Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

レストランで使える英語表現をマスターしよう!

皆さん、こんにちは!レストランで英語を使うのはちょっと緊張することがありますよね。今回はレストランで使われる英会話を紹介します。新しい言葉やフレーズを学んで、リラックスしながら自信を持って注文をする準備をしましょう!

レストランを予約する

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

レストランで使われる一般的な英単語

Reservation(予約): An arrangement made in advance to have a table available at a restaurant.
(レストランでテーブルを確保するために事前に行う手配。)

Menu(メニュー): A list of food and drinks available at a restaurant.
(レストランで提供される食べ物や飲み物の一覧。)

Server(サーバー): Another term for a waiter or waitress.
(ウェイターやウェイトレスの別の言い方。)

Specials(スペシャル): Dishes that are not on the regular menu and are offered for a limited time.
(通常のメニューに載っていない期間限定の料理。)

Side Dish(サイドディッシュ): A smaller dish served alongside the main course.
(メインディッシュに添えられる小さな料理。)

Beverage(飲み物): Any type of drink, including water, soda, coffee, tea, and alcoholic drinks.
(水、ソーダ、コーヒー、紅茶、アルコール飲料などの飲み物。)

Cuisine(料理): A style or method of cooking, especially as characteristic of a particular country or region.
(特定の国や地域の料理のスタイルや調理法。)

Dessert(デザート): A sweet course typically served at the end of a meal.
(食事の終わりに通常提供される甘い料理。)

Takeout(テイクアウト): Food that is ordered and taken out of the restaurant to be eaten elsewhere.
(レストランで注文して持ち帰る食べ物。)

Allergy(アレルギー): A condition in which a person’s immune system reacts negatively to a specific food ingredient.
(特定の食品成分に対して免疫系が過敏に反応する状態。)

Tip(チップ):An extra amount of money given to the waiter as thanks for good service.
(チップ。良いサービスへの感謝としてウェイターに追加で支払われる金額。)

レストランで使われる英語フレーズ

“Can I see the menu, please?”(メニューを見せていただけますか?)
顧客が最初にメニューを見たいときに使います。

“What are today’s specials?”(今日のスペシャルは何ですか?)
特別料理について尋ねるときに使います。

“I’d like to make a reservation for two at 7 PM.”(午後7時に2名の予約をしたいのですが。)
事前にテーブルを予約する際に使います。

“Could you recommend a good wine?”(おすすめのワインはありますか?)
ワインのおすすめを尋ねるときに使います。

“I’ll have the steak, medium rare.”(ステーキのミディアムレアをお願いします。)
ステーキの焼き加減を指定して注文するときに使います。

“Could we get some more water, please?”(お水をもう少しいただけますか?)
水を追加でお願いするときに使います。

“Is there a vegetarian option?”(ベジタリアン向けの料理はありますか?)
ベジタリアンのオプションを尋ねるときに使います。

“Could we have the check, please?”(お会計をお願いします。)
支払いをしたいときに使います。

“This dish is too spicy. Could I get something else?”(この料理は辛すぎます。他のものに変えていただけますか?)
料理に問題があるときに使います。

“Do you have any dairy-free desserts?”(乳製品を使っていないデザートはありますか?)
乳製品を避けたいときにデザートについて尋ねる際に使います。

食事シーンでのやり取りの例

1. 料理の注文(Ordering Food)

– 顧客: “I’d like to order the spaghetti carbonara, please.”
– ウェイター: “Certainly, would you like anything to drink with that?”

(お願いします、カルボナーラ・スパゲッティを注文したいです。)
(もちろんです、それに飲み物はいかがですか?)

2. おすすめを尋ねる(Asking for Recommendations)

– 顧客: “What do you recommend for dessert?”
– ウェイター: “Our homemade cheesecake is quite popular. Would you like to try that?”

(デザートは何がおすすめですか?)
(当店自慢のチーズケーキが人気ですよ。それを試してみますか?)

3. 手伝いを求める(Requesting Assistance)

– 顧客: “Excuse me, could we have some more napkins, please?”
– ウェイター: “Of course, I’ll bring them right away.”

(すみません、もう少しナプキンをいただけますか?)
(もちろんです、すぐお持ちします。)

素敵なレストランに彼氏彼女を誘ってみよう!

デートで英語を使うのは、特に緊張するシチュエーションですよね。予約から退店までの一連の流れを英語でスムーズに進めるための具体的な会話例を見てみましょう!

John: Hi, I’d like to make a reservation for two at 7 PM this Friday.
(こんにちは、今週金曜日の午後7時に2名の予約をしたいのですが。)

Restaurant Host: Certainly, may I have your name, please?
(もちろんです。お名前を伺ってもよろしいですか?)

John: It’s John Smith. (ジョン・スミスです。)

Restaurant Host: Thank you, Mr. Smith. Your reservation is confirmed.
(ありがとうございます、スミス様。ご予約が確定しました。)

John: Hi Emily, do you have any plans this Friday evening?
(こんにちはエミリー、今週金曜日の夜に予定はありますか?)

Emily: Hi John, I don’t think I have any plans. Why do you ask?
(こんにちはジョン、特に予定はないわ。どうして?)

John: I made a reservation at a nice restaurant. Would you like to join me for dinner?
(素敵なレストランの予約をしたんだ。一緒にディナーに行かない?)

Emily: That sounds wonderful! I’d love to.
(素敵ね!ぜひ行きたいわ。)

John: I’m thinking of wearing a blazer and nice jeans. What do you think?
(ブレザーと素敵なジーンズを着ようと思っているんだけど、どう思う?)

Emily: That sounds perfect. I’m planning to wear a dress.
(完璧だと思うわ。私はドレスを着るつもりよ。)

John: Hi Emily, I’m here at the station. Where are you?
(こんにちはエミリー、駅に着いたよ。君はどこにいる?)

