Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

日常でよく使われる英文とその意味

英語を学んでいるみなさん、こんにちは!今回は日常の英会話でよく使われる基本的な英語フレーズを一緒に学んでみましょう。
ポジティブなフレーズからネガティブなフレーズ、疑問文まで、英語学習のヒントをたくさんお届けします!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

英語の基本的なポジティブなフレーズ

英語を学ぶ楽しみのひとつは、ポジティブなフレーズを使って周りの人とのつながりを深められることです。ポジティブなフレーズは、相手に喜びや感謝の気持ちを伝える手助けとなります。さぁ、ポジティブなコミュニケーションの世界を覗いてみましょう!

Hello! – こんにちは!
Thank you! – ありがとう!
You’re welcome. – どういたしまして。
Great job! – すごいね!よくやったね。
I appreciate it. – 感謝しています。
Wonderful! – 素晴らしい!
Congratulations! – おめでとうございます!
I’m so happy! – とても嬉しいです!
That’s fantastic! – 素晴らしいですね!
Best wishes! – ご多幸をお祈りします!

さらにネイティブスピーカーの間でよく使われるカジュアルなフレーズも見てみましょう。会話の中で自然に使われ、日常的なコミュニケーションに活用されます。

“That’s awesome!” – 「すごいね!」
“You’re amazing!” – 「あなたはすごいね!」
“I’m so happy for you!” – 「本当によかったね!」
“Well done!” – 「よくやったね!」
“I’m excited about this!” – 「楽しみです!」
“You’re the best!” – 「あなたは最高です!」
“I love it!” – 「大好きです!」

英語の基本的なネガティブなフレーズ

人生には良い時も悪い時もありますよね。そんな時に必要なのがネガティブなフレーズです。”I’m sorry.”や”I don’t understand.”といったフレーズは、誠実さや適切なコミュニケーションを築くのに役立ちます。ネガティブな状況にも落ち着いて対応できるよう、これらのフレーズを使いこなしていきましょう!

“I’m sorry.” – 「ごめんなさい。」
“I don’t understand.” – 「わかりません。」
“I can’t do that.” – 「それはできません。」
“I’m not feeling well.” – 「気分が悪いです。」
“I’m having a bad day.” – 「今日はついていない。」
“I’m not sure.” – 「よくわからないです。」
“I don’t like it.” – 「それが好きじゃないです。」
“I’m not happy with this.” – 「これに満足していません。」
“I’m a bit stressed.” – 「ちょっとストレスがたまっている。」
“I’m not ready yet.” – 「まだ準備ができていません。」

さらにネイティブスピーカーの間でよく使われるカジュアルなフレーズも見てみましょう。ネガティブな感情や状況を伝えるために使われます。柔軟なコミュニケーションを取る際に、役立つ表現です。

“I’m sorry, I can’t make it.” – 「ごめんなさい、行けないんだ。」
“I’m not sure about that.” – 「それについては自信がないな。」
“I don’t think I can do it.” – 「私はそれをできるとは思わない。」
“I’m not comfortable with this situation.” – 「この状況には不快だ。」
“I’m not convinced.” – 「私は納得していない。」
“I’m a bit stressed out.” – 「ちょっとストレスがたまっているよ。」

英語の基本的な質問文

質問することは新たな扉を開くことです。”What’s your name?”や”How are you?”のような質問文は、新しい友達を作るきっかけや、日常の会話をもっと興味深くする秘訣です。さあ、質問力を磨いて、素敵な会話を楽しんでみましょう!

