Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
AIを活用した英語学習
ビジネス英語
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【バスケットボール用語】 英語で使うバスケットボールの基本用語と具体的な例文を紹介!

バスケットボールファンの皆さん、こんにちは!今回の記事では、バスケットボールの魅力的な世界に足を踏み入れ、英語のバスケットボール用語について詳しく掘り下げていきます。バスケットボールは国際的に愛されており、プレイ中に使われる英語の言葉やフレーズを知ることは、より豊かなバスケットボール体験につながります。一緒に、バスケット用語を学び、ゲームの魅力に浸りましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

バスケットボールのポジションを表す英語表現

Point guard (ポイントガード)
Shooting guard (シューティングガード)
Center (センター)
Power forward (パワーフォワード)
Small forward (スモールフォワード)

The point guard is responsible for setting up plays and distributing the ball to teammates.
(ポイントガードはプレーのセッティングやプレイヤーへのボール配分を担当します。)

The shooting guard is known for their scoring ability and accurate shooting from long range.
(シューティングガードは、得点能力と遠距離からの正確なシュート力で知られています。)

The center plays a crucial role in both offense and defense, often dominating in the paint.
(センターは攻守両面で重要な役割を果たし、しばしばペイントエリアを支配します。)

The power forward is known for their physicality, strong inside presence, and rebounding skills.
(パワーフォワードは体力、強力なインサイドでの存在感、リバウンドスキルで知られています。)

The small forward is versatile, often contributing both in scoring and on the defensive end.
(スモールフォワードは多才で、得点と守備の両面で貢献することが多いです。)

バスケットボールのプレーに関する英語表現

Airball (エアボール) – ショットがリム、バックボード、ネットのどこにも当たらずに外れること。
Alley-oop (アリウープ) – 攻撃側の選手がバスケットの上方にパスしたボールを他の選手がジャンプして受け、そのまま着地せずにダンクシュートすること。
Assist (アシスト) – ショットを決めるために味方が送るパス
Box Out (ボックスアウト) – リバウンド争いで、相手チームの選手とバスケットの間に立ち、相手をペイントエリアに入らせないようにすること。
Brick (ブリック) – ショットがリングにはじかれて外れてしまうこと。
Double-Double (ダブル・ダブル) – 1人の選手が1試合中、5項目(得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショット)のうち、2項目で2桁のポイントを得ること。
Screen (スクリーン) – 相手チームの選手の前で「壁」のようになって動きを封じる作戦。
Slam Dunk (スラムダンク) – プレーヤーが高くジャンプして、バスケットリングの上から痛烈なダンク・シュートを決めること。
Swish (スウィッシュ) – ボールがバスケットリングやバックボードに触れずに、「シュッ」とリングの真ん中を通り抜けるシュート。
Triple-Double (トリプル・ダブル) – 1人の選手が1試合中、5項目(得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショット)のうち3項目で2桁のポイントを得ること。

He attempted a three-pointer, but it was an airball, missing the rim completely.
(彼はスリーポイントを試みましたが、バスケットリングに全く当たらないエアボールでした。)

The point guard threw an alley-oop pass to the center, who executed a spectacular slam dunk.
(ポイントガードはアリウープパスをセンターに投げ、センターは見事なスラムダンクを決めました。)

The player recorded 10 assists in the game, showcasing his playmaking abilities.
(その選手は1試合で10本のアシストを記録し、プレーメーカーとしての能力を披露しました。)

He used his size to box out the opponent and secure the rebound.
(彼は自分の体格を活かして相手をボックスアウトし、リバウンドを確保しました。)

His shot hit the backboard and missed the basket, resulting in a brick.
(彼のシュートはバックボードに当たってバスケットリングを外し、ブリックとなりました。)

The power forward achieved a double-double with 15 points and 10 rebounds.
(パワーフォワードは15得点と10リバウンドでダブル・ダブルを達成しました。)

The center set a solid screen to free up the shooting guard for an open shot.
(センターはしっかりしたスクリーンプレーをかけ、シューティングガードにオープンシュートの機会を作り出しました。)

He soared through the air and executed a powerful slam dunk, thrilling the crowd.
(彼は空中を舞ってパワフルなスラムダンクを決め、観客を興奮させました。)

His three-point shot went through the net without touching the rim, producing a perfect swish.
(彼のスリーポイントシュートはリングに触れずにネットを抜け、完璧なスウィッシュを生み出しました。)

The point guard recorded a triple-double with 20 points, 12 assists, and 10 rebounds.
(ポイントガードは20得点、12アシスト、10リバウンドでトリプル・ダブルを記録しました。)

バスケ部や試合で使う道具を表す英単語

Backboard (バックボード)
Basketball ball (バスケットボール)
Hoop (バスケットリング)
Jerseys (ジャージ)
Headband (ヘッドバンド)
Rim (リム)
Net (ネット)
Shot clock (24秒ルール)
Ball rack (ボールラック)
Ball pump (エアーポンプ)
Whistle (ホイッスル)
Court (コート)

The ball bounced off the backboard and into the hands of a teammate.
(ボールはバックボードに当たって跳ね返り、チームメイトの手に渡りました。)

The basketball ball used in professional games meets strict size and weight requirements.
(プロの試合で使用されるバスケットボールは厳格なサイズと重量条件を満たしています。)

He made a perfect shot, and the ball went through the hoop without touching the rim.
(彼は完璧なショットを放ち、ボールはリムに触れずにリングを通り抜けました。)

The team wore their blue jerseys for the championship game.
(チームはチャンピオンシップゲームのために青いユニフォームを着用しました。)

