Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【洋画の有名セリフ】 洋画名作の印象的なセリフ集:超有名作品を紹介 Pt. 1

映画は私たちの人生に魔法をもたらし、感情を揺さぶる名セリフが私たちの心に響くことがあります。この記事では、英語の映画から選りすぐりの名言を紹介します。これらの名言は、その背後に秘められた深い意味や感情に触れることで、英語学習者にとっても魅力的な学習ツールとなることでしょう。さらに、これらの名言がどのように映画のストーリーやキャラクターに結びついているかにも焦点を当て、映画愛好家の心をくすぐる内容となっています。楽しみながら英語の名言を学び、映画の魔法に触れましょう。

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralでは20,000本以上のインターアクティブ動画を使ってボキャブラリーや発音を向上することができます。しかも、学んだ内容を講師とのマンツーマンライブレッスンで復習できます!今すぐEnglishCentralに登録して早速英語学習を始めてみませんか?

Back to the future (バック・トゥ・ザ・フューチャー)

“Roads? Where we’re going, we don’t need roads.” – Dr. Emmett Brown
(道路? 私たちが行くところには道路なんて必要ありません。)

“Great Scott!” – Dr. Emmett Brown
(偉大なスコット!)驚きを示すスラング

“Marty, you’re not thinking fourth dimensionally!” – Dr. Emmett Brown
(マーティ、あなたは四次元的に考えていません!)

“If my calculations are correct, when this baby hits 88 miles per hour, you’re gonna see some serious shit.” – Dr. Emmett Brown
(もし私の計算が正しければ、このベイビーが時速88マイルに達したら、大変なことになるだろう。)

“This is heavy.” – Marty McFly
(これはやばいな。)

“Your future is whatever you make it, so make it a good one.” – Doc Brown
(あなたの未来はあなたが作るものですから、良いものにしてください。)

“I guess you guys aren’t ready for that yet. But your kids are gonna love it.” – Marty McFly
(これは皆さんにはまだ早いと思いますが、あなたの子供たちはこれを気に入るはずです。)

Titanic (タイタニック)

“I’m the king of the world!” – Jack Dawson
(私は世界の王だ!)

“I’ll never let go, Jack. I promise.” – Rose DeWitt Bukater
(私は決して離さないよ、ジャック。 約束します。)

“A woman’s heart is a deep ocean of secrets.” – Old Rose
(女性の心は秘密の深い海です。)

“I figure life’s a gift and I don’t intend on wasting it.” – Jack Dawson
(私は人生は贈り物だと思っています、それを無駄にするつもりはありません。)

“I love waking up in the morning not knowing what’s gonna happen or who I’m gonna meet, where I’m gonna wind up.” – Jack Dawson
(朝起きて、何が起こるか、誰に会うか、どこに行くかわからないのが大好きです。)

“I’d rather be his whore than your wife.” – Rose DeWitt Bukater
(私はあなたの妻よりも彼の売春婦になる方がまだいいです。)

“Winning that ticket, Rose, was the best thing that ever happened to me… it brought me to you.” – Jack Dawson
(ローズ、そのチケットを獲得したことは、私にとってこれまでに起こった最高の出来事でした…それが私をあなたに連れて来ました。)

Léon: The Professional (レオン)

“The rifle is the first weapon you learn how to use, because it lets you keep your distance from the client. The closer you get to being a pro, the closer you can get to the client. The knife, for example, is the last thing you learn.” – Léon
(ライフルは、クライアントから距離を保つことができるため、使い方を学ぶ最初の武器です。 プロに近づくほど、クライアントとの距離も近くなります。 たとえばナイフは最後に習うものです。)

“I take no pleasure in taking life if it’s from a person who doesn’t care about it.” – Léon
(命を無関心な人から奪うのであれば、私は命を奪うことを喜びません。)

“No women, no kids. That’s the rules.” – Léon
(女性も子供もヤらない。それがルールです。)

“The rifle itself has no moral stature, since it has no will of its own. Naturally, it may be used by evil men for evil purposes, but there are more good men than evil, and while the latter cannot be persuaded to the path of righteousness by propaganda, they can certainly be corrected by good men with rifles.” – Léon
(ライフル自体には意志がないため、道徳的資質はありません。 当然のことながら、悪人が悪の目的でそれを利用することもあります。しかし、悪人よりも善人の方が多く、前者はプロパガンダによって正義の道に説得されることはできませんが、ライフルを持った善人によって正されることは確かです。)

“I’m not going to school today.” – Mathilda, “Why not?” – Léon, “Cause I gotta learn stuff that’s important for later.” – Mathilda
(マティルダー今日は学校に行かないよ。
レオンーなぜ行かないの?
マティルダー後で重要になることを学ばないといけないから。)

“- Mathilda: Is life always this hard, or is it just when you’re a kid?
– Léon: Always like this.”