Emily: Hi John, I’m just getting off the train. I’ll be there in a minute.
(こんにちはジョン、ちょうど電車を降りたところよ。すぐに行くわ。)

Waiter: Good evening. Do you have a reservation?
(こんばんは。ご予約はありますか?)

John: Yes, under the name John Smith.
(はい、ジョン・スミスの名前で予約しています。)

Waiter: Right this way, please. (こちらへどうぞ。)

Emily: This place is lovely. Thank you for bringing me here.
(この場所は素敵ね。連れてきてくれてありがとう。)

John: I’m glad you like it. Shall we start with some appetizers?
(気に入ってくれて嬉しいよ。前菜から始めようか?)

Emily: Sure, what do you recommend?
(もちろん、何がおすすめ?)

John: The bruschetta looks good. Let’s try that.
(ブルスケッタが美味しそうだね。試してみよう。)

Waiter: Are you ready to order drinks?
(飲み物のご注文はお決まりですか?)

John: Yes, I’ll have a glass of red wine, please.
(はい、赤ワインを一杯お願いします。)

Emily: And I’ll have a sparkling water.
(私はスパークリングウォーターをお願いします。)

Waiter: Certainly. I’ll bring your drinks right away.
(かしこまりました。すぐにお飲み物をお持ちします。)

Emily: Excuse me, could we get some more bread, please?
(すみません、パンをもう少しいただけますか?)

Waiter: Of course, I’ll bring some more bread right away.
(もちろんです、すぐにパンをお持ちします。)

Waiter: Here are your main courses. The steak for you, sir, and the grilled salmon for you, ma’am.
(こちらがメインディッシュです。ステーキはお客様へ、そしてグリルサーモンはこちらのお客様へ。)

John: This steak looks amazing. It’s cooked to perfection.
(このステーキは素晴らしいね。完璧な焼き加減だ。)

Emily: The salmon smells delicious. I love the seasoning.
(このサーモンの香りが素敵ね。味付けが大好き。)

John: How’s your salmon? (サーモンはどう?)

Emily: It’s fantastic. The fish is so tender and flavorful. How’s your steak?
(とても美味しいわ。魚がとても柔らかくて風味豊か。ステーキはどう?)

John: It’s excellent. Very juicy and cooked just the way I like it.
(とても良いよ。ジューシーで、ちょうど良い焼き加減だ。)

Waiter: Would you like to see the dessert menu?
(デザートメニューをご覧になりますか?)

John: No, thank you. Just the check, please.
(いいえ、結構です。お会計をお願いします。)

Waiter: Certainly, I’ll bring it right away.
(かしこまりました。すぐにお持ちします。)

John: Thank you for a wonderful evening, Emily. Shall we walk around a bit before heading home?
(素晴らしい夜をありがとう、エミリー。帰る前に少し散歩しようか?)

Emily: That sounds perfect. I’d love to.
(それは素敵ね。ぜひ。)

レストランで注文する

レストランの英語表現に関するよくある質問

Q1: レストラン以外にも食事場所を表す英語はありますか?

A1: はい、レストラン以外にも様々な食事場所を表す英語があります。それぞれ異なる雰囲気や料理を提供しているため、シチュエーションに合わせて選ぶことができます。

Café(カフェ): 軽食や飲み物を楽しむ場所。リラックスした雰囲気が特徴です。
Diner(ダイナー): アメリカで一般的な食堂。カジュアルな雰囲気で、24時間営業していることが多いです。
Bistro(ビストロ): 小規模で親しみやすいレストラン。フランス料理が多いですが、他の料理も提供します。
Pub(パブ): 主にお酒を提供する場所ですが、食事も楽しめます。イギリスやアイルランドでよく見られます。
Food Truck(フードトラック): 移動式の食事販売車。手軽にストリートフードを楽しめます。
Buffet(ビュッフェ): 好きな料理を自由に取って食べるスタイルの食事場所。
Canteen(キャンティーン): 学校や職場などにある食堂。
Eatery(イータリー): 一般的な食事場所の総称。レストランやカフェなどを含みます。

Q2: 「一人でも入れますか?」を英語で尋ねる表現はありますか?

A2: 以下のフレーズを参考にしてください:

“Can I get a table for one, please?”(一人用のテーブルはありますか?)

一人分のテーブルをお願いする際の一般的な表現です。
“Is it okay for me to dine alone?”(一人で食事をしても大丈夫ですか?)

一人で食事をしてもよいかを確認する表現です。
“Do you accommodate solo diners?”(一人客も対応していますか?)

一人客への対応が可能かどうかを尋ねる表現です。
“Is it possible to have a table for just one person?”(一人だけのテーブルは可能ですか?)

一人用のテーブルが可能かどうかを確認する丁寧な表現です。

Q3: 英語で「何名様ですか?」と言われたら何て答える?

A3: レストランに入ったときに「何名様ですか?」と聞かれることはよくあります。英語でこの質問に答えるためのフレーズをいくつかご紹介します:

“Just one, please.”(一人です。)
一人の場合のシンプルな回答です。

“Two, please.”(二人です。)
二人の場合の基本的な答え方です。

“We are a party of three.”(三人です。)
三人のグループであることを伝える際の表現です。

“There are four of us.”(四人です。)
四人であることを伝える場合の自然な表現です。

“A table for five, please.”(五人用のテーブルをお願いします。)
五人の場合にテーブルの要望も含めて伝える表現です。

今回はレストランで使える英会話を学びましたね!新しい言葉やフレーズを使って、レストランでの体験を楽しんでくださいね!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

英語でのビジネスメールの書き方:フォーマットとフレーズ集
どう使い分ける? 英語の though・although​​・but