The player wore a headband to keep sweat out of his eyes during the game.
(その選手は試合中、汗が目に入らないようにヘッドバンドを着けました。)

He attempted a dunk, but the ball hit the rim and bounced out.
(彼はダンクを試みましたが、ボールはリムに当たって跳ね返りました。)

After a perfect swish, the ball settled into the net for a three-point score.
(完璧なスウィッシュの後、ボールはネットに収まり、3ポイントが入りました。)

With only a few seconds left on the shot clock, he made a clutch three-pointer.
(ショットクロックが残りわずか数秒の時、彼は3ポイントのクラッチシュートを決めました。)

The ball rack holds the spare basketballs for use during practice sessions.
(ボールラックには練習セッション中に使用する予備のバスケットボールが収納されています。)

The coach used a ball pump to inflate the basketball before the game.
(コーチは試合前にバスケットボールを膨らませるため、エアーポンプを使いました。)

The referee blew the whistle to signal a foul and stop the play.
(審判はファウルを告げてプレーを止めるために、ホイッスルを吹きました。)

The basketball court is where all the action and excitement take place.
(バスケットボールコートは、すべてのアクションと興奮が起こる場所です。)

バスケットボールのルールの英語用語

Free-Throw Line (フリースローライン) – フリースロー((相手チームに反則があった場合に与えられる、相手に邪魔されることなく打てるシュート)を打つための、ゴールから4.2mのライン。
Jump Ball (ジャンプボール) – 主審が両チームの2人の選手の間で上方にトスしたボールをタップし、味方にボールを渡そうとすること。
The Paint (ペイント) – ペイントエリアの通称。フリースローラインとフリースローレーンに区切られた、赤く塗られている制限区域。
Double Dribble (ダブルドリブル) – 一度ドリブルを止めた後に、またドリブルをはじめるという反則。
Three-Point Line (スリーポイントライン) – バスケットの中心から半径6.75メートル離れたおおよその半円形をエンドラインまで延長したもの。
Traveling (トラベリング) – ボールを持ったまま(ドリブルせずに)3歩以上歩くこと。

He stepped up to the free-throw line and made both free throws to tie the game.
(彼はフリースローラインに立ち、2本のフリースローを決めて試合を同点にしました。)

The game started with a jump ball at center court to determine possession.
(試合はセンターサークルでボールの保持を決定するジャンプボールから始まりました。)

He drove to the paint and made a layup despite tough defense from the opponent.
(彼はペイントエリアに突入し、相手の厳しい守備にもかかわらずレイアップシュートを決めました。)

The referee called a double dribble when the player dribbled, stopped, and then dribbled again.
(審判は、選手がドリブルを停止し、その後再びドリブルした時にダブルドリブルをコールしました。)

She made a clutch shot from beyond the three-point line to win the game.
(彼女は3ポイントラインより遠くからクラッチショットを決めて、試合に勝ちました。)

The referee blew the whistle for traveling when the player took too many steps without dribbling the ball.
(審判は、選手がボールをドリブルせずに何歩も歩いたため、トラベリングのウィッスルを吹きました。)

バスケ界で使われる英語スラング

and one (アンドワン) – ファウルを受けた後に1本のフリースローを与えられること
Flop (フロップ) – 相手チームの選手と軽く接触しただけ、または接触していないのに、ファウルを受けたような演技をすること。
Dime (ダイム) – アシストパスの意。
Hack (ハック) – ファウルすること。
buzzer beater (ブザービーター) – 24秒ルールや試合終了直前に放たれたシュートが、終了のブザーとともにバスケットに入り得点するもの。

He made the layup and drew a foul, earning an and one opportunity at the free-throw line.
(彼はレイアップを成功させてファウルを誘い、フリースローラインでアンドワンのチャンスを得ました。)

The player exaggerated contact and flopped to try to draw a foul, but the referee didn’t buy it.
(選手はファウルを受けようとして、接触を誇張しフロップしましたが、審判はそれを信じませんでした。)

He dished out a perfect dime, setting up his teammate for an easy basket.
(彼は完璧なアシストパスを送り、チームメイトが簡単に得点できるチャンスを提供しました。)

In an attempt to stop the fast break, he committed a deliberate hack and was called for the foul.
(ファーストブレイクを止めようとして、彼は故意にハックを犯し、ファウルがコールされました。)

With just one second left on the clock, he made a buzzer beater from half-court to win the game.
(残り時間わずか1秒の時、彼はハーフコートからブザービーターショットを決めて試合に勝利しました。)

FAQ

Q1: “Fast break” とは何ですか?

A1: ”Fast break(ファーストブレイク)” はバスケットボールの戦術の一つで、相手チームの守備陣が整列する前に素早くボールを前進させ、速攻で得点を狙うことを指します。通常、ファーストブレイクは素早いパスとランニングで行われ、相手をスピードで圧倒しようとします。

Q2: “Jump ball” とはどういう意味ですか?

A2: ”Jump ball(ジャンプボール)” は試合開始やオーバータイムの開始時に行われるプレーを指します。主審がトスしたボールを対戦するチームの選手2人がジャンプしてタップし、どちらのチームがボールを獲得するかを競います。

Q3: “Double dribble” とは何ですか?

A3: ”Double dribble(ダブルドリブル)” はバスケットボールの反則の一つで、同じ選手がボールのドリブルを止めた後、再びドリブルすることを指します。この反則では、相手チームにボールの所有権が渡ります。ダブルドリブルは通常、プレーヤーがボールを持っている間に発生します。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【ファーストフードを注文する】詳細な例文で解説!ファーストフード店で注文する
英語の反意語とその意味