Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲
Popüler Günlük İngilizce
Popüler İngilizce Gramer
Popüler İngilizce Şarkılar
Popüler Paylaşımlar
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Lütfen Dil Seçin
English
Türkçe
Português
عربي
日本
Tiếng Việt
한국어
Popüler Paylaşımlar
Hepsi
日常英会話
時制
英文法
英語の曲

【ファーストフードを注文する】詳細な例文で解説!ファーストフード店で注文する

英語学習者の皆さん、こんにちは!今日の記事では、ファーストフード店での注文方法について紹介します。外国旅行や英語圏での生活において、ファーストフードレストランは便利な食事の選択肢の一つです。しかし、英語での注文が初めての方には少し難しいかもしれません。この記事では、簡単な英語フレーズや注文のコツを共有し、スムーズなファーストフード体験をサポートします。さあ、一緒に学んでみましょう!

この記事で学習する内容を練習してみませんか?EnglishCentralは全世界で800万人が利用!動画を活用した英会話レッスンをもっと手軽に。ChatGPTと提携したAI機能を駆使して、あなたの英語総合力を鍛えます。無料登録後、20,000本の動画見放題。そして、オンライン英会話レッスン1回無料。こちらから。

ファーストフード店でのスムーズな注文ステップ

1. メニューを確認する: カウンターやディスプレイボードのメニューを見て、何を注文したいかを考えます。

2. 列に並ぶ: 列があれば、最後尾に並びます。待ち時間にメニューを確認したり、注文の準備を整えます。

3. 注文を決める: メニューが決まったら、詳細な注文を決めます。メニューアイテム、サイズ、トッピング、サイドアイテム、飲み物などの選択肢に気を付けてください。

4. キャッシャーカウンターに進む: 列が進んで、キャッシャーカウンターに到達したら、注文を始めます。

5. 注文を伝える: キャッシャーに注文内容を伝えます。英語のフレーズやキーワードを使って注文をしましょう。例えば、「I’d like a Big Mac, medium fries, and a Coke, please.」(「ビッグマックを1つ、フライドポテトのMサイズ、コーラをお願いします。」)など。

6. 支払いをする: 注文内容が確認されたら、支払いを行います。支払い方法によって、キャッシャーに現金を渡すか、クレジットカードを使用するか、自動支払機などを利用します。

7. 注文を待つ: 注文が確定したら、カウンターやウェイティングスペースに移動して、注文が用意されるのを待ちます。

8. 注文を受け取る: 名前や注文番号が呼ばれたら、カウンターで自分の注文を受け取ります。

9. ドリンクやソースを取る: ファーストフード店には通常、自分でドリンクやソースを取るエリアが用意されています。必要に応じて、自分で取りに行きます。

10. テーブルに座る、または持ち帰る: 食事を楽しむためにテーブルに座るか、持ち帰りの場合は帰りの用意を整えます。

上記のステップに従うと、ファーストフード店でスムーズに注文することができます。英語を使ってコミュニケーションを取るために、基本的なフレーズを覚えておくと便利です。

ファーストフード店で使える英語フレーズ

ファーストフード店で注文する際に使える英語の表現をいくつか紹介します。これらのフレーズを覚えておくと、スムーズにコミュニケーションが取れるでしょう。

1. 注文の開始:
– “I’d like to order, please.” (注文したいんですが。)
– “Can I get…” (…をもらえますか?)

2. メニューアイテムを指定
– “I’ll have a [メニューアイテム].” ([メニューアイテム]をお願いします。)
– “I’d like a [サイズ] [メニューアイテム], please.” ([サイズ]の[メニューアイテム]をお願いします。)
– “Could I get the [メニューアイテム] with [特別なリクエスト]?” ([特別なリクエスト]を加えた[メニューアイテム]をもらえますか?)

3. サイドアイテムやトッピングを追加
– “I’d like [サイドアイテム] with that.” (それに[サイドアイテム]をつけてください。)
– “Could I get extra [トッピング] on that?” (それにエクストラ[トッピング]を追加してもらえますか?)

4. 飲み物の注文
– “I’ll have a [ドリンク].” ([ドリンク]をお願いします。)
– “A [ドリンク], please.” ([ドリンク]を一つお願いします。)

5. 支払い:
– “How much is that?” (それはいくらですか?)
– “Here’s [金額].” ([金額] です。)

6. 受け取り
– “I’ll have a [メニューアイテム].” ([メニューアイテム]をお願いします。)
– “Is it for here or to go?” (店内で食べますか、それとも持ち帰りですか?)
– “I’ll dine in.” (こちらで食べます。)
– “I’ll take it to go.” (持ち帰ります。)

7. 注文の確認
– “So, that’s a [メニューアイテム] with [サイドアイテム] and a [ドリンク]?” (それでは、[メニューアイテム]に[サイドアイテム]と[ドリンク]ですね?)

8. 感謝の表現
– “Thank you!” (ありがとうございます!)

