Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

謝罪を伝えるさまざまな英語表現を知ろう!

皆さん、こんにちは!今日は、コミュニケーションの中で欠かせない謝罪の表現について見ていきましょう。日常生活や仕事で、間違いを犯してしまった時や誤解を招いた時、適切な謝罪の言葉が必要ですよね。さまざまな謝罪の表現を学びましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

I owe you an apology

「I owe you an apology」は、相手に謝罪する際に使われる表現です。何か間違いを犯したり、他人に不快感を与えた場合に使用します。このフレーズを使うことで、自分の責任を認め、相手に謝罪することができます。謝罪の誠意を示すために、このフレーズを使うと良いでしょう。

I owe you an apology.(私はあなたに謝罪しなければなりません。)

I take full responsibility

「I take full responsibility」は、自分の行動や結果に対して完全な責任を負うことを表す表現です。何か問題が発生した際に、自分がその責任を取ることを明確に示すために使用します。この表現を使うことで、自分の責任を認め、信頼を築くことができます。

I take full responsibility for this issue.(この問題について全責任を負います。)

It was wrong of me

「It was wrong of me」は、自分の行動や判断が間違っていたことを認める際に使われる表現です。他人に迷惑や不快感を与えた場合や、適切でない行動を取った場合に使用します。このフレーズを使うことで、自分の過ちを認め、謝罪の意を示すことができます。

It was wrong of me to behave that way.(私の行動は間違っていました。)

It was thoughtless of me

「It was thoughtless of me」は、自分の行動が考えなしであったことを認める際に使用されます。他人の感情や状況を考慮せずに行動した際に使います。このフレーズを使うことで、自分の無神経さを認め、相手に謝罪することができます。

It was thoughtless of me to act without considering the consequences.(私の行動は考えなしでした。)

I sincerely apologize

「I sincerely apologize」は、心からの謝罪を表す表現です。相手に対して真摯な気持ちで謝罪する際に使用します。自分の過ちを認め、相手の感情を尊重することを示すために使われます。このフレーズを使うことで、謝罪の誠意を伝えることができます。

I sincerely apologize for my actions.(心からお詫び申し上げます。)

I hope you can forgive me

「I hope you can forgive me」は、謝罪の後に相手に対して許しを願う表現です。自分の過ちを認め、相手の心情を理解し、再び信頼関係を築くために使用されます。このフレーズを使うことで、相手に対して謝罪の誠意を示し、和解を促すことができます。

I hope you can forgive me for what I’ve done.(あなたに許していただけることを願っています。)

I didn’t mean to

「I didn’t mean to」は、自分の行動が意図せずに起こったことを表す表現です。相手に誤解を招いたり、不快感を与えたりした際に使用します。このフレーズを使うことで、自分の意図と異なる結果が生じたことを説明し、謝罪の意を伝えることができます。

I didn’t mean to cause any harm.(私は意図していませんでした。)

I shouldn’t have

「I shouldn’t have」は、過ちを犯したことを後悔し、それを行うべきではなかったことを認める表現です。自分の行動に反省の意を示し、再発を防ぐために使用されます。このフレーズを使うことで、自己省察を促し、今後の改善を約束することができます。

I shouldn’t have acted that way.(私はそうすべきではありませんでした。)

I deeply regret

「I deeply regret」は、自分の行動や決定に深い後悔の念を表す表現です。過ちを認め、その結果に対して強い悔いを表現する際に使用されます。このフレーズを使うことで、相手に対する謝罪の誠意や、今後同じ過ちを繰り返さない意志を示すことができます。

I deeply regret my actions and the impact they had.(自分の行動とそれが与えた影響を深く後悔しています。)

I messed up

「I messed up」は、自分が何かをうまくやれなかったことを認める表現です。失敗や過ちを素直に認め、謝罪する際に使用されます。このフレーズを使うことで、自分の不完全さを認め、相手との信頼関係を損なわないよう努める姿勢を示すことができます。

I messed up, and I’m truly sorry.(私は失敗しました。申し訳ございません。)

It won’t happen again

「It won’t happen again」は、過ちを犯したことを後悔し、再び同じ過ちを繰り返さないことを約束する表現です。自己省察をし、改善する意志を示すために使用されます。このフレーズを使うことで、相手に対して再発防止の決意を伝えることができます。

I assure you, it won’t happen again.(二度と繰り返しません。)

I was in the wrong

「I was in the wrong」は、自分が間違っていたことを認める表現です。誤った行動や判断に対して謝罪し、相手の立場に立って反省することを示します。このフレーズを使うことで、自分の誤りを率直に認め、相手との関係修復を図ることができます。

I realize now that I was in the wrong.(私が間違っていました。)

It was my fault

「It was my fault」は、問題やトラブルが自分の責任であることを認める表現です。謝罪の意を示し、相手に対する責任を取る姿勢を表します。このフレーズを使うことで、自分の過ちを率直に認め、相手との信頼関係を回復させることができます。

I take full responsibility; it was my fault.(それは私の責任でした。)

謝罪を伝える英語表現に関するよくある質問

Q1: 「ごめんなさい」の丁寧な英語表現は何ですか?

A1: 丁寧な「ごめんなさい」の英語は、”I apologize” や “I’m sorry” を使います。これらのフレーズは謝罪の意を表し、相手に対して真摯な気持ちを伝えるために使われます。相手に対する尊重や配慮を示す際に重要な表現です。

Q2: 謝罪の際に心からの気持ちを伝えるにはどうすればいいですか?

A2: 心からの謝罪を表すためには、”I sincerely apologize” や “I deeply regret” などのフレーズを使うと良いでしょう。

Q3: 「ごめんなさい」の英語のスラングは何ですか?

A3:「ごめんなさい」の英語のスラングとしては、”My bad” や “Sorry ‘bout that” などがあります。これらはカジュアルな状況や友人との会話で使われることが一般的で、軽い過ちや誤解を解消する際に便利です。ただし、よりフォーマルな状況では避けるべきです。

今日は、英語で謝罪する際に役立つフレーズを学びました。間違いを犯した時や相手に迷惑をかけた時、これらの表現を使って適切に謝罪することが大切ですね!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

WH疑問文をマスターしよう!|一覧あり
避けるべき英語の汚い言葉|NGワード