:
– “What time is it now?”
– “What’s the current time?”

3.「何時になりましたか?」を尋ねる:
– “What time did it become?”
– “What time has it turned?”

これらの表現方法を使って、時間を尋ねることができます。相手に合わせて丁寧な表現や簡潔な表現を選びましょう。また、返答を受ける際には、「It’s…」の形で具体的な時間が伝えられることが一般的です。日常会話や時刻を確認する際に、これらの表現を活用してみましょう!

色んな時計の種類

世界にはさまざまな種類の時計があります。以下にいくつかの代表的な時計の種類を挙げます:

1. アナログ時計(Analog Clock): 伝統的な時計で、針を使って時間を表示します。時針、分針、秒針があり、円盤状の文字盤に数字や目盛りが配置されています。

2. デジタル時計(Digital Clock): 数字やセグメントディスプレイを使って時間を表示する時計です。デジタル時計は、時刻を正確に数字で表示するため、直感的に読み取りやすい特徴があります。

3. ウォールクロック(Wall Clock): 壁に掛ける形状の時計で、一般的にリビングルームやオフィスなどの壁面に取り付けられます。様々なデザインやサイズがあり、室内の装飾としても利用されます。

4. 目覚まし時計(Alarm Clock): 指定した時間にアラームを鳴らす機能を持つ時計です。アラーム時計は寝室で一般的に使用され、起床や予定のリマインダーとして役立ちます。

5. 腕時計(Wristwatch): 腕に巻いて使用する小型の時計で、携帯性に優れています。アナログまたはデジタルの形式で表示され、時計のストラップやバンドもさまざまなスタイルと素材があります。

6. スマートウォッチ(Smartwatch): 伝統的な時計機能に加えて、スマートフォンと連携し、通知、フィットネス追跡、音楽再生などの機能を備えた時計です。タッチスクリーンディスプレイやアプリケーションのインストールも可能です。

これらは一部の例であり、さまざまなデザインや機能を持つ時計が存在します。時計は時間を知るだけでなく、ファッションアクセサリーやライフスタイルの一部としても重要な役割を果たしています。

時間の歴史

時間の概念や計測方法は、人類の歴史とともに進化してきました。以下に時間の歴史の要点をまとめます:

1. 天文時代: 天体観測を通じて時間の概念が発展しました。太陽や月、星の位置や動きを基準にした時間の計測が行われました。

2. 水時計の登場: 古代エジプトや古代中国などで、水を使用した水時計(カンダラ)が開発されました。水の流れを利用して時間を計測する仕組みで、一定の時間の経過を示すために使用されました。

3. 砂時計の使用: 中世ヨーロッパでは、砂時計が広く使用されました。上下につながったガラスの容器に砂が流れる仕組みで、時間を計測するために使用されました。

4.機械時計の発明: 14世紀から15世紀にかけて、機械時計が発明されました。最初は公共の場で使用され、後に携帯型の時計へと進化しました。

5. 振り子時計と精密化: 17世紀に振り子時計が発明され、時計の精度が向上しました。振り子の振動を利用して一定のリズムを作り、正確な時間を計測することが可能になりました。

6. クォーツ時計と原子時計: 20世紀になると、クォーツ時計や原子時計の技術が開発されました。クォーツ時計は電気信号の振動を利用し、高い精度で時間を計測します。原子時計は原子の振動を基準として時間を計測し、非常に正確な時間を提供します。

現代では、原子時計や原子時計を基準とした国際原子時(UTC)が世界の時間の基準となっています。また、携帯電話やコンピュータなどのデバイスも時間を表示し、正確な時刻の管理が行われています。時間の計測や表示技術は、科学と技術の進歩とともに常に進化し続けています。

FAQ

Q: 時間はなぜ60分で1時間なのですか?

A:  時間を60分で1時間とする制度は、古代バビロニア文明に由来しています。バビロニアの数学者たちは、60進法(セクステージシマルシステム)を用いて計算を行っており、その影響で時間も60分で1時間とされました。

Q: GMTとUTCの違いは何ですか?

A: GMT(Greenwich Mean Time)は、かつてグリニッジ天文台の位置を基準にした時間でしたが、現在は国際的な基準時としての地位は失っています。一方、UTC(Coordinated Universal Time)は原子時計を基準にした国際的な時間です。UTCはGMTとほぼ同じと考えられていますが、微小な差異が存在する場合もあります。

Q: 夏時間とは何ですか?

A: 夏時間(デイライトセービングタイム)は、一定期間を通じて時計を1時間進める制度です。目的は、日光をより長く活用し、節約効果や労働効率の向上を図ることです。夏時間の適用地域や実施期間は国や地域によって異なります。

Q: 24時間制と12時間制、どちらが一般的ですか?

A:  24時間制と12時間制のどちらが一般的かは地域によって異なります。アメリカ合衆国やカナダなどでは12時間制が一般的で、午前と午後を示すためにAMとPMを使います。一方、多くのヨーロッパやアジアの国々では24時間制が一般的です。

Q: 時間帯の切り替えはどうやって行われますか?

A: 時間帯の切り替えは、各国や地域の法律や規制に基づいて行われます。一般的には、夏時間の開始日と終了日があらかじめ決められており、時計を1時間進める(夏時間開始)または1時間戻す(夏時間終了)ことで実施されます。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【数字】 英語で数えよう!一覧あり
【言葉】 AからZまで最も使われる英単語とその意味