もし相手の英語が速くて聞き取りづらい場合は、遠慮せずに「もう一度言ってください」、「もう少しゆっくりお願いします」と伝えることも重要です。

ファーストフード店で役立つ表現や単語リスト

ファーストフード店でよく使われる英語の言葉やフレーズを一覧にしました。食事の注文をする際に役立ちます。

1. Menu Items – メニューアイテム
– Burger (バーガー)
– Cheeseburger (チーズバーガー)
– Chicken sandwich (チキンサンドイッチ)
– Fries (フライドポテト)
– Nuggets (ナゲット)
– Salad (サラダ)
– Wrap (ラップ)
– Hot dog (ホットドッグ)
– Fish sandwich (フィッシュサンドイッチ)

2. サイズとオプション
– Small (Sサイズ)
– Medium (Mサイズ)
– Large (Lサイズ)
– Extra (エクストラ)
– Combo (コンボ)
– With (~と一緒に)
– Without (~なし)
– Extra cheese (エクストラチーズ)
– Extra sauce (エクストラソース)

3. 飲み物
– Soda (ソーダ)
– Soft drink (ソフトドリンク)
– Water (水)
– Iced tea (アイスティー)
– Lemonade (レモネード)
– Coffee (コーヒー)

4. トッピングとソース
– Ketchup (ケチャップ)
– Mustard (マスタード)
– Mayonnaise (マヨネーズ)
– Pickles (ピクルス)
– Onions (オニオン)
– Lettuce (レタス)
– Tomato (トマト)
– Bacon (ベーコン)

5. 支払いと料金
– Total (合計)
– Cash (現金)
– Credit card (クレジットカード)
– Debit card (デビットカード)
– Tax (税金)
– Receipt (レシート)

6. 注文のステータス
– Dine-in (店内で飲食)
– Takeout (持ち帰り)
– To go (持ち帰り)
– Here (こちらで)
– Order ready (注文ができました)
– Order up (注文が出来上がりました)

7. 感謝と挨拶
– Thank you (ありがとう)
– Please (お願いします)
– You’re welcome (どういたしまして)
– Hi (こんにちは)
– Hello (こんにちは)
– Goodbye (さようなら)

メニューに記載されていないアイテムや特別なリクエストがある場合は、できるだけ具体的に伝えることが大切です。

ファーストフード店で注文の際に役立つ実例文集

ファーストフード店で注文する際の、具体的な英語の例文を以下に示します。例文を参考にして、注文時に使える表現を身につけましょう。

1. ハンバーガーの注文
– “I’d like a cheeseburger with fries, please.” (「チーズバーガーとフライドポテトをお願いします。」)
– “Can I get a double burger with no onions?” (「オニオン抜きのダブルバーガーをもらえますか?」)

2. チキンサンドイッチの注文
– “I’ll have a spicy chicken sandwich, medium size, and a lemonade.” (「スパイシーチキンサンドイッチのMサイズ、レモネードをお願いします。」)
– “Could I get a grilled chicken wrap with extra lettuce?” (「グリルチキンラップ、レタスをエクストラでお願いします。」)

3. サイドアイテムとドリンクの注文
– “I want a large order of fries and a Coke, please.” (「ラージサイズのフライドポテトとコーラをお願いします。」)
– “May I have a side salad with Italian dressing and a bottled water?” (「サイドサラダ、イタリアンドレッシングとボトルウォーターを注文したいのですが?」)

4. 特別なリクエスト
– “I’d like the burger, but could you make it without cheese?” (「バーガーをお願いします、でもチーズは抜いてもらえますか?」)
– “Can I get the fries with extra ketchup on the side?” (「フライドポテトにケチャップをエクストラで添えてもらえますか?」)

5. 支払いと受け取り
– “How much is that in total?” (「合計いくらですか?」)
– “Here’s $10. Keep the change.” (「$10です、おつりはいりません。」)
– “I’ll dine in.” (「こちらで食べます。」)
– “I’ll take it to go.” (「持ち帰ります。」)

6. 感謝の表現
– “Thank you very much!” (「ありがとうございます!」)
– “Thanks for your help.” (「お手伝いいただき、ありがとうございました。」)

ファーストフード店で注文する時には、上に挙げた例文のフレーズや表現を活用してみてください。注文がスムーズに進むと、より楽しい食事体験ができます。

多彩なファーストフードメニューと特徴を紹介

ファーストフードレストランでは、さまざまな種類の食べ物が提供されており、中には国や地域によって異なるメニューもあります。以下は、一般的なファーストフードの種類です。

1. ハンバーガー
– チーズバーガー、ダブルバーガー、バーガーキング、ビッグマックなど、さまざまなバーガーが提供されています。これらはハンバーガーパティ、野菜、チーズ、ソースなどを挟んだサンドイッチです。

2. フライドポテト
– クリスピーなポテトフライやフライドポテトが、ほとんどのファーストフード店で提供されています。サイドアイテムやセットメニューに含まれることが多いです。

3. チキン
– フライドチキン、チキンテンダー、チキンサンドイッチなど、さまざまなチキンメニューがあります。多くのファーストフードレストランで人気のアイテムです。

