Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

英語の美しい詩を堪能しよう ‐ 有名な短詩7選

英語の詩には、言葉の響きや意味が美しく詠み込まれています。この記事では、短くて心に残る7つの英語詩とその日本語での意味をご紹介します。これらの詩を通じて、言葉の魔法と感動を共有しましょう。

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

“No Man Is An Island” by John Donne

No man is an island,
人は孤島のごとくではないし、

Entire of itself,
すべてを備えた島などではない。

Every man is a piece of the continent,
すべての人は大陸の一端であり、

A part of the main.
大海の一隅でもある。

If a clod be washed away by the sea,
海が土塊(つちくれ)を奪い去ったにしても、

Europe is the less.
ヨーロッパがそれだけ小さくなるだけの道理である。

As well as if a promontory were.
それが高き塔をなすものであっても、

As well as if a manor of thy friend’s or of thine own were:
それが同胞の広き農地であっても。

Any man’s death diminishes me,
あらゆる人の死は私をえぐる。

Because I am involved in mankind,
私は人全体に包容されているところの者である。

And therefore never send to know for whom the bell tolls;
ゆえに問う無かれ、誰がために弔いの鐘は鳴るのかと

It tolls for thee.
それが鳴るのはあなたのため

“Still I Rise” by Maya Angelou

You may write me down in history
私のことを歴史に記しても構わない

With your bitter, twisted lies,
捻じ曲げられた嘘で.

You may tread me in the very dirt
泥に踏みつけられても構わない

But still, like dust, I’ll rise.
それでも私は埃のように舞い上がる。

Does my sassiness upset you?
私の生意気さで怒らせたかしら?

Why are you beset with gloom?
なぜ頭を悩ませているの?

’Cause I walk like I’ve got oil wells
それは私が嬉しそうに歩いているから

Pumping in my living room.
リビングで石油が出たかのように

Just like moons and like suns,
月と太陽のように

With the certainty of tides,
潮の満ち引きの正確さのように、

Just like hopes springing high,
希望が高く跳ね上がるように

Still I’ll rise.
それでも私は立ち上がる

Did you want to see me broken?
私が壊れるところを見たかったかしら?

Bowed head and lowered eyes?
頭を下げ、下を向いて?

Shoulders falling down like teardrops.
涙のように肩を落として、

Weakened by my soulful cries.
魂の叫び声で弱らされて?

Does my haughtiness offend you?
私の尊大さで怒らせたかしら?

Don’t you take it awful hard
そんなに重く受け止めないで

’Cause I laugh like I’ve got gold mines
私は笑うわ

Diggin’ in my own back yard.
裏庭で金が掘り出されているかのように

You may shoot me with your words,
私を言葉の拳銃で撃っても構わない、

You may cut me with your eyes,
私を視線で切り裂いても構わない、

You may kill me with your hatefulness,
私を憎しみで殺しても構わない、

But still, like air, I’ll rise.
それでも、空気のように、私は立ち上がる。

Does my sexiness upset you?
私のセクシーさは気に入らない?

Does it come as a surprise
そんなに驚くこと?

