Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

5月病は日本だけ?英語で5月病を説明してみよう!

こんにちは、皆さん!5月になるとなんとなくやる気が出なくなる「5月病」、ご存じですよね。日本独自の現象と思いがちですが、実は海外にも似たようなものがあるんです。
今回は、5月病について英語で説明する方法や、それに関連する英語フレーズをご紹介します。英語学習の一環として、楽しく読んでくださいね!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

5月病って日本だけなの?

まず、5月病は日本の新年度や新生活が始まる4月に伴うストレスや疲労から生じるものです。でも、海外にも似たような現象があるのでしょうか?実は、あります!世界中の多くの国でも、季節の変わり目や新しい環境に慣れる過程で似たような症状が見られます。

海外でも「5月病」に相当する文化・表現がある

5月病は日本特有の現象と思われがちですが、海外にも似たような概念があります。

「spring fever(スプリングフィーバー)」
これは春になると気分が高揚したり、逆に落ち込んだりする状態を表します。春の気候変化や新しい生活の始まりによる感情の揺れ動きを示すため、日本の5月病に近いものがあります。
例文としては、「I think I have a case of spring fever. I feel restless and can’t focus on work.(春の浮かれ気分が抜けない。落ち着かなくて仕事に集中できないよ)」などがあります。

「spring fatigue(スプリングファティーグ)」
これは春になると感じる疲労感を表し、季節の変わり目に伴う体調不良や倦怠感を示します。日本の5月病の症状に非常に近いです。
例えば、「Spring fatigue is hitting me hard this year. I’m always tired.(今年は春の疲れがひどい。いつも疲れている感じがする)」といった使い方があります。

「September blues(セプテンバー・ブルース)」
これは夏休みが終わり、新学期が始まる9月に感じる憂鬱やストレスを指します。日本の5月病と似ていて、新しい生活や環境に対する不安やストレスを表します。
例文としては、「The September blues are real. Going back to school after a long holiday is tough.(9月の憂鬱は本当だね。長い休みの後に学校に戻るのは辛い)」などがあります。

「spring fever」

「spring fever」という表現は、春になると気分が高揚したり、逆に落ち込んだりすることを指します。日本の五月病とは少し違いますが、春特有の感情の揺れ動きが表現されています。

例文:
– “I think I have a case of spring fever. I feel restless and can’t focus on work.”
(春の浮かれ気分が抜けない。落ち着かなくて仕事に集中できないよ。)

– “With spring fever, I just want to be outside all the time and forget about my responsibilities.”
(春の浮かれ気分で、外にずっといたくて責任を忘れたいんだ。)

– “Spring fever makes it hard to sit still and concentrate on anything.”
(春の浮かれ気分でじっとしているのも、何かに集中するのも難しい。)

「spring fatigue」

「spring fatigue」という表現は、春になると感じる疲労感を指します。季節の変わり目に伴う体調不良や倦怠感が含まれます。

例文:
– “Spring fatigue is hitting me hard this year. I’m always tired.”
(今年は春の疲れがひどい。いつも疲れている感じがする。)

– “I can’t shake off this spring fatigue. I feel drained all the time.”
(この春の疲れが抜けないんだ。いつも疲れきっている感じがする。)

– “Spring fatigue makes me want to take naps all day.”
(春の疲れのせいで一日中昼寝したくなるよ。)

「September blues」

アメリカでは、夏休みが終わり、新学期が始まる9月に「September blues」という表現が使われます。日本の五月病と似ていて、新しい生活や環境に対する不安やストレスを表します。

例文:
– “The September blues are real. Going back to school after a long holiday is tough.”
(9月の憂鬱は本当だね。長い休みの後に学校に戻るのは辛い。)

– “I’m feeling the September blues as summer ends and routines start again.”
(夏が終わって日常が始まると9月の憂鬱を感じる。)

– “September blues hit me every year when I have to get back to my regular schedule.”
(毎年、規則正しいスケジュールに戻るときに9月の憂鬱がやってくるんだ。)

5月病を英語で表すと?

5月病は「May blues」という英語で説明することができますよ!

例文:
– “In Japan, we have something called ‘May blues’ or ‘gogatsu-byo’. It describes the fatigue and lack of motivation people often feel in May after starting a new school or job in April.”
(日本には「5月病」や「gogatsu-byo」と呼ばれるものがあります。これは、4月に新しい学校や仕事を始めた後、5月に感じる疲労感ややる気のなさを表します。)

– “May blues is a common term in Japan for the feelings of tiredness and low spirits that come in May after a busy April.”
(5月病は、忙しい4月の後に5月にやってくる疲労感や気分の落ち込みを表す日本でよく使われる言葉です。)

– “People often experience May blues, where they feel unmotivated and exhausted due to the new beginnings in April.”
(人々はよく、4月の新しい始まりによるやる気のなさや疲労感を5月病として経験します。)

英語の5月病に関するよくある質問

Q1: 5月病って英語でなんて言うの?

A1: 5月病は英語で「May blues」と表現することができます。英語圏には直接的な同義語はありませんが、「May blues」は、5月に感じる倦怠感ややる気の低下を説明するための適切な表現です。例えば、「In Japan, ‘May blues’ refers to the fatigue and lack of motivation people often feel in May after starting a new school or job in April.(日本では、「May blues」は4月に新しい学校や仕事を始めた後、5月に感じる疲労感ややる気のなさを指します)」という具合です。

Q2: 海外にも5月病はありますか?

A2: はい、海外にも日本の5月病に似た現象があります。例えば、アメリカやヨーロッパでは「spring fever(スプリングフィーバー)」という表現が使われます。これは春になると気分が高揚したり、逆に落ち込んだりすることを指します。また、「spring fatigue(スプリングファティーグ)」という表現もあり、季節の変わり目に感じる倦怠感を示します。

アメリカでは、夏休みが終わり新学期が始まる9月に「September blues(セプテンバー・ブルース)」という表現が使われます。これは新しい環境や生活に対する不安やストレスを表します。

Q3: 「お大事に」は英語でどのように言いますか?

A3: 「お大事に」は英語で「Take care」や「Get well soon」と言います。状況によって使い分けることができます。

「Take care」は、病気や怪我をしている人だけでなく、一般的な見送りの際にも使える便利なフレーズです。例えば、「Take care of yourself.(お大事にしてください)」という具合です。

「Get well soon」は、特に病気や怪我をしている人に対して、「早く良くなってください」という意味で使います。例えば、「I hope you get well soon.(早く良くなってくださいね)」という形で使います。

他にも、「I hope you feel better soon.(早く元気になりますように)」という表現もあります。これらのフレーズを使うことで、相手に対する思いやりや気遣いを英語でもしっかり伝えることができます。

いかがでしたか?五月病について英語で説明する方法や、それに関連する英語フレーズを学ぶことができましたね。英語学習は継続が大事ですので、これからも楽しく学んでいきましょう!

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

優雅で美しい英語の名言・格言
英語の履歴書の書き方を徹底解説!