“What’s your name?” – 「あなたのお名前は何ですか?」
“Where are you from?” – 「どこから来ましたか?」
“How are you?” – 「お元気ですか?」
“What time is it?” – 「今何時ですか?」
“Can you help me, please?” – 「手伝ってもらえますか?」
“Where is the nearest restaurant?” – 「最寄りのレストランはどこですか?」
“Why did you do that?” – 「なぜそれをしたんですか?」
“When is your birthday?” – 「あなたの誕生日はいつですか?」
“Do you speak English?” – 「英語を話せますか?」
“Have you been here before?” – 「ここに来たことがありますか?」

さらにネイティブスピーカーの間でよく使われるカジュアルなフレーズも見てみましょう。日常の会話や挨拶、新しい人との出会いなどでよく使われます。使い方や文脈によって表現が変わることもありますので、さまざまな状況で活用してみてくださいね。

“How are you doing?” – 「調子はどう?」
“How’s your day going?” – 「今日はどうですか?」
“Do you have any plans for the weekend?” – 「週末の予定はありますか?」
“What do you do for a living?” – 「お仕事は何をなさっていますか?」
“Where did you grow up?” – 「どこで育ちましたか?」
“Do you have any siblings?” – 「兄弟はいますか?」
“Why did you choose this university/job?” – 「なぜこの大学/仕事を選んだのですか?」
“What do you like to do in your free time?” – 「自由な時間に何をしますか?」

相手の話をもう一度聞きたい時のフレーズ

相手にもう一度言ってほしい時に使える表現もシェアしましょう。使い慣れることで、円滑なコミュニケーションをとるのに役立ちます。柔軟に使いながら、自然なコミュニケーションを楽しんでくださいね!

“Say that again?” – 「もう一度言ってくれる?」
“One more time, please?” – 「もう一度お願いできる?」
“Could you repeat that, please?” – 「もう一度言ってくれる?」
“I missed that. Say it one more time?” – 「聞き逃したんだ、もう一度言ってくれる?」
“I didn’t catch that, sorry. Can you say it again?” – 「聞き取れなかった、ごめん。もう一度言ってくれる?」
“Wait, what was that?” – 「ちょっと、それなんだっけ?」
“Could you say that once more?” – 「もう一度言ってくれる?」
“Sorry, didn’t get that. Can you repeat?” – 「すみません、理解できなかった。もう一度言ってくれる?」
“Pardon, could you say that again?” – 「すみません、もう一度言ってくれる?」

FAQ: 日常で使われる基本的な英語フレーズに関するよくある質問

Q1: “Phrase”とは英語で何を意味するの?

A1: “Phrase”は、英語で「フレーズ」や「句」という意味です。文法的に意味を持つ一連の単語のまとまりを指します。例えば、一つの慣用句、言い回し、あるいは単に数語からなる表現などが含まれます。「Hello, how are you?」(こんにちは、お元気ですか?)や「A piece of cake」(簡単なこと)など、連結された単語や文の一部を指すことが多いです。

Q2: “Sentence”は英語で何を意味するの?

A2: “Sentence”は、英語で「文」という意味です。文章を構成する基本的な単位であり、主語(Subject)と動詞(Verb)を含む完結した言葉の群です。一つの完結した意味を持つ言葉や文節の集まりで、独立した意味を持つものとして使用されます。例えば、「I love learning new things.」(新しいことを学ぶのが好きです。)や「She went to the store.」(彼女は店に行った。)などが文(sentence)です。それぞれの文は、主語と動詞を含んでおり、独立した意味を持っています。

Q3: How are you?”(調子はどう?)に対する答え方を教えてください。

A3: 日常の会話で使われる”How are you?”に対するバラエティ豊かな返答の例を紹介しましょう。自分の気持ちや状況に応じて使ってみてください!

“I’m good, thank you!”(元気です、ありがとう!)
“I’m doing well, thanks!”(元気です、ありがとう!)
“Not bad, thanks for asking.”(悪くないですよ、聞いてくれてありがとう。)
“I’m great, how about you?”(とても元気です、あなたは?)
“Not too bad, thanks.”(悪くないですよ、ありがとう。)
“I’m okay, thank you.”(大丈夫です、ありがとう。)
“Pretty good, thanks!”(かなりいい感じです、ありがとう!)
“Could be better, but hanging in there.”(もう少し良くなればいいんですけど、がんばってます。)

英語学習は少しずつ進めていけば、必ず成果を感じられるものです。楽しみながら挑戦し、失敗を恐れずにチャレンジしてみましょう!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

Would Like を使いこなそう!
英語で世界の多様性を感じよう!