4. ホットドッグ
– フランクフルトソーセージをバンズ(パン)に挟んだ料理で、トッピングやソースでカスタマイズできます。

5. ピザ
– 一部のファーストフードチェーンでは、ピザが提供されています。ピザは多くのトッピングオプションがあります。

6. サラダ
– 健康志向の顧客向けに、サイドサラダやサラダボウルが提供されています。通常、ドレッシングも選べます。

7. ラップとサンドイッチ
– チキンラップ、ツナサンドイッチ、ベーコンエッグマフィンなど、様々なラップやサンドイッチがあります。

8. 朝食メニュー
– 朝食メニューには、ベーコンエッグマフィン、ホットケーキ、ハッシュブラウンなどが含まれます。朝食専用のメニューアイテムも多いです。

9. アイスクリームとデザート
– アイスクリーム、シェイク、アップルパイ、クッキー、ドーナツなど、デザートメニューも充実しています。

10. ドリンク
– ソフトドリンク、コーヒー、紅茶、フローズンドリンク、ジュースなど、さまざまな飲み物が提供されています。

これは一般的なファーストフードの種類の一部です。ただし、ファーストフードチェーンによっては、独自のメニューアイテムや特別なオファーがあることもあります。地域や文化に合わせてカスタマイズされたメニューもあるため、新しい味を発見できるかもしれません。

世界的に有名なファーストフード店の魅力や特徴

以下は、世界で最も有名なファーストフードチェーンのいくつかです。これらのチェーンは世界中で数多くの支店を展開し、独自のメニューやブランドイメージを持っています。

1. マクドナルド (McDonald’s)
– マクドナルドは世界最大のファーストフードチェーンであり、ビッグマック、チーズバーガー、マックフライズなどのアイコニックなメニューアイテムを提供しています。世界中にで数千の店舗があります。

2. ケンタッキーフライドチキン (KFC)
– ケンタッキーフライドチキンは、フライドチキンを特徴とするチェーンで、カーネル・サンダースの秘伝のレシピで有名です。世界各国に多くの店舗があります。

3. サブウェイ (Subway)
– サブウェイは、サブマリーン(サブ)・サンドイッチ(ヒーローサンドイッチ)専門のファーストフードチェーンで、新鮮な具材を選んでカスタマイズできることが特徴です。国際的に展開しています。

4. バーガーキング (Burger King)
– バーガーキングは、焼きたてのワッパーバーガーやチキンナゲットで知られています。世界中で多くの支店を展開しています。

5. タコベル (Taco Bell)
– タコベルは、メキシコ風のファーストフードを提供するチェーンで、タコス、ブリトー、ケサディーヤなどが人気です。米国を中心に展開しています。

6. ピザハット (Pizza Hut)
– ピザハットは、ピザを中心にしたファーストフードチェーンで、ピザ、パスタ、チキンウィングなどがメニューに含まれています。世界各地に店舗があります。

7. ドミノ・ピザ (Domino’s Pizza)
– ドミノ・ピザもピザ専門のファーストフードチェーンで、デリバリーやテイクアウトに特化しています。国際的に展開しています。

8. スターバックス (Starbucks)
– スターバックスはコーヒーショップチェーンで、コーヒー、ティー、フラペチーノなどを提供しています。世界中の都市に店舗が点在しています。

これらのファーストフードチェーンは、世界中の人々に広く認知され、多くの国や地域で支持を受けています。それぞれが独自のメニューやブランドアイデンティティを持っており、多様な食事体験を提供しています。

FAQ

Q1: オプションやトッピングはカスタマイズできますか?

A1: はい、ほとんどのファーストフード店ではオプションやトッピングをカスタマイズできます。例えば、チーズを追加したり、野菜のトッピングを外したりできます。カスタマイズしたい場合は、キャッシャーやオーダーキオスクで注文時にスタッフに伝えてください。

Q2: ヘルシーオプションはありますか?

A2: はい、多くのファーストフードチェーンはヘルシーオプションを提供しています。サラダ、グリルチキン、ラップ、低カロリーオプション、野菜スティックなどが一般的です。メニューには栄養情報も掲載されており、選択肢を比較することができます。

Q3: 持ち帰りと店内食事、どちらを選べますか?

A3: ほとんどのファーストフード店では、持ち帰り(テイクアウト)か店内飲食かを選ぶことができます。注文時に店員に伝えるか、自動支払い機で選択します。店内飲食の場合、自分で受け取りに行く場合と、テーブルにナンバーカードを持って行って、料理が運ばれてくるのを待つ場合があります。

English Centralでは英語学習を効果的かつ楽しくサポートするアプリもご利用いただけます。その豊富な動画ライブラリから興味のあるトピックを選んで学習できるので、自分のペースで学習を進めることができます。App StoreGoogle Play から今すぐダウンロードして、楽しく英語をマスターしましょう!

EnglishCentralのLINE公式アカウントでは最新動画の紹介、英語表現、クイズやキャンペーンなどお役立ち情報を定期的にお届けします。気になる方はぜひ友だち追加して、日々の英語学習にお役立てください!

友だち追加

【英語のことわざ】 英語のことわざとその和訳、さらに日本語での解説方法を紹介
【バスケットボール用語】 英語で使うバスケットボールの基本用語と具体的な例文を紹介!