(マティルダー人生はいつもこんなに大変なの?それとも子供の頃だけなの?
レオンーずっとこうよ)

“- Léon: You need some time to grow up a little.
– Mathilda: I finished growing up, Léon. I just get older.
– Léon: For me it’s the opposite. I’m old enough. I need time to grow up.”

(レオンーあなたはもう少し成長するには時間が必要だ。
マティルダー私は成長を終えたよ、レオン。 これからはただ歳を重ねるだけ。
レオンー私の場合はその逆だ。 私はもう十分な年齢であるが、 私には成長する時間が必要だ。)

The Shawshank Redemption (ショーシャンクの空に)

“Get busy living, or get busy dying.” – Andy Dufresne
(生きることに忙しくなるか、死ぬことに忙しくなれ。)

“Hope is a good thing, maybe the best of things, and no good thing ever dies.” – Andy Dufresne
(希望は良いものであり、おそらく最高のものである。良いものは決して死ぬことはありません。)

“These walls are kind of funny. First you hate ‘em, then you get used to ‘em. Enough time passes, you get so you depend on them. That’s institutionalized.” – Ellis Boyd ‘Red’ Redding
(この壁はちょっと面白いですね。 最初はそれらを嫌いますが、その後、慣れます。 十分な時間が経つと、あなたは壁に依存するようになります。 それが制度化されているんです。)

“I have to remind myself that some birds aren’t meant to be caged. Their feathers are just too bright.” – Ellis Boyd ‘Red’ Redding
(鳥の中には檻に入れるべきではない鳥もいるということを自分に言い聞かせなければなりません。 彼らの羽は明るすぎます。)

“Hope is a dangerous thing. Hope can drive a man insane.” – Ellis Boyd ‘Red’ Redding
(希望というのは危険なものだ。 希望は人を狂わせることがある。)

“Redemption? Sure. But in the end, redemption is something that’s delivered, like pizza.” – Warden Samuel Norton
(償還? もちろん。 しかし最終的には、償還はピザのように届けられるものなのです。)

“Salvation lies within.” – Warden Samuel Norton
(救いは内にある。)

Harry Potter (ハリー・ポッター)

“It does not do to dwell on dreams and forget to live.” – Albus Dumbledore
(夢に耽ったり、生きることを忘れてしまうのはよくない。)

“After all this time?” – “Always.” – Severus Snape
(「これほどの時がたってもか」「永久に」)

“Happiness can be found even in the darkest of times if one only remembers to turn on the light.” – Albus Dumbledore
(たとえ暗黒のときであっても幸せは見つけられる。明かりを灯すことを忘れない者にはな)

“It takes a great deal of bravery to stand up to our enemies, but just as much to stand up to our friends.” – Albus Dumbledore
(敵に立ち向かっていくのにも大いなる勇気がいる。しかし、味方の友人に立ち向かっていくのにも同じくらい勇気が必要じゃ)

“It is our choices, Harry, that show what we truly are, far more than our abilities.” – Albus Dumbledore
(ハリー、自分が本当に何者かを示すのは、持っている能力でなく、自分がどのような選択をするかということなんじゃよ)

“Do not pity the dead, Harry. Pity the living, and above all, those who live without love.” – Albus Dumbledore
(死者を哀れむではない、ハリー。生きている者を哀れむのじゃ。とくに愛なくして生きている者たちを)

“We’ve all got both light and dark inside us. What matters is the part we choose to act on. That’s who we really are.” – Sirius Black
(誰もが光と影を持っている。大事なのは自分がどの道を選ぶかだ。それこそが自分というものを決定づける。)

The Devil wears Prada (プラダを着た悪魔)

“You sold your soul to the devil when you put on your first pair of Jimmy Choos.” – Emily
(初めてジミー チュウを履いたとき、あなたは悪魔に魂を売ったのよ。)

“Florals? For spring? Ground-breaking.” – Miranda
(花柄? 春に向けて? 画期的ね。)

“…please bore someone else with your questions.” – Miranda
(あなたの質問を他の人に聞かせて退屈にさせなさい。)