That I dance like I’ve got diamonds
私がダイアモンドを身につけているかのように

At the meeting of my thighs?
踊っていることは

Out of the huts of history’s shame
恥じるべき歴史の小屋を抜け出し

I rise
私は立ち上がる

Up from a past that’s rooted in pain
苦痛が根付く過去から

I rise
私は立ち上がる

I’m a black ocean, leaping and wide,
私は黒い海、跳びあがるように広い

Welling and swelling I bear in the tide.
腫れながら波の中で耐え

Leaving behind nights of terror and fear
夜の恐怖を置き去り

I rise
夜の恐怖を置き去り

Into a daybreak that’s wondrously clear
美しいほど鮮明な夜明けの中で

I rise
私は立ち上がる

Bringing the gifts that my ancestors gave,
私たちの先祖がくれた贈り物をもって

I am the dream and the hope of the slave.
私はかつての奴隷の夢であり希望である

I rise, I rise, I rise.
私は立ち上がる、私は立ち上がる、私は立ち上がる

“Shall I Compare Thee To A Summer’s Day?” by William Shakespeare

Shall I compare thee to a summer’s day?
君を夏の一日と比べてみようか

Thou art more lovely and more temperate.
君のほうが素敵だし ずっと穏やかだ

Rough winds do shake the darling buds of May,
夏の荒々しい風は可憐な蕾を揺さぶるし

And summer’s lease hath all too short a date.
それに余りにも短い間しか続かない

Sometime too hot the eye of heaven shines,
時に太陽がぎらぎらと照りつけるけれど

And often is his gold complexion dimmed;
その黄金の輝きも雲に隠されることがある

And every fair from fair sometime declines,
どんなに美しいものもやがては萎み衰え

By chance, or nature’s changing course, untrimmed;
偶然や自然の移り変わりの中で消え去っていく

But thy eternal summer shall not fade,
でも君の永遠の夏は決して色あせない

Nor lose possession of that fair thou ow’st,
君の今の美しさが失われることもない

Nor shall death brag thou wand’rest in his shade,
死神が君を死の影に誘い込んだと嘯くこともない

When in eternal lines to Time thou grow’st.
君が永遠の詩の中で時そのものと溶け合うならば

So long as men can breathe, or eyes can see,
人間がこの世に生きている限りこの詩も生きる

So long lives this, and this gives life to thee.
そして君に永遠の命を吹き込み続けるだろう

“Fire And Ice” by Robert Frost

Some say the world will end in fire,
世界は火に終わるだろうとある人々は言う

Some say in ice.
ある人々は氷に、と。

From what I’ve tasted of desire
今まで経験した欲望から考えると

I hold with those who favor fire.
ぼくは「火に終わる」と言うほうに賛成する。

But if it had to perish twice,
しかし、この身を二度滅ぼさなければならないというなら

I think I know enough of hate
「氷」、うんざりするほどの憎悪、

To say that for destruction ice
破壊のための、「氷」

Is also great
それも強力で、

And would suffice.
それで充分足りるだろう。

“Dreams” by Langston Hughes

Hold fast to dreams
しっかり夢を守るのだ

For if dreams die
なぜなら もしも夢が死んだなら

Life is a broken-winged bird
いのちは翼の折れた鳥になる

That cannot fly.
飛ぶことのできない

Hold fast to dreams
しっかり夢を守るのだ

For when dreams go
なぜなら もしも夢が消えさると

Life is a barren field
いのちは 草木の生えない野原

Frozen with snow.
雪で凍りつく

“Trees” by Joyce Kilmer

I think that I shall never see
私は決して会うことはないだろう

A poem lovely as a tree.
木と言う愛らしい詩に。

A tree whose hungry mouth is prest
木は口を開けて待つ

Against the earth’s sweet flowing breast;
静かに流れる大地の乳房を;

A tree that looks at God all day,
木は一日中神を見つめて、

And lifts her leafy arms to pray;
葉の茂った腕を上げるは祈りのため;

A tree that may in summer wear
木は夏の装いを許す

A nest of robins in her hair;
コマドリの巣を彼女の髪に着けるを。

Upon whose bosom snow has lain;
その胸に雪を抱く;

Who intimately lives with rain.
それは雨と近しく生まれたもの。

Poems are made by fools like me,
詩は私のような愚か者により作られる、

But only God can make a tree.
しかし木を作れるは神のみ。

“Do Not Stand At My Grave And Weep” by Mary Elizabeth Frye

Do not stand at my grave and weep
私の墓に立って嘆いたりはしないで

I am not there. I do not sleep.
私はそこで眠ってはいないよ

I am a thousand winds that blow.
私は吹き渡る千の風になっている

I am the diamond glints on snow.
私は雪のダイヤモンドのきらめき

I am the sunlight on ripened grain.
私は実った穂に降り注ぐ太陽

I am the gentle autumn rain.
私は優しい秋の雨

When you awaken in the morning’s hush
あなたが目覚めた静かな朝に

I am the swift uplifting rush
私は あっという間に空へ向かっていく羽ばたき

Of quiet birds in circled flight.
小鳥たちの弧を描く

I am the soft stars that shine at night.
私は夜空に柔らかく光る星々

Do not stand at my grave and cry;
だから、お墓に立って泣かないで

I am not there. I did not die.
私がいるのはそこじゃない。死んだのではない

FAQ

Q1: 詩は他の文学形式と比べて何が魅力的ですか?

A1: 詩の魅力は、独自の言語美、リズム、メタファー、象徴的表現などにあります。詩は感情やアイデアを深く掘り下げ、簡潔で力強い表現を通じて読者の心に響きます。

Q2: 詩を書くのが初めての人に何かアドバイスはありますか?

A2: 詩を書く際のアドバイスとして、自分の感情や観察を素材に活用し、自由に表現することが大切です。リズムや音韻を意識的に使って、詩に響きを持たせることも助けになります。英語の韻を踏む言葉についてはこちらの動画も参考にしてみてくださいね。

Q3: 有名な英語詩人や詩集を教えてください。

A3: 有名な英語詩人にはウィリアム・シェイクスピア、ウィリアム・ワーズワース、エミリー・ディキンソン、ロバート・フロストなどがいます。また、詩集としては「ソネット集」や「恋人の歌」(シェイクスピア)、「荒野にて」(フロスト)、「白い小鳥と暗い舌」(ディキンソン)などが知られています。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【英語で就活】 就活のステップと効果的なフレーズを詳しく解説!
【ジョーク】 外国人の友だちにウケ抜群のジョークを紹介!