Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

使い分けられてる?英語のeitherとneitherの違いをマスター!

皆さん、こんにちは!今日は、英語の「either」と「neither」について、詳しく説明します。どちらも基礎的な文法ですが、間違いやすいポイントが多いので、しっかり理解していきましょう。さらに、「both」「too」「none」なども含めて、使い方の違いを見ていきます。それでは、始めましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

eitherの意味

「either」は「どちらか一方」を意味します。肯定文や疑問文で使われます。

例文:
1. You can have either coffee or tea. (コーヒーか紅茶のどちらかをどうぞ)
2. Either option is fine with me. (どちらの選択肢でも私は構いません)
3. Is either of them available? (どちらかが利用可能ですか?)

neitherの意味

「neither」は「どちらも~ない」を意味します。否定文で使われ、2つのもののどちらも当てはまらないことを示します。

例文:
1. Neither John nor Mary came to the party. (ジョンもメアリーもパーティーに来なかった)
2. Neither option is suitable. (どちらの選択肢も適していません)
3. Neither of them knows the answer. (彼らのどちらも答えを知らない)

bothの意味

「both」は「両方とも」を意味します。二つのものがどちらも当てはまるときに使います。

例文:
1. Both cats are sleeping. (両方の猫が寝ている)
2. I like both movies. (両方の映画が好きです)
3. Both of them are my friends. (彼らの両方とも私の友達です)

tooの意味

「too」は「~もまた」を意味します。肯定文で他のことに同意するときに使います。

例文:
1. I like pizza, and I like pasta too. (ピザが好きで、パスタも好きです)
2. She is coming too. (彼女も来る)
3. This book is interesting, and it’s informative too. (この本は面白いし、有益でもあります)

noneの意味

「none」は「どれも~ない」を意味します。複数の選択肢がすべて当てはまらないときに使います。

### 例文:
1. None of the answers is correct. (どの答えも正しくない)
2. None of us knew the truth. (私たちの誰も真実を知らなかった)
3. None of these options work for me. (これらの選択肢のどれも私には合わない)

「either」と「neither」の違い

「either」は肯定的な選択肢を示すのに対して、「neither」は否定的な選択肢を示します。簡単に言えば、eitherは「どちらか一方」、neitherは「どちらも~ない」です。

例文:
– You can have either apple or banana. (リンゴかバナナのどちらかをどうぞ)
– Neither apple nor banana is available. (リンゴもバナナもありません)

「too」と「either」の使い分け

「too」は肯定文で、「either」は否定文で使われます。

例文:
– I like coffee, and I like tea too. (コーヒーが好きで、紅茶も好きです)
– I don’t like coffee, and I don’t like tea either. (コーヒーが嫌いで、紅茶も嫌いです)

「either」「neither」を使った英会話フレーズ

Either way works for me. (どちらでも私は大丈夫です)
I don’t mind, you can choose either. (どちらでもいいよ、君が選んで)
Either day is fine for the meeting. (どちらの日でも会議には大丈夫です)
Neither answer is correct. (どちらの答えも正しくない)
Neither of us can make it to the meeting. (私たちのどちらも会議に出席できない)
Neither option is affordable. (どちらの選択肢も手ごろではない)

「同意」の表現 /「Me too」「Me either」「So do I」「Neither do I」

1. Me too.(私も):
– I love ice cream. – Me too. (アイスクリームが大好き。 – 私も)
2. Me either.(私も[否定文に対して]):
– I don’t like spiders. – Me either. (クモが嫌い。 – 私も)
3. So do I.(私も):
– I enjoy reading. – So do I. (読書が好き。 – 私も)
4. Neither do I.(私も[否定文に対して]):
– I don’t know the answer. – Neither do I. (答えが分からない。 – 私も)

英語のeitherとneitherの違いに関するよくある質問

Q1: eitherとneitherはいつ使うの?

A1:「either」は二者択一を示す際や、否定文で「〜もまた(〜ない)」という意味で使います。例えば、「You can choose either tea or coffee.(紅茶かコーヒーのどちらかを選べます)」や「I don’t like either option.(どちらの選択肢も好きではありません)」のように使います。

一方、「neither」は「どちらも〜ない」という否定を強調する際に使われます。例えば、「Neither option is good.(どちらの選択肢も良くない)」や「Neither of them came to the party.(彼らのどちらもパーティーに来なかった)」のように使います。

まとめると、「either」は肯定的な選択肢の提示や否定文での「どちらも〜ない」という意味で使われ、「neither」は明確に「どちらも〜ない」と否定する際に使います。この違いを理解することで、より正確な表現が可能になります。

Q2: tooとeitherの違いは?

A2: 「too」は肯定文で使われ、「〜もまた」という意味を持ちます。例えば、「I like apples too.(私もりんごが好きです)」のように使います。この場合、話者が他の誰かと同じくりんごを好きであることを示しています。

一方、「either」は否定文で使われ、「〜もまた(〜ない)」という意味を持ちます。例えば、「I don’t like apples either.(私もりんごが好きではありません)」のように使います。この場合、話者が他の誰かと同じくりんごが好きでないことを示しています。

このように、「too」と「either」は文の肯定・否定によって使い分ける必要があります。肯定文では「too」、否定文では「either」を使うことで、文の意味が正確に伝わります。

Q3: bothとeitherの違いは?

A3:「both」は「両方」を意味し、二つの対象が共に該当する場合に使います。例えば、「I like both tea and coffee.(紅茶もコーヒーも両方好きです)」や「Both of my friends are coming.(私の友人二人とも来ます)」のように使います。この場合、話者は二つの選択肢や対象が共に関係していることを示しています。

一方、「either」は「どちらか一方」を意味し、二つの選択肢のうち一つを指す場合や否定文で「どちらも〜ない」という意味で使います。例えば、「You can have either tea or coffee.(紅茶かコーヒーのどちらかを選べます)」や「I don’t like either option.(どちらの選択肢も好きではありません)」のように使います。この場合、話者は二つの選択肢のうち一つを選ぶことや、否定文でどちらも該当しないことを示しています。

まとめると、「both」は「両方」を指し、「either」は「どちらか一方」や「どちらも〜ない」を指します。この違いを理解することで、適切な表現ができます。

いかがでしたか?今回は、英語の「either」と「neither」、そして「both」、「too」、「none」の使い方について詳しく解説しました。これらの単語は、英語の基本的な文法でありながらも混乱しやすい部分です。しかし、ポイントさえ押さえれば、正しく使い分けることができます。特に、日常会話や試験で頻繁に出てくるので、しっかり理解しておくことが大切です。
それでは、次回またお会いしましょう!Happy Learning!!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

どう使い分ける? 英語の though・although​​・but
英語の反意語(Antonyms)