“This… ‘stuff’? Oh, okay. I see, you think this has nothing to do with you.
You… go to your closet, and you select… I don’t know, that lumpy blue sweater for instance, because you’re trying to tell the world that you take yourself too seriously to care about what you put on your back, but what you don’t know is that that sweater is not just blue, it’s not turquoise, it’s not lapis, it’s actually cerulean.
You’re also blithely unaware of the fact that, in 2002, Oscar de la Renta did a collection of cerulean gowns, and then I think it was Yves Saint Laurent, wasn’t it?… who showed cerulean military jackets. And then cerulean quickly showed up in the collections of eight different designers. Then it filtered down through the department stores, and then trickled on down into some tragic casual corner where you, no doubt, fished it out of some clearance bin. However, that blue represents millions of dollars of countless jobs, and it’s sort of comical how you think that you’ve made a choice that exempts you from the fashion industry, when in fact, you’re wearing a sweater that was selected for you by the people in this room… from a pile of ‘stuff.’”
– Miranda
(こんな「モノ」? ああ、分かった。 なるほど、自分には関係ないと思っているんですね。
あなたは…クローゼットに行き、そのゴツゴツした青いセーターを選び…なぜならあなたは自分自身を真剣に考えすぎて、自分の背中に着ているものを気にする必要がないことを世界に伝えようとしているからです。 あなたが知らないのは、そのセーターはただの青ではなく、ターコイズ色でもなく、ラピス色でもなく、実際はセルリアン色だということです。
そして、2002年にオスカー・デ・ラ・レンタがセルリアンのガウンのコレクションを発表したという事実にも、あなたは軽々しく気づいていないでしょう。そして、それはイヴ・サンローランだったと思いますね…セルリアンのミリタリージャケットを披露したのです。 そして、セルリアンはすぐに 8 人の異なるデザイナーのコレクションに登場しました。 それからそれはデパートを通過し、悲劇的なカジュアルコーナーに滴り落ち、そこであなたは間違いなく、セール箱からそれを釣り出したのです。しかし、その青は無数の仕事の数百万ドルを表しており、 実際、あなたが着ているセーターは、この部屋にいる人たちによって…山積みの「モノ」の中からあなたのために選ばれたものであるのに、ファッション業界から自分を免除する選択をしたと思っているのは滑稽です。)

“Fashion is not about utility. An accessory is merely a piece of iconography used to express individual identity.” – Doug
(ファッションは利便性じゃない。アクセサリーはアイデンティティーの象徴だよ)

“Oh, don’t be ridiculous, Andrea. Everybody wants this. Everybody wants to be us.” – Miranda
(ああ、冗談は言わないで、アンドレア。 誰もがこれを望んでいます。 誰もが私たちになりたいと思っています。)

Home Alone (ホーム・アローン)

“You can be too old for a lot of things, but you’re never too old to be afraid.” — Marley
(多くのことをするために年をとりすぎていることはありますが、恐れるには年をとりすぎているということはありません。)

Marv: “He’s a kid. Kids are stupid. I know I was.”
(彼は子供だ。 子供たちは愚かだ。 私もそうだった。)
Harry: “You still are, Marv.”
(マーブ、あなたは今でもそうよ。)

“All the great ones leave their mark. We’re the wet bandits!” — Marv
(偉大な人は皆、足跡を残しています。 我らは濡れ盗賊だ!)

“Keep the change, ya filthy animal.” – Gangster Johnny
(小銭は取っておいてよ、この汚い動物め。)

“You’re what the French call, ‘les incompétents'” – Linnie
(あなたはフランス人で言うところの「無能者」です)

“I made my family disappear.” – Kevin
(僕が家族を消しちゃったんだ。)

“Bless this highly nutritious microwavable macaroni and cheese dinner and the people who sold it on sale. Amen.” – Kevin
(この栄養価の高い電子レンジで調理できるマカロニとチーズのディナーと、それをセールで販売した人々に祝福を。 アーメン。)

FAQ

Q1: 英語を勉強するためのおすすめの洋画を教えてください。

A1: 英語を勉強するためのおすすめの洋画は、「Forrest Gump」「The Social Network」「Finding Nemo」「The King’s Speech」「Friends」(TV Show)、などです。

Q2: 洋画で英語を勉強できますか?

A2: 洋画を観ることで、自然な日常会話や発音、表現を学び、リスニングスキルを向上させることができます。字幕を使いながら視聴し、会話や表現をメモし、反復して練習することが効果的です。

Q3: 洋画のセリフは実際日常で使えますか?

A3: 洋画のセリフは一部が日常で使えますが、一般的な会話に合わせる必要があります。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【色】 カラーネーム一覧:英語での色の名前と意味
【洋画の有名セリフ】 洋画名作の印象的なセリフ集:超有名作品を紹介 